機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第39話『助言』の感想 「無能のイオク君、今度はタービンズに最悪をもたらす?」

感想(ネタバレあり)

お正月と特番を挟んだので

本編視聴するの久しぶりですね。

前回、

モビルアーマーハシュマル破壊するために

三日月が特攻。

その結果、

ハシュマルの破壊には成功しますが

三日月が右半身不随の代償を払います。

そしてアトラは

見舞いに来たクーデリアに

三日月と子供を作ってと

意味不明なことを。

その一方、

ハシュマルの一件で評価駄々下がりのイオク君は

テイワズ内の反体制派のジャスレイと連絡を密に。

いろいろな人の思惑が交差する中、

オルガと三日月の想いは変わらないという

ところで終わりました。

今回はこの続きからです。

スポンサーリンク

OPEDが新しくなったけど、それよりタービンズやばくね?

タービンズのメンバーによる

鉄華団へのMS指導が

終わり別れの時が。

ラフタは昭弘だけにさよならの挨拶。

お互い素直に気持ち伝えたらいいのに。

新しいOPの後のAパート。

無能者のイオク君。

完全に鉄華団を逆恨み。

テイワズのジャスレイに支援を頼みますけど、

連れない返事。

と思ったら、

ジャスレイさん、

イオク君の憎悪がタービンズに行くように

仕向けます。

ジャスレイさん、

さすがにあくどい。

タービンズを潰せば

テイワズ内で鉄華団が孤立し

立ち枯れになる可能性が高い。

また名瀬がいなくなれば

テイワズ内でジャスレイさんの地位は高まります。

ジャスレイさんに指嗾された

イオク君、

早速動きます。

厄介な兵器を持ちだして。

即断即決。

こういうところは

評価すべきかもしれませんね。

そういえばラスタルは

イオク君の動きを苦々しく思っていますが

黙認しているようす。

そしてその愚痴をヴィダールに。

ヴィダールさえ仮面を外せば・・・。

いつの間にかヴィダールの仮面を外すこと

が重要なことになっているのですね。

イオク君の動きは

マクギリスにバレバレ。

マクギリスはこの機会をとらえ

動くようです。

無能者のイオク君の動きが

歴史を加速させそうですね。

一方の鉄華団。

回想でアトラがクーデリアに

三日月と子供を作って欲しいと言った真意が明らかに。

どうやらこのままだと

三日月がどっかに行ってしまいそうで

三日月が消えないようにクーデリアに頼んだ模様。

だったらアトラが相手になればいいのに

と思いますが

アトラはかなり自己評価が低いようです。

クーデリアよりお似合いだと思いますけどね。

回想終わって三日月との会話。

赤ちゃんの話になってアトラはちょっと赤面しますが

心無い三日月の言葉で

三日月に食事を上げなくアトラw

イチャイチャしやがって。

Bパート。

タービンズの母船に戻ってきたラフタ達。

ラフタたちの様子を見て、

喜ぶ名瀬。

名瀬から見るとラフタ達は

奥さんというよりは娘みたいなもののようです。

そして回想へ。

名瀬とアミダの出会いについて。

もともと違う世界に生きていた二人。

一緒に仕事をしたことでアミダを気に入った名瀬。

最終的に一緒になって作ったのがタービンズという訳。

そしていつの間にか構成員5万人の大組織に。

でも女性の力で成り上がったと陰口を叩かれることに。

それを何とも思わない

名瀬の器量はデカいですわ。

しかしまあ、こんな昔話ってフラグですよね。

そして案の定

イオク君の動きで

タービンズに臨検が。

これでタービンズが一気に窮地に陥ります。

こうなるとテイワズも守り切れない。

危険を察知した名瀬は雲隠れ。

今回はマクギリスも介入できません。

これで名瀬の味方は鉄華団だけ。

と思ったら

名瀬から鉄華団との関係を切ります。

鉄華団を守るために。

名瀬は覚悟を決めたようです。

でもそれで大事な家族に害が及ぶかもしれないのに。

今回はここで終了。

また気になるところで終わってしまいましたね。

う~ん、

先週放映された特番の情報を考えると

次々回当たりかなり嫌な感じがします。

今回のまとめ三行

・無能者のイオク君を操るジャスレイさん

・タービンズに危機が

・名瀬は腹を括った?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする