私たち1番占になる!!『うらら迷路帖』第2話の感想

感想(ネタバレあり)

今期一番の癒し枠。

見ているだけで和む。

きらら枠の作品って

そんな感じのものが多いですよね。

今回は千矢ちゃんが

迷路町にやってきた目的の一つである

お母さん探しの話に。

こんなときこそ占いの出番ですね。

でも・・・。

スポンサーリンク

占いも万能ではない?

迷路町にやってきて1週間。

4人の仲もだいぶん良い感じになってきましたが

理由を告げず

明け方出かける千矢ちゃん。

何のために出かけているかと思ったら

お母さん探しのためでした。

すぐに見つかると

千矢ちゃんは思っていたみたいですけど、

ここは山奥ではありません。

占いで賑わっている大きな街。

人の数だって山奥と比べようがないのです。

そこで千矢ちゃん考えました。

だったら人が少ない明け方に探せばいいじゃん。

さすが千矢ちゃん。

人が少ない明け方なら

お母さんを見つけやすいと考えたとは。

でも人が少ないということは

お母さんも外にいるという確率下がるのですけどね。

千矢ちゃんがお母さんを探している。

その話を聞いた警官である佐久さん。

佐久さんは自分も探してあげるといって

お母さんの特徴を千矢ちゃんに聞きますが・・・。

はい、何にも知らないようですw

それでどうやって探すつもりだったのでしょうか?

普通の作品ならここでお手上げ状態ですが

本作は違います。

だって本作のメインは占い。

そう占いで探せばいいのです!!!

ここは4人の先生であるニナさんの出番。

と思ったら手がかりが一つもない以上、

ニナさんでも無理だと。

でもここで大きな情報げっと。

手がかりがなくても占いができる

伝説の1番占がいるという話。

そしてその人物を佐久さんが知っていると。

ヤッターと思ったら

佐久さん、

その伝説の1番占の噂を知っているだけ。

おいおい、それじゃ知らないのとほぼ同じじゃんw

そしてそれ以上の問題が。

伝説の1番占がいる場所は分かるけど、

そこに入るには自分の等級上げる必要があり、

その上占ってもらうには大金が必要。

現在10番占の千矢ちゃんは行くことはできないし、

見習いに過ぎない千矢ちゃんが大金持っている訳ないし・・・。

お母さんってどんな人?

現実の厳しさを知って抜け殻状態の千矢ちゃん。

その千矢ちゃんを心配する残りの3人。

友人を心配する良い子たちですねえ。

でもこういう場合は友人たちが

暴走するまでがテンプレ。

と思ったら

千矢ちゃんのお母さんを妄想するところで

止まった様子。

さすがきらら作品。

過激な方へは進みません。

どんなお母さんか想像するのは

千矢ちゃんもやっていたらしく、

それから導き出されるのは、

千矢ちゃんのお母さん=魔物w

その後は真面目に

お母さんってどんな人?

という話に。

千矢ちゃん曰く、

千矢ちゃんを産んだ後、

お母さんは親友のセツに

15歳になるまで預かってくれと

頼んだらしいです。

以上。

おいおい、

ホント情報が無さすぎだろ。

そして話はセツのお話から

なぜかノノちゃんの死んだお母さんの話に。

良い話だなぁで終われば良かったですけど、

なぜか怖い話の方向へw

だから駄目だって

深夜、

一人外出する千矢ちゃん。

どうやら一人で伝説の1番占のところへ

行くつもりのようです。

でも9番の関所で佐久さんに見つかってしまいます。

もしかして佐久さん張ってた?

千矢ちゃんを説得しようとする佐久さん。

それに対して千矢ちゃんは、

「じゃあ、どうやったらお母さんを見つけられるの?」

泣き出す千矢ちゃん。

切ないですねえ。

でも決まりは決まり。

伝説の1番占に会うためには

自分の等級を上げるしかないのです。

そこで佐久さんは・・・。

たぶんこのシーンが今回のハイライト。

佐久さんは当たり前のこと言っているだけですけど、

なぜか良いこと言っているように聞こえるのは

演出と音楽の力なんでしょうね。

履いてない

良い話が終わったら

次はギャグパート。

いろいろなものを露出する千矢ちゃんを

注意する佐久さん。

そしてわかったこと。

千矢ちゃんは下着付けてない!!!

野郎ども大歓喜ですぜw

実技の最初は流れ星占い

ようやく実技講習に入る4人。

最初に習う実技は流れ星占い。

うららの見習いって一通り

占いの実技をするのでしょうか?

それはともかく

実技ってワクワクしますよね。

それは4人も同じ。

特に紺ちゃんはテンションあげあげw

しかしこの流れ星占い、

いろいろとヤバそうな方法でやります。

これってもしかして火事のフラグ?

そして占う前にニナさんが

うららの禁忌の話を。

基本何でも占うことができるうららですけど、

迷路町の神様のことだけは占ってはいけないと。

う~ん、

普通ならこれが千矢ちゃんのお母さんと関係する話に

なるのでしょうけど、

そんなテンプレみたいなことになるのですかねえ。

流れ星占いをやってみる4人。

やっている途中で不思議な感覚に。

でもなぜか千矢ちゃんだけ・・・。

千矢ちゃんが気付くと髪の毛に火がw

おいおい、やっぱりフラグだったのか。

気分転換は甘いもの

終わったことを悔やんでも仕方がない。

という訳で小梅ちゃんの発案で

甘味処に。

まあ、小梅ちゃんが食べたいだけ

なんでしょうけど。

そして丁度やってくる佐久さん。

あの一件で佐久さんに懐いた千矢ちゃんは

佐久さんにべったりw

これには佐久さん命の後輩たちも

嫉妬の炎にと思ったら

なぜかメロメロ状態。

https://twitter.com/urarameiro/status/818751877579837441

こいつら佐久さんの困惑顔に

満足してやがるw

しかしちゃんとこの後輩たちには

天罰がw

ここでオチが付くとはさすがです。

最後のシーン。

深夜二人で話す千矢ちゃんと紺ちゃん。

傍から見れば完全にカップルですわ。

そして一緒に1番占になることを誓う二人。

やっぱりカップルやんw

今回はここで終了。

時間がアッという間に

過ぎ去った感じですね。

次回予告では

ほっかむりする4人や

どっかの婆さんと勝負しているような

ところが映っていましたが

一体何やらかすのでしょうか?

早く続きを見たいですわ。

今回のまとめ三行

・お母さんの手がかりナッシング

・佐久さんに窘められる千矢ちゃん

・私たち1番占になる!!(小梅ちゃんとノノちゃんには話してない)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする