AKIBA’S TRIP 第2話「チーム結成、略して電マ」の感想 「〇〇されたら消えるデスゲームなのに悲壮感無し?」

スポンサーリンク

 

感想(ネタバレあり)

 

今回で2話目の本作。

先週時点で水曜日深夜の覇権は本作に決まりか?

と思っていたら、

水曜深夜って良作が多すぎるわ。

 

このままだと本作埋もれるんじゃね?

とも思いましたが

視聴するとやっぱり面白かったです。

 

スポンサーリンク

脱がされたらこの世から一発退場

 

まとめちゃんにキスされ、

何とか復活したタモツは

バグリモノの集団を見事に撃破。

これで一件落着と思ったら

何とタモツは秋葉原から一歩も外に出れない体に。

 

まとめちゃんはハゾクと呼ばれるもので

バグリモノを産み出すことができる存在。

そしてバグリモノとの戦いで負傷したタモツは

まとめちゃんとキスした結果、

上級バグリモノとなってしまったのです

 

あらら、第2話にして主人公が人外になっちゃったよ。

この衝撃の事実にタモツもさぞ驚愕するはず・・・

と思ったら、

そんな現状をタモツは簡単に受けいれてしまいます。

こういう時ってオタク強いですわ。

 

でも秋葉原の外に行けなくなったため

秋葉原で生活する場所を見つけなければいけません。

そこでタモツは

まとめちゃんとラトゥ博士が住むアジトに厄介になることに。

 

 

 

いいですねえ、ラトゥ博士。

褐色眼鏡のロリッ子。

さらに演じるのが久野ちゃんって

そっち系大好きな人だったら大歓喜ですわ。

 

そういえば、

このアジトには第1話でまとめちゃんが壊したフィギュアたちが

飾られています。

 

 

まとめちゃん、

ちゃんと直したのですね。

もうちょっと後で有紗ちゃんがこのことを指摘して

まとめちゃんを気に入ったというセリフがありますが

ホント同感です。

 

 

タモツはこのアジトで厄介になるのと同時に

まとめちゃんの自警団に入ることに。

そして新入りの癖に自警団の名前を勝手に付けるタモツ。

 

タモツが名付けた名前は

 

「でんきマヨネーズ!!」

 

お、おう。

そうとしか言えない名前ですわなw

 

 

さて住処は何とか確保してけど、

さすがに生活資金を稼ぐ必要がある。

 

たまたま入ったメイド喫茶で

そのことを話していたら

大きいメイドさんが

あるところを紹介します。

 

そして紹介されたのは

マシロの何でも紹介所。

 

 

うさん臭さは無いけど、

何か秘密が

ありそうな

なさそうな。

それはともかく

ここであるお店のバイトを紹介されます。

 

そしてそこのお店は

まとめちゃんが目を付けていたお店。

何というグッドタイミング。

さすがアニメw

 

早速そのお店に行っていみると

そこはガンショップ。

しかし店長以下店員はすでにバグリモノとなっており、

すぐにバトル開始です。

 

 

 

だが上級バグリモノである店長に

押されっぱなしでタモツたちは一端退却。

 

偶々通りかかった中央通自警団の人達と

共闘することにして再戦です。

 

 

 

そして店長の衣類をはぎ取り

バトル終了。

これで店長もまともに戻ると思ったら、

店長の体が消えてなくなっちゃった。

 

どうやら一般の憑依されただけのバグリモノとは

異なり、

上級バグリモノやハゾクは

脱がされてしまったらそこでアウト。

体が消滅してしまうのです。

 

つまりタモツやまとめちゃんにとって

他のバグリモノとの戦いは

実質上のデスゲームということ。

 

さすがにこの事実を知った以上、

タモツも冷静でいられる訳ない・・・

と思ったらオタクらしい思考をするタモツw

 

悲壮感が全くないタモツは

良いキャラしていると思いますわ。

 

そういえば最後の最後に

興津和幸さん演じるユーチューバーみたいな人と一緒に

 

 

 

謎の女性が出てましたけど、

声やっているのは

イヤホンズの元締め浅野真澄さんw

 

絶対この人ラスボスだろ、

と思わせて大どんでん返しがありそうw

 

今回はここで終了。

次回以降の展開が読めない本作。

次回も楽しみです。

 

それと今回もEDの曲が違います。

 

 

どこかで聞いた声だと思って調べてみたら、

甘々と稲妻のOP歌っていた方でした。

この曲もいい感じなので

聞いてみることをお勧めします。

 

 

スポンサーリンク

今回のまとめ三行

・タモツは秋葉原から出れない体に

・褐色眼鏡のロリッ子キタ――(゚∀゚)――!!

・デスゲームなのに悲壮感ナッシング