信長の忍び 第15話「みんなで築こう墨俣城」の感想 「どうしても髪型が気になる」

感想(ネタバレあり)

今回は新キャラ登場します。

その名は蜂須賀小六。

後に秀吉の天下取りを支えた

重要人物ですが

今回はその小六を秀吉が説得して

仲間にするお話です。

スポンサーリンク

なぜ戦国の世にその髪型なの?

千鳥や助蔵の忍術を使って

一夜城を作る気満々だった秀吉。

そんな忍術はないと

千鳥たちから言われた秀吉は

美濃の野武士の頭領である蜂須賀小六を

説得して協力を仰ぐことに。

でも説得する自信がない秀吉は

また千鳥を頼ろうとします。

それに対して千鳥は、

「大事を決め国を動かすのはあなた方武将なんですよ」

と言って秀吉自身で説得するよう促します。

年下の女の子に窘められる秀吉って・・・。

しかし秀吉が他人に頼りたいのもわかります。

アニメでは小六が秀吉を

昔の友達だと言う場面がありましたが、

秀吉は小六の配下として働いていた

という説があるのです。

つまりそれが本当なら

小六は元の雇い主。

いくら今では織田家の人間になったとはいえ、

かつて上司だった人に

あんたの母国に城作るんで協力してくれなんて

そうそう言えませんわ。

さあいよいよ対面です。

秀吉たちと対峙する

小六一党はどこかがらの悪い

ヤンキーの集まりのような風情。

野武士=ヤンキーみたいなものと

視聴者が誤った知識を身に付けないか心配ですw

そして極めつけは小六の髪型、

なぜにリーゼントw

いくらキャラ付けのためだと言っても

限度があるだろw

つ~かこの時代に

どうやってその髪型維持してんだよw

それはともかく、

墨俣築城の件を話し、

小六に協力を求める秀吉。

しかし小六はそれを拒否します。

「答えは一昨日来やがれだ。男蜂須賀が金で動くと思っているのか」と。

うん、ヤンキーちゃう、

男気ある偏屈なあんちゃんやw

いきなり拒否され

千鳥たちを頼ろうとする秀吉ですが

千鳥と助蔵は小六のリーゼントに夢中。

どうやってあの髪型にしているか

熱心に討論していますw

千鳥たちは頼れない。

そこで秀吉は信長の凄さを説明して

説得する方法にチェンジ。

すらすらと信長の偉大さを喋る秀吉。

さすが口だけ達者な男w

でもあまりにすらすら言葉が出ているので

小六だけでなく千鳥たちからも

偽者だと疑われる始末w

最終的に秀吉の話を信じた小六は

秀吉に協力することに。

小六は城を作る困難さを指摘していきますが

それに対処する方法を次々に答えていく秀吉。

築城中に斎藤勢が攻めて来た場合の対処以外は完璧です。

絶対に攻めてくる斎藤勢に対するに策が

「気合い」だけってw

まさかここにも気合い万能論者がいたとは。

墨俣築城のため

動き出す秀吉と小六一党と千鳥。

そして最後にしっかりと帰蝶さんが

オチつけて今回は終了です。

意外と簡単に仲間になった小六。

ちょっと拍子抜けです。

次回はいよいよ墨俣築城本番。

次回も楽しみです。

今回のまとめ三行

・蜂須賀小六に協力を仰ぐ

・なぜリーゼントなの?

・最後は気合?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする