銀河英雄伝説 新アニメ化プロジェクトがようやく進む?

「原作許諾契約が締結されたそうだ。一杯飲まないか、キルヒアイス、
いい葡萄酒ワインがあるんだ。四一〇年ものの逸品だそうだ」
「けっこうですね、これでアニメ制作が具体的に進行します」

http://gineiden-anime.com/

以上の文章が

銀英伝のアニメ化公式サイトに

出現したらしいです。

これでようやくアニメ化の話が

進むようですけど、

まだ原作許諾契約締結していなかったのかよと

思わずツッコミを入れたくなりました。

今のところわかっているのは、

制作がプロダクションI.G。

最近では黒子のバスケやハイキュー

を作っている会社ですね。

以前は攻殻機動隊や

ガルガンティアとかも作っているので、

戦闘シーンも期待できます。

そして肝心のアニメは

2017年に日の目を見るようです。

あくまで公式サイトに出ているだけですので、

その通り完成するかわかりませんけど。

個人的には旧シリーズが好きだったので、

今更再アニメ化するべきではないと思いますけど、

やっぱり気になります。

追記(2017年2月)

この記事を書いてから1年とちょっと。

とうとうやってきました2017年。

予定では今年、

銀英伝の新作アニメがお披露目になるはずですけど

どうなっているのでしょうか?

ちょっとづつ情報らしきものが

出ているようですけど、

まだかなりぼかされたものばかり。

ホントに今年

日の目を見ることになるのか・・・。

昨今はテレビアニメの延期や

万策尽きるケースが続出していますからねえ。

銀英伝みたいな大作でも

油断はできません。

あと銀英伝関係で言えば

鳴り物入りで発表された

ソーシャルゲーム版の銀英伝。

今月でサービス終了となってしまいました。

キャラのデザインは

旧OVA版準拠で結構良かったのですけど、

ゲームシステムがいけませんでしたね。

なまじシミュレーションゲームという枠に

捕らわれ過ぎたせいで

ソーシャルゲームで重要な

手軽さが犠牲になっていましたからね。

あとゲーム自体が重く、

すぐにエラー出るし。

そしてダメ押しが

世界設定を無視し過ぎた

キャラの衣装。

ファンは銀英伝にそんなもん

求めていませんから。

ソーシャルゲームらしさが必要ところで

ソーシャルゲームらしさを無視し、

銀英伝的に守らなければいけなかったところに

いらないソーシャルゲーム観を持ち込んだ結果

こういう事態になったのだと思います。

ただ新作が出れば

キャラのデザインも

また艦艇のデザインも一新されるでしょうから、

どっちにしろ、

旧OVA版のままだと

長続きしなかったでしょうけど。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする