エルドライブ【ēlDLIVE】 第1話「宙太と声と採用試験」の感想 「説明台詞多すぎ・・・でも第1話だから仕方ないか」

スポンサーリンク

 

 

感想(ネタバレあり)

 

最初に書いておきます。

この作品、

見ようと思ったのは声優さん目当てです。

だって好きな声優さんがたくさん出るんですもんw

 

 

まあ、見るきっかけは声優さんでも

内容に引き込まれるかもしれないし。

 

ただ第1話に関しては

ゲームのチュートリアルみたいで

説明多すぎ。

そのためちょっとイマイチな感じでした(美鈴ちゃんの罵倒は除く)。

 

スポンサーリンク

早見さんの罵倒いいわ~

 

本作の主人公宙太は

独り言が多い中学生。

先生の前だろうと

他人と話しているときだろうと

なぜか独り言ばかり。

 

でも本当は独り言では無く、

宙太だけに聞こえる謎の声と

会話しているだけ。

 

しかし外から見たらどう見ても

変な奴にしか見えません。

 

そしてそのことで

密かに憧れていた同じクラスの美鈴ちゃんから

 

「最低の変態男ですね、跡形もなく死んでください」

 

と言われる始末。

いや~、美鈴ちゃんを演じる早見沙織さんの

罵倒セリフいいですわ~w

これ聞くだけでも本作視聴する価値あります。

 

 

さて想いを寄せる美鈴ちゃんに

コクってもないのに降られた?宙太。

叔母さんのお店の前の掃除をしているとき、

いきなりどこかに転送されます。

 

スポンサーリンク

試験合格はドルーのおかげ

 

飛ばされた先は宇宙警察エルドライブ

太陽系方面署ジャンヌロアーヌ。

何と宙太はマザーズというコンピューターの総意で

エルドライブの候補に選ばれたのです。

 

でもまだこの段階では候補どまり。

本採用されるには試験に合格する必要があります。

 

テンプレ主人公のように

試験を受けることに消極的な宙太。

でも煽られると当然売り言葉に買い言葉で

試験を受けることになるまではお約束。

 

気弱な性格設定のはずの宙太も

見事に煽られて試験を受けることに。

 

試験内容はC級犯罪者シャブロール星人を

逮捕すること。

まだ採用もされてないのに

犯人逮捕しろとは

また無茶な試験です。

 

でも当然すぐにそのターゲットを見つけてしまう宙太w

まあ実際はシャブロール星人の方が

宙太の独り言に反応して勝手に正体を現したのですけど。

 

そしてシャブロール星人とを逮捕するためのバトル?が

始まったのに

大事なところでヘタる宙太。

そんなとき宙太の独り言の原因である生命体が・・・

 

何とかシャブロール星人を捕まえて

試験に合格した宙太

ほとんど宙太の体に寄生していた独り言の相手である

ドルーのおかげなんですけどね。

 

これで一件落着と思ったら、

試験前に宙太を煽った人物とご対面。

 

 

 

その人物とは・・・美鈴ちゃん?

 

第1話はここで終了。

う~ん、説明がいっぱい入り過ぎて

ちょっとテンポが悪かったですね。

この手の作品って独特の用語があったりするので

ある程度説明入れる必要あるのは仕方ありませんけど。

 

まあ、私はあくまで声優目当て(早見さんの罵倒セリフ目当て?)

なんでこのまま視聴します。

 

それと説明が一通り終わったら

テンポよくスムーズに進むような感じもしますので

3話ぐらいまでは切らずに見る方がいいかもしれませんよ。

 

スポンサーリンク

今回のまとめ三行

・主人公は独り言ばかり

・エルドライブの採用試験を受けることに

・ドルーのおかげで採用試験合格