機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第13話「葬送」の感想 「葬式の余韻がいろいろな者たちを積極的にさせたようです」

感想(ネタバレあり)

アバン。

前回昭弘をかばった形で

マッチョオカマにやられた昌弘。

ノーマルスーツで

昌弘の機体のところまで行って

最期の別れをする昭弘。

最期に少しだけ会話できたのは

せめてもの良かった点でしょうか。

その一方昌弘を殺したマッチョオカマは

三日月のバルバトスに

追いまわされて絶体絶命。

逃げながらも

視聴者のヘイトを集めるところは

悪役の鏡ですけど、

バルバトスに撃破され

マッチョオカマも戦死。

個人的には昭弘に

仇を取って欲しかったですが。

仲間の心情のために全部売る

Aパート。

マクギリスとアルミリア嬢の

婚約パーティ―。

出席者のほとんどが

この婚約を政略であると

思っているみたいですけど、

マクギリス自身は

どう思っているかちょっとわかりませんね。

画面が変わって鉄華団。

ブルワーズのヒューマンデブリを

たくさん捕虜にします。

その捕虜たちを

鉄華団に迎え入れるオルガ。

これが頭領の器というやつなんでしょうねえ。

鉄華団の仲間を殺されているのですから、

憎しみで皆殺しにしてもおかしくないのに。

しかし、

後ろでヌクヌクしているやつには

オルガは容赦しません。

ブルワーズの頭である

ブルックを脅して、

船とモビルスーツを大量に接収。

これで戦力アップと思ったら、

オルガの鶴の一声で

すべて売却することに。

オルガ曰く、

ブルワーズのモビルスーツは

昌弘を殺した機体なので

そのままにしておいたら

昭弘のために良くないと。

う~ん、

そこまで考えらえるオルガ凄いわ。

でもその一方、

メリビットさんの提案ですることになった

葬式については

ピンと来ないようす。

そういう風習が

ないのですかねえ火星には。

まあ、

お目付け役のメルビットさんが

提案したから

納得できなかったのかも

しれませんけど、

本人の近くで

おばさんと呟いてはいけません。

おばさんは執念深いのでw

クーデリアと三日月がキスだと

Bパート。

先の戦闘で戦死した昌弘と

鉄華団の団員の葬式が

イサリビの艦上で行われます。

死んだ仲間の魂が行くべきところに

行って生まれ変われるように。

そして弔砲を打ちますけど、

まるで花火のように

パッと広がって消えていく。

儚いです。

さて葬式後の深夜、

鉄華団の面々は

それぞれの仕事をしています。

アトラの胸が小さいので

フミタンが良いとか、

毎回葬式されたらたまらないとか、

タービンとアミダが

オルガたちの前でイチャイチャしたとか、

そんなことはどうでもいいですけど、

なぜか三日月とクーデリアが

抱き合ってしまいます。

クーデリアは

無意識にやったみたいですけど、

その後三日月は何と

クーデリアの口にキス!!!

おい、

お前にはアトラがいるだろうが!!!

アトラ派の私は激おこですw

でも鉄華団が知らないところで

クーデリア暗殺の計画も進んでいるようす。

最後にフミタンが

ちょっとだけ画面に映りましたけど、

まさか・・・

今回はここで終了。

ホント次が気になるように毎回終わりますね。

来週はお休みで次回の放送は2週間後。

早く続きが見たいです。

今回のまとめ三行

・昌弘が昭弘に見守られながら死亡

・鉄華団が死者のために葬送を

・三日月がクーデリアとキス

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする