信長の忍び 第14話「出世は大変でござ~る」の感想 「旦那が出世しても料理下手は治らんと思う」

スポンサーリンク

 

感想(ネタバレあり)

今回からOP変わりました。

前の徒桜も良かったですけど、

新しいOPも悪くはありませんね。

 

でもOPをよく見ると

ネタバレのところも結構・・・。

 

スポンサーリンク

千鳥の忍術が頼りだったのに。

 

 

美濃攻略。

 

それは天下統一への

足掛かりであるのと共に

帰蝶さんとの約束でもあります。

 

もしそれを果たせない場合は

約束通り針千本ならぬ

針4本飲まなきゃいけません。

 

当然約束した相手は天然さんの

帰蝶さんですので

あれは冗談だったという逃げは通用しないので

信長も結構焦っています。

 

ただ正面から攻略しようとしても

難攻不落の稲葉山城は落とせません。

 

そこで信長がまず考えたのが

流言飛語で美濃の領主

斎藤竜興の評判は下げること。

 

さっそく信長は千鳥に命じますけど、

千鳥はこの任務に失敗。

 

だってもう美濃中に

斎藤竜興=馬鹿殿という

芳しくない噂・・・というか真実が

洩れ伝わっているのでw

さすがに評判が悪い龍興の評判をさらに

落とすのは千鳥であっても無理そうです。

 

さて西美濃は

美濃三人衆がいるので

攻めるのはキツイ。

だったら東美濃を攻めればいいじゃんということで

信長は東美濃に侵攻して

龍興方の城をどんどん落としていきます。

 

そんな東美濃攻略戦で大活躍なのが

前田利家。

槍働きで出世を重ねる武人で

敵味方関係無く倒していくちょっと危ない人です。

そしてこの利家に可愛い奥さんが。

名前はまつ。

 

つ~か、

利家もロリかよ。

 

 

 

仲が良くて

どんどん手柄をあげる利家夫婦を

羨ましそうに見つめる

秀吉の妻であるねねさん。

 

全然出世しない秀吉に

発破をかけます。

 

「いいかげん出世してもっと美味しいもの食べさせてよ」と。

 

いやいや出世しても

ねねさんの料理の腕が上がらないと

美味しいもの食べる機会は永遠に

やってこないのですけどw

 

あんたは大人しく、

料理が上手な人に料理の仕方を教えてもらいなさいと

ツッコミを入れたくなります。

 

それにしても利家夫婦は、

秀吉夫婦との対比のためだけに

出てきたのかしら。

それだけだとちょっと勿体ない気がしますね。

 

さて東美濃を落として

斎藤家の戦力を削いだ信長の目は

墨俣に注がれます。

墨俣に城を建てて足掛かりを作れば

稲葉山城攻略が楽になるので。

 

でも敵の目の前で

城を作るのは容易ではありません。

すでに何人かチャレンジして

全部失敗しています。

 

そこで手を上げたのが帰蝶さん。

あかん、

誰かが任務を受けないと

帰蝶さんが墨俣築城の任務を受けちゃうw

 

誰も手を上げないので(帰蝶さんは除く)、

信長は餌をぶら下げることに。

墨俣に城を築城できたら、

その城の城主に任命すると。

 

いくら城主にすると言っても

城作りが難しいにですから誰も受ける訳・・・

ってすぐに秀吉が手を上げてるw

 

信長家臣団の中では

下っ端の方(そうは言っても足軽大将だけど)の秀吉。

上役たちを差し置いて任務を受けようとするのですから

当然失敗すれば厳しい措置がまっています。

 

普通は切腹みたいですけど、

優しい信長は銃殺で我慢するようです。

優しいですね信長はw

 

さて自分から手を挙げたのですから

秀吉には秘策があるのでしょう。

 

その秘策を千鳥と助蔵に話す秀吉。

つ~か、秘策ってこの二人頼りだったのかよw

 

当てが外れた秀吉さん。

まっているのは墨俣の城主か、

それとも銃殺か、

次回が楽しみです。

今回のまとめ三行

・帰蝶さんとの約束

・利家もロリコンw

・秀吉が墨俣築城へ