【漫画】信長の忍び 第1巻を読んだ感想 (ネタバレあり) 「アニメでカットされたところが結構ある感じ」

感想(ネタバレちょっとだけあり)

今回取り上げるのは信長の忍びの第1巻。

アニメ化され

現在も放映中。

私も結構お気に入りの作品で

アニメの感想書いてます。

アニメの方は

5分アニメなのに情報量が膨大。

それにも関わらず

テンポよく話が進むので

始まったらアッという間に終わる感じ。

アニメのスタッフ優秀やなぁと

思ってましたが、

原作読んで考え方変わりました。

原作に忠実に作るスタッフも優秀ですけど、

それ以上に原作者さんの話の持っていき方が上手いです。

スポンサーリンク

切られたエピソードが勿体ない

原作は4コマ漫画。

アニメ版のテンポの良さは

原作でも健在。

というか原作のテンポいいので

アニメの方もそれに合わせて作ってある感じです。

キャラの絵は結構

好き嫌いが分かれるかもしれませんが

アニメ版のキャラデザの方は

よく特徴掴んで

きれいに仕上げたなと思いますね。

話自体はアニメ版とほぼ同じ。

ギャグなども原作のものが

そのままアニメ版にも使われており、

アニメ版のスタッフが原作に忠実に作っているのが

よくわかります。

もちろんオリジナルを入れて

面白くなるアニメもありますが

本作の場合は

原作が十分よくできているうえに

面白いので

オリジナルを入れる必要ないと思います。

ただアニメ化に当たり、

いくつかのエピソードが省かれているようです。

例えば

桶狭間の戦いの前に

帰蝶さんとお市さんが

町に繰り出して無駄使いする話や

信長が美濃に攻めいる前の

帰蝶さんとの馴れ初めの話。

道三と義龍の親子喧嘩に

信長が介入しようとした話しなど。

確かに切っても話は繋がりますが、

あればさらに話の繋がりが良くなる話ばかり。

おそらく尺の関係で切るしかなかったのでしょうけど、

帰蝶さんと道三の話なんかは

やってほしかったですねえ。

どうして今川義元を討った後、

美濃を目標に選んだのか、

その理由にも繋がりますので。

帰蝶さんと道三の話は

光秀が登場するお時に

回想シーンとして入れ込むかもしれませんが。

そういえば、

秀吉とねねさんの新婚初夜の話も

アニメ版にはなかったですよね。

さすがに25歳と14歳の夫婦ですから

あのシーン入れるといろいろなところから(以下略)。

しっかり読むとアニメ版にない話もあるので

アニメを毎週欠かさず視聴されている方も

原作漫画を買って損はないと思います。

信長の忍び 1 (ジェッツコミックス)


あと歴史ものなのに

軽く読める本作は結構貴重かもしれませんね。

一通り読めば

信長に関する歴史の流れが理解できると思いますので

歴史を知っている方だけでなく、

歴史を勉強している学生さんにもお勧めです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする