【勝手に選ぶ】2016年良かった思うアニメベスト3

2016年も今日で終わり。

そこで2016年最後の記事は、

今年個人的によかったと思うアニメを

3つ紹介しようと思います。

第1位 この素晴らしい世界に祝福を

文句なく断トツの1位です。

実はこの作品、

最初視聴するつもりありませんでした。

たまたまニコ生でやっている直前番組?見て、

興味を持って視聴してみたら・・・

って感じの作品でしたね。

昨今作画が崩れたらすぐにツイッターなどで叩かれますけど、

本作は少々作画崩れても気になりません。

それくらいストーリーが面白いのです。

小手先の笑いを積み上げて

視聴し終わった後に

ホントに面白かったと思える感覚。

本作以外ではあんまり体感できないかも。

1期の最後は

主人公のカズマが捕まって終わるという

ある意味バッドエンドで終わりましたが、

そんなバッドエンド的な終わり方でも

全然後味の悪さがない。

まあギャグアニメなので

捕まろうが

死のうが

カズマなら大丈夫という安心感があるのが

良いのかもしれません。

ハッキリ言ってカズマは屑です。

清々しいまでの。

でもどこか憎めない。

欲望に正直で

金のためなら何でもするし。

そしてこのカズマを演じる福島潤さんの声が

カズマにピッタリ過ぎるのも

高評価に繋がったと思います。

来年1月からは第2期が放映される本作。

まだ視聴したことがない方は

2期が始まる前に第1期を視聴するか、

原作小説を読んでみることをお勧めします。

丁度ニコ生で一挙放送があるので是非。

第2位 Re:ゼロから始める異世界生活

第2位はリゼロです。

この作品は良かったと思う人と

ツマランと思う人に分かれると思います。

本作のメインは死に戻り。

死に戻るたびに同じような話を繰り返すのか?と考え、

某アニメのエンドレスエイトのトラウマがある人は

受け付けないかもしれません。

でもエンドレスエイトと違って

主人公のスバルは

同じ過ちを繰り返さないように進んでいくので

全く同じような結末になりません。

だからエンドレスエイトのトラウマがある人でも

視聴できるはずです。

あと主人公のスバルが

このすばの主人公であるカズマと

違った意味で屑ですので

それで受け付けない方もいるでしょう。

特に王選が始まってからのスバルの態度。

ムカつくし、

呆れるし。

私もあの辺で1度視聴を止めようかと思いましたが、

15話見てから視聴止めるの止めました。

もうスバルなんてどうでもいい。

ペテ公だけ見れれば

そういう気持ちで最後まで視聴しました。

ホントあのペテ公は凄い。

もちろんキャラクター自体が興味深いのですけど、

ペテ公の声を担当した松岡禎丞さんの演技が

ペテ公の魅力を何十倍にもしたのだと思います。

それまで松岡さんと言えば、

熱血な主人公こそ適正と思っていましたが、

松岡さんって悪役もいいじゃね?

と思うようになりました。

演技と言えば、

スバル役の小林裕介さん。

この方も凄いです。

私が小林さんを知ったのはウィクロスのニコ生に

ゲストじゃないのに登場した時。

こんな声優さんもいるのかと思っていたら、

次の年にアルスラーン役などをゲットし、

あっという間に人気声優の仲間入り。

そしてこのリゼロ。

ハッキリ言ってスバルは嫌いですけど、

あのウザさは小林さんだからこそ

表現できたのだと思います。

個人的に鳥肌立ったのは

スバルにペテ公が憑依した時の演技。

それまで松岡チルドレンの中では飛田さんの演技が断トツ

だと思っていましたが、

23話か24話の特殊EDでの演技聞けば、

小林さんの演技がピカイチと思う人が多いはず。

ホントあの演義は凄かったです。

ストーリーと

声優さんの演技が凄いリゼロ。

早く続編が見たいです(特にジュースが出演するところが)。

第3位 ドリフターズ

第3位はドリフターズです。

30代以上の人間なら

絶対に某芸能人のグループの方が頭に浮かぶタイトル。

でも今ならアニメの方を思い浮かべる人が

増えたはず。

迫力のある作画、

先が読めないストーリー、

個性豊かなキャラクター、

現実世界の因縁が微妙に交差する人物関係。

どれをとっても一級品です。

ただ最後の方で作画がちょっとだけ崩れたのが残念です。

ストーリー重視の作品ですが、

バトルシーンの重厚さも本作を評価するポイントなので。

早く続編を見たいのですけど、

原作のストックが少なく、

2期作るのにかなり先になりそうという噂も。

テレビオリジナルストーリーになって

面白くなくなるよりも

遅くなってもしっかり原作準拠で作って欲しいと思います。

終わりに

今年もこんな駄文ばかりのブログを読んで頂き

ありがとうございました。

来年もできる限り毎日更新して

みなさまに暇つぶしの道具を提供できればいいな

と思っております。

それでは良い御年を。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする