機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第38話『天使を狩る者』の感想 「ハシュマル戦の代償がデカすぎる」

ガンダムフラウロスのキャノン砲で

渓谷の一部を破壊し、

モビルアーマー「ハシュマル」と

サブユニット群「プルーマ」の分断に成功。

あとはタコ殴りで

ハシュマル潰すだけの

楽なお仕事と思ったら、

ハシュマルの逆襲で一転、

危機に陥るマクギリスと鉄華団。

そこに現れたのはバルバトス。

モビルアーマー相手だと

バルバトスのリミッターが効かなくなり、

三日月への負担が大きくなるのですけど・・・

ここまでが前回のお話。

今回こそハシュマルを破壊できるのでしょうか?

意外とあっさりハシュマル戦終了、でもその代償は大きかった

OP終わったら

いきなり1か月後。

どうやらテイワズの首領であるマクマードに

オルガが一連の騒動を説明する形で

ハシュマル戦の顛末を知らせる算段のようです。

そんな面倒なことせんでもいいのに。

ハシュマル相手に

リミッター外して戦う三日月。

自分の身体のこと考えないので

目や鼻から血は出るし、

バルバトスもボロボロ。

でもそのおかげで

最終的に三日月が勝利。

オルガは説明を終わった後、

オルガはマクマードから貰った

盃を返上しようとします。

それに対してギャラルホルンの犬なったと

静かに罵倒するマクマード。

まあ罵倒するというか

静かな激励かもしれません。

そしてこの行為がマクギリスと手を組むことを

マクマードが黙認したことになるみたいです。

この辺ちょっとわかりずらいですね。

場面変わって

地球でのギャラルホルンの会議。

ここぞとばかりにイオク君を攻める

マクギリス。

これにイオク君はいろいろ弁解しようとしますけど

ラスタルさんはイオク君を擁護せず。

ギャラルホルン内でのイオク君の立場

悪くなった感じですね。

まだイオク君を完全に

見放すことはしないでしょうけど、

イオク君そのうち捨てられそう。

一方名瀬と話をするオルガ。

鉄華団が火星の王になるかどうかで

名瀬のテイワズ内の地位も変わってくるようです。

名瀬も鉄華団と一蓮托生ですね。

名瀬との会話でバルバトスの話が出ると、

オルガは三日月のことを思い出します。

やっぱり無茶し過ぎたみたいで

三日月は右半身が動かなくなったようです。

三日月自身は納得するでしょうけど、

三日月の近しい人達は・・・。

三日月を見舞うクーデリア。

ベッドに寝てるだけで

いつもと変わりありません。

三日月と会った後、

クーデリアは

ずっと見舞いにこなかった訳を

アトラだけに話します。

その訳がアトラが思っていたことが

一緒らしくアトラは泣き出します。

それだけならいいのですけど、

何を血迷ったのか、

「三日月と子供を作ってください」

とクーデリアに言ってしまうアトラw

子供なら自分が三日月と作ればいいのに。

自分では作れない理由でもあるのでしょうか?

また画面変わって、

イオク君の邸宅。

どうやら一発逆転を狙って

テイワズのジャスレイと

繋がりを持つようです。

嫌われ者同士、

良からぬことをやりそうですね。

鉄華団の本部。

三日月が三日月自身を犠牲することによって、

自分がどんどん栄達していることを

自覚しているオルガ。

その負い目を感じてるけど、

三日月に止めろといえないオルガが

見ていて辛いです。

一番苦しいのはオルガなのに。

もう止まれない。

走り続けるしかない。

それがどんな結末にたどり着くとしても。

オルガも三日月も

そんな想いではないでしょうか?

今回はここで終了。

来週はお休みで

その次の週は特番のようですので

次回は1月第2週放映となります。

ちょっと間空きますけど、

放映再開をワクワクしながら待ちましょう。

今回のまとめ三行

・ハシュマルの破壊に成功するが・・・

・マクマードから黙認を取り付けるオルガ

・アトラ錯乱?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする