機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第12話「暗礁」の感想 「昭弘と弟の昌弘の再会・・・遅すぎました」

感想(ネタバレあり)

前回ブルワーズの攻撃を受け

タカキが重傷を負わされます。

家族が傷つけられて

そのまま黙っている鉄華団ではありませんね。

すべてはオルガの予想の範囲内

海賊ブルワーズに

落とし前を付けることを決めた

鉄華団。

三日月とラフタを囮にして

ブルワーズに奇襲を仕掛けます。

もうみんなやる気満々です。

ラフタと出撃した三日月ですが、

モビルスーツを操縦しながら

文字の練習を始めます。

意外と余裕ありますね。

一応デブリが集まっている暗礁宙域を

行軍しているのに。

暗礁宙域で

ラフタと三日月を発見したブルワーズ。

早めに数を減らすために

どんどんモビルスーツを出撃させます。

敵を見つけたら

最大戦力で一気に潰すのは

戦略の王道ですから

これはこれで間違ってはいません。

でもこれはまさに

オルガの想定通り。

ブルワーズのモビルスーツが

あらかた出撃したところで

横合いから突っ込む

イサリビと

タービンズの母船ハンマーヘッド。

ブルワーズの母船に突貫し、

まさかの白兵戦です。

でもブルワーズも海賊。

徹底抗戦を行って一発逆転を狙います。

ブルワーズの反撃自体は

それほどでは無かったのですけど、

油断から鉄華団にも犠牲者が。

窮鼠猫を噛む状態で

油断を命取りです。

弟との別れは突然に

イサリビが

ブルワーズの母船に

突貫する前に出撃した昭弘。

周りも空気を読んで、

昭弘が弟昌弘のところまでいけるように

お膳立てします。

そして戦場での兄弟の再会。

これがスパロボだったら

昭弘の説得で

昌弘が仲間になるのですけど、

これはゲームではなくアニメ。

そう上手くはいきません。

引き裂かれた兄弟の再会は

残念ながら遅すぎました。

今までの生きざまのために

卑屈になり過ぎた昌弘。

昭弘の現状、

鉄華団という疑似家族に昌弘は

嫉妬を覚えてしまいます。

家族に飢えていた昌弘に取って、

鉄華団は昌弘と昭弘との仲を引き裂く

憎悪の対象なのかもしれません。

まさか昌弘による

昭弘殺害のフラグか?

と思ったら、

そこに襲い掛かる

マッチョオカマ。

マッチョオカマの攻撃を受ける前に

昌弘の乗機が

昭弘の機体を離したため

マッチョオカマの攻撃は

昌弘の乗機へ・・・

この展開も予想していましたけど、

実際この展開になるのは

やるせないですね。

昭弘が難を逃れたのは良かったですけど。

しかしこれで

マッチョオカマの死亡フラグが立ちました。

弟の仇、

昭弘が取らない訳がありませんからね。

次回当たり昭弘VSマッチョオカマが

見られるかもしれませんね。

次回も楽しみです。

今回のまとめ三行

・ブルワーズに対する奇襲

・昭弘による弟昌弘の説得

・マッチョオカマの攻撃が昌弘の乗機に

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする