鬼滅の刃2期(遊郭編)第1話の感想「パワハラ、涙、任務、拉致」

スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

鬼滅の刃2期遊郭編1話のストーリーの流れは以下のようになります。

 

  • 猗窩座が無惨の元へ報告にくる
  • 猗窩座の目的は「青い彼岸花」を探すことだった
  • 無惨さまが猗窩座にご立腹
  • 猗窩座が炭治郎に逆ギレ
  • 炭治郎が蝶屋敷を飛び出し煉獄さんの実家へ
  • 炭治郎が煉獄さんの弟、そしてダメ親父と対面
  • ダメ親父が炭治郎の耳飾りに気付き「日の呼吸」の使い手だと判断する
  • ダメ親父は日の呼吸のことを説明
  • 炭治郎が逆ギレしたけどダメ親父の反撃を食らう
  • 煉獄さんの弟から書物を見せてもらうがズタズタで読めない
  • 炭治郎が煉獄さんの弟の話を聞く
  • 炭治郎が煉獄さんの日輪刀のつばを貰う
  • ダメ親父が煉獄さんの遺言を聞く
  • 日輪刀を無くしたことで鋼鐵塚さんに追い掛けられる
  • みたらし団子で鋼鐵塚さんの機嫌が直る
  • 蝶屋敷で鍛錬を積んだり単独で鬼退治に行ったりする(煉獄さんの死から4か月)
  • 音柱がアオイたちを連れていこおうとするのをカナヲが止める
  • 炭治郎の頭突き失敗
  • アオイの代わりにかまぼこ隊が音柱についていく

 

今回から遊郭編へ突入。

第1話を見終わって思ったことは「詰め込み過ぎ」。

 

たぶん炭治郎が煉獄家に行だけだと「掴みとして弱い」と判断したのでしょう。

だから1話を1時間にして炭治郎たちが音柱と一緒に行動をするところまで入れたのかと。

 

でもそのせいで詰め込み過ぎてストーリーがゴチャゴチャした印象となったしまったのは残念でした。

 

絵はキレイだったのに本当に残念です。

 

他の作品だったら十分合格点レベルですが、さすがに鬼滅だと採点が厳しくなりますわ。

 

 

 

無限列車編(テレビアニメ版)の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

鬼滅の刃 2期(テレビアニメ版 無限列車編)第1話~第7話(最終話)の感想 「煉獄さんの奮戦と未来への希望の物語」

 

 

 

猗窩座へ無惨さまのパワハラ炸裂

鬼滅の刃2期(遊郭編)第1話より引用

 

無惨さまに報告へやってきた猗窩座。

猗窩座の任務って青色の彼岸花の探索だったんですね。

 

ただし猗窩座は青い彼岸花を発見できず。

 

無惨さまから叱責を受けるのは確実。

でも今回猗窩座は煉獄さんを倒しています。

 

猗窩座としては、煉獄さんを倒したことで彼岸花を発見できなかった件はチャラになるかもしれないと期待してたのでしょう。

 

しかし無惨さまは柱一人倒したくらいでは満足できなかったようです。

 

そして始まる無惨さま十八番のパワハラ三昧。

 

何か猗窩座に同情したくなりましたが、猗窩座が炭治郎に八つ当たりしているところを見て同情するの止めましたわ。

 

煉獄さんの実家で煉獄さんの弟とダメ親父と対面

煉獄さんからの伝言を伝えるために煉獄さんの実家にやってきた炭治郎。

日の呼吸の情報を得られれば儲けもんぐらいは思っていたのでしょう。

 

そして一応日の呼吸の情報を得ることに成功しました。

日の呼吸はすべての呼吸の大元であると。

 

ただそれを知ったのはその情報を曲解してた人物から。

 

尊敬する煉獄さんの父親である煉獄槇寿郎。

現在は酒におぼれたダメ親父でした。

 

そして日の呼吸に嫉妬というか恨みを抱いているようで、炭治郎に突っかかる始末。

 

あの煉獄さんの父親がこんなダメ親父だったとは。

そりゃあ煉獄さんは死の直前に母親のことばかり思い出しますわ。

 

ダメ親父が炭治郎に非協力的だった一方、煉獄さんの弟である千寿郎は協力的。

ただ肝心の煉獄家に伝わる書物がズタズタでこれ以上の情報を得られなかったのはちょっと残念でしたわ。

 

ダメ親父の涙

煉獄さんが炭治郎に託した伝言。

それが千寿郎を通してダメ親父にも伝わります。

 

ダメ親父のことを最後まで気遣う煉獄さん。

 

煉獄さんはダメ親父の昔の姿を知っていたからこそ、ダメ親父からどんな態度で接しられても敬い続けたのでしょう。

 

 

鬼滅の刃2期(遊郭編)第1話より引用

 

そして今更ながらダメ親父は煉獄さんの気持ちを察した。

だからこその涙だったのかと。

 

遅すぎですが、気付かないよりは良いでしょう。

 

煉獄さんの伝言を聞かないと言ってたダメ親父にしっかりと伝えた千寿郎グッジョブです。

 

 

 

炭治郎が単独任務(ただし禰豆子は一緒)

煉獄さんの死から4か月。

炭治郎たちは蝶屋敷を根拠地にして単独で任務を受けているようです。

蝶屋敷にお世話になるなら蟲柱の継子になればいいのに。

 

そして今回炭治郎(+禰豆子)が鬼退治するシーンが描かれていましたけど、あのシーン無理に入れる必要なかったような気がします。

 

何か次に繋がるようなシーンでもなかったし。

 

 

あと鋼鐵塚さんが久しぶりに登場してましたけど、あの人ブレませんね。

みたらし団子が好物でそれで宥められるという情報を炭治郎は絶対に忘れない様にしないといけませんわ。

 

音柱が拉致?

蝶屋敷に戻ってきた炭治郎が見たもの。

それはデッカイおっさんがアオイたちを拉致しようとする現場

 

 

鬼滅の刃2期(遊郭編)第1話より引用

 

 

うん、どう見ても柱がやることじゃないわ。

いくらアオイたちが継子じゃなく、しのぶさんの許可が必要ないとしても。

 

まあ、それだけ焦っているのかもしれませんが。

そうじゃないと炭治郎たち3人を連れて行ったりはしないでしょう。

だって必要なのは女性の隊員なのに。

 

まあ、潜入に成功すれば男でも女でも関係ないのでしょう。

たぶん。

 

 

 

遊郭編第1話を視聴し終わって

視聴者を興味を保つためにいろいろ詰め込み過ぎて逆にゴチャゴチャした感じの1話。

まあ、面白くなっていくのは次回からでしょうから今回は我慢我慢。

 

次回からは本格的に遊郭がメインになりそうです。

次回も楽しみですわ。

 

第2話の感想はこちらから。

鬼滅の刃2期(遊郭編)第2話の感想 「任務は吉原で宇髄さんの嫁探し」