機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第36話『穢れた翼』の感想 「無自覚に鉄華団の邪魔をするイオク君にヘイトが溜まりそう」

感想(ネタバレあり)

前回火星でマクギリスを捕殺しようとした

ラスタル派のイオク君。

マクギリスを捕らえようと近づいたら

運悪く

モビルアーマー『ハシュマル』が復活。

モビルアーマーは無差別殺戮するために

作られたもの。

果たしてハシュマルの目標は

モビルスーツに乗っているイオク君たちになるか、

丸腰のマクギリスや三日月たちになるか?

どっちにしろいろいろピンチです。

結局尻拭いをするのは鉄華団

動き出すハシュマルに

イオク君もイオクの部下たちも敗北。

呆気なさすぎます。

この隙に逃げ出すことを

提案するマクギリス。

どうやらかなりヤバい事態のようです。

ハシュマルだけでなく

サブユニットのプルーマも出現。

もう無理。

イオク君は部下たちのおかげで

撤退成功。

なんかイオクは第1期の某人物に

似てきた感じがしますわ。

さてたぶんその人物と同一人物の

仮面の男ヴィダール。

このヴィダールとジュリエッタに

イオク捜索の命令が下ります。

どんどん役者が火星に集まってきますわ。

鉄華団の増援が採掘場に到着したとき、

もうハシュマルとプルーマはどこかへ。

イオクくんの撤退を助けた

イオクの部下たちは全滅。

念入りにコクピットを潰されていたらしく・・・。

さすが人類の殺戮を目的とした兵器です。

ハシュマルとプルーマは

その後ギャラルホルンの基地を襲撃。

もちろん勝てる訳なく、

簡単に敗北して基地の兵たちも・・・。

ハシュマルとプルーマを復活させたギャラルホルン、

そして掘り出してしまった鉄華団。

どちらにも責任があるので

共同して破壊することになります。

しかしハシュマルとプルーマって

結構厄介。

だってプルーマはハシュマルの修復する機能と

仲間を増産する機能を持っているらしいのです。

つまり資材があれば無限増殖するということ。

早くなんとかしなければいけません。

そこでマクギリスが考えたのが

闇雲に追うのではなく、

人口密集地を襲うであろう

ハシュマルとプルーマを待ち伏せするという作戦です。

でも問題は

現在地から一番近い人口密集地。

そこにはクーデリアとアトラが。

情報を知りえる者が

真っ先に逃げ出すと

誰も付いてこなくなる。

そう考えるクーデリアは避難することを拒絶。

それにアトラも同調。

こうなったら絶対に

待ち伏せを成功させなければいけません。

オルガは都市の近くの渓谷で

迎撃するつもりですが、

ここで邪魔者が。

なんとイオクくん、

アホなことして

鉄華団の作戦つぶしちゃいます。

ほんとイオクくん厄介者ですわ。

そんなイオクを発見するジュリエッタ。

そしてジュリエッタはイオク君を罵倒w

ここはジュリエッタの言う通りです。

どんだけ迷惑かけるんだよイオク君は。

進路変えたハシュマルとプルーマ。

その先には人が避難していない農場が・・・。

ライドがモビルスーツで何とかしようとしますが

ビーム兵器は農場を直撃。

さらにプルーマに囲まれたライドも危機一髪。

ライドもイオク君の部下と同じ目に・・・。

と思ったところに出てきたのは三日月。

ぎりぎり間に合いました、さすが主役です。

そして鉄華団と合流しようとするマクギリスの前に

出現する1機のモビルスーツ、

ガンダムヴィダール。

ヴィダールとマクギリス、

久しぶりの再会(たぶん)で今回は終了です。

早く続きがみたいですわ。

今回のまとめ三行

・ハシュマルとプルーマによる殺戮開始

・イオク君ホント邪魔

・主人公だからぎりぎり間に合う

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする