ルーラの株爆上げの一方リップルこそ主人公に相応しいと思った魔法少女育成計画第11話の感想

感想(ネタバレあり)

今回は死んだ魔法少女、

ルーラ、トップスピード、ラ・ピュセル、シスターナナなど

が結構出てきます。

そしてその中でもルーラの生前の行いが

クローズアップ。

口では厳しい事いっても

話の内容が分からないたまのために

解説書作ってあげるし、

漢字が読めないから

振り仮名振ってあげるし、

ルーラさんの株爆上げですわw

もちろんすべてたまを自分の手駒にするため

やっていたことですけど、

そのおかげでたまの役に立ったのも事実。

見方によって人の評価は全く変わりますね。

今回は前半が

スイムスイム一派とクラムベリー姉貴とのバトル、

後半が

リップルの決意とファヴの暗躍って感じになっています。

ホント主人公のスノーホワイトが目立たんわw

もうね、主人公はリップルに変えた方がいいのでは?

と思わずにはいられません。

バトルが終わっても安心してはいけません

前回双子天使姉が

クラムベリー姉貴に

あっさり殺されて、

スイムスイム一派は

スイムスイムも入れて残り2人。

でもたまはほとんど戦力外ですので

実質スイムスイムVSクラムベリー姉貴になります。

透明になる外套のたまをおとりにして

クラムベリー姉貴に襲い掛かるスイムスイム。

しかしあっさりかわされ、

逆にクラムベリー姉貴の逆襲を受けます。

でもスイムスイムは物理ダメージを受け付けない体。

当然クラムベリー姉貴の腹パンもノーダメージ。

ですが戦闘狂のクラムベリー姉貴は

スイムスイムが見えること、

スイムスイムと会話できること、

以上の2点から

光と音をスイムスイムが透過できないことを

すぐに理解。

音の衝撃波?でスイムスイムを吹き飛ばします。

これまで非道な行いをやってきたスイムスイムさん、

ここで退場か?と思ったら、

スイムスイムさんの正体を知ってしまった

クラムベリー姉貴が一瞬隙を作ってしまい、

隠れていたたまに後ろから襲われて・・・。

当然これだけではクラムベリー姉貴は死にません。

でもちょっとした傷口を付けたたまの勝利は確定。

だってたまの得意技は穴を掘ってそれを拡大させること。

クラムベリーの傷口を拡大してあげれば・・・。

北斗の〇の雑魚キャラのような最期を遂げたクラムベリー姉貴。

たまに墓穴を掘られて退場です。

大仕事をやり遂げたたま。

これで一安心と思ったら、

まさかのスイムスイムの一撃。

ルーラ曰く、

魔法少女は正体を知られてはならない。

それに従い、

自分の正体を知っていしまったたまを始末する

スイムスイム。

これまでスイムスイムのことを

非道で無慈悲な人間だと思ってましたが、

スイムスイムってまだ善悪の判断が

しっかりとできる年齢でなかったのです。

だからルーラの残した言葉が正しいかどうか

判断することなく実行してしまう。

せめてスイムスイムが中学生以上だったら

たまが始末されなかったのかもしれませんね。

これで残り3人。

既に4人以下になったのでリストラ終了ですけど、

ファヴさん、

リップルを煽ってまだ戦いを続けさせようとします。

スイムスイムはトップスピードの仇。

リップルはファヴの言葉に乗り、

敵討ちをするつもりのようです。

クラムベリーに操られていると思ってたファヴ。

でもクラムベリーが死んだ後

まだ戦いを続けさせようとする意図は?

次回はいよいよ最終回。

果たしてスイムスイムVSリップル、

最後の勝者となるのはどっちなんでしょうか?

次回も見逃せませんね。

え?

スノーホワイト忘れてないかって?

スノーホワイトは

どうせ漁夫の利得るんじゃね~の(適当)。

あとアニメ本編だけでなく、

WEBラジオも面白いので

聞くことをお勧めします。

今回のまとめ三行

・クラムベリー姉貴の哀れな最期

・口封じで消されるたま

・最終決戦はスイムスイムVSリップル

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする