WWW.WORKING!!  11話「右の頬を殴られたら左腕でカウンター」の感想 「危険物はさっさと処分しましょう。さもないと・・・」

感想(ネタバレあり)

今回は最初に季節の描写がなかったので

たぶん冬と春の間のまま。

まるで現在の東田と宮越の関係みたい。

付き合っているのに

色恋沙汰な感じまるでなし。

だから永田さんは安心なのかもしれませんが。

危険物が恋を進展させた?

付き合っているのに

やることと言えば

東田に奢らせるだけ。

ホントは被害者である東田に

奢るべきなのに

東田のお金で食ってばかりの宮越。

さすがにマズいと思ったのか

妃さんと村主さんに相談する宮越でしたが

その結果自分に足りないのは

思いやりだと聞かされます。

まあね、思いやりも確かに足りませんけど

それ以前に

永田さんとお喋りする東田に

全く嫉妬を覚えない時点で

足りないもの云々のではない気がします。

嫉妬よりお客さんを立たせたままというところに

怒りを感じるのは

レストランのウェイトレスとしては合格ですが。

結局色恋沙汰の話を誰に聞けばいいのか

悩む宮越。

そしてなぜか東田の家に泊まりに行くと宣言。

おお、とうとう実力行使か?

・・・な訳ないわ。

たぶんまた良からぬこと思いついたのでしょうけど。

東田の家にやってきた宮越。

その宮越の目的は

色恋の話をその筋のマスター、

聖バレンチヌス様に聞くこと。

自分の家だと宮越おかんに

心配をかけるかもしれないので

東田の家で聖バレンチヌス様に会いに行くことに

したみたいです。

東田に迷惑かけること

全然考えてねえw

東田が止める前に自分のお手製チョコを

食べてさっさとあっちの世界へ。

聖バレンチヌス様を見つけると

すぐに愛だの恋だの思いやりだのの

説明を求める宮越。

宮越の口から出てくるわけないセリフが

飛び出したことで

バレンチヌス様はこの宮越は偽物と判断します。

まあ、今までのこと考えれば

そう思って仕方ないでしょう。

結局頭にチョップを受けて

バレンチヌス様も相手が本物の宮越だと気付き、

宮越の質問に答えてあげえます。

恋人同士についてレクチャーを受ける宮越。

その最中なんと東田がやってきます。

でもチョコがないのにどうやってきたのか?

もしかして宮越の口から垂れていたチョコを舐めて?

その事実に気付き、

さすがの宮越もドン引き・・・

ではなく居た堪れなくなって逃げていきます。

東田が目を覚ましたらもう朝、

宮越はいません。

でも東田の妹が泣きながら家を出ていく

宮越を見たそうで、

この後ずっと家族から好奇の目で見られそうです。

ちなみに

東田は以前宮越からもらったチョコを残しており、

それを食べてあっちの世界にいったみたい。

そんな危険物さっさと処分しろよw

最終的に

いろいろな人が誤解したまま

いつもの関係に戻った東田と宮越。

今回の話なんだったの?

と思わずにはいられませんわ。

今回のまとめ三行

・東田の家にお泊り

・異世界にはチョコを食べていけるようです

・結局進展なし?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする