ガーリッシュナンバー 第10話の感想 「千歳が辛酸なめる話だが新マネ松岡氏の方が気になる」

感想(ネタバレあり)

今回のタイトルは、

「闇堕ち千歳と失意のクズ」。

前回から登場した七海ちゃんに

人気も仕事もマネージャー(悟浄くん)も

すべて奪われて、

千歳が屈辱を味わう話です。

千歳が成長するために必要な

大事な話ですけど、

そんなのより今回どうしても目が行ってしまうのは、

千歳のサブマネージャーになった松岡氏のこと。

うん、あの暑苦しいキャラは松岡さんしかできんわw

熱血系マネと千歳の相性最悪だが・・・

千歳のマネージャーは

これまで悟浄くん一人だけでしたが、

難波社長の鶴の一声で

悟浄君は七海ちゃんのマネージャーもすることになって

千歳だけに構っていられなくなりました。

そのため千歳にサブマネージャーが付けられることに。

そのサブマネージャーとして登場したのが松岡氏。

冬なのにテニスウェア着ている熱血系。

完全にモデルは松岡修〇氏でしょう。

そしてその声をやっているのが

この手のキャラに定評がある松岡禎丞さんw

本作のメイン5人のうち

声当ててる3人がアイムの声優さんだから(千本木さん、本渡さん、大西さん)

たぶん割引でアイム所属声優を

使うことができるのでしょう。

先週もキャバ嬢役でアイムの佐倉綾音さん

が出演していたし。

だから松岡さんも本作出るかもしれないと

思ってましたが、

まさかこんな適役でご出演とはw

で、こんな暑苦しい人って

だいたい根性論ばかりの無能が多いのですけど、

サブマネ松岡氏もそんなタイプ。

でも単純な無能という訳ではありません。

千歳に足りないものを理解し、

千歳に努力をするように説得します。

だから意外と有能タイプかも。

でもあんな暑苦しく言われると

千歳でなくても聞き入れたくありませんわw

あと松岡氏のセリフ、

やたら「です」と言うやつ多かったですけど、

絶対脚本書いた人がペテ公意識しているだろと

思わずにはいられません。

それにリハから全力でやるというのも

松岡さんがいつもやっていること。

完全に中の人ありきですわw

さて今回のストーリーの方の感想をしておきますか。

前述したように

七海ちゃんが登場して

千歳の既得権益がどんどん奪われていきます。

人気、仕事、マネージャーに加えて

事務所のプッシュも。

でも全部七海ちゃんが登場したせいと

いう訳でもありません。

少なくとも事務所は千歳にチャンスを

あげたみたいなので。

同じようにチャンスを貰った

八重ちゃんと京ちゃんは順調に

仕事を増やしている一方、

クースレのメインの役をやって有頂天となり、

全然努力しなかった千歳の失速は

ある意味当たり前なのかも。

気付いたら自分の周りに誰もいなかった。

楽天家だった千歳もようやく自分の今の状態に気付いたけれど、

いつもアドバイスをくれた兄はもういない。

まあ実際は兄の悟浄君のおかげで

なんとか踏みとどまっている状態なんですが。

ここから千歳は復活できるか

というところで今回は終了。

そういえば今回、

百花ちゃんと万葉さん登場しませんでしたね。

まあ今回はナンバーワンプロデュース内部の

話だから

別の事務所の2人は出しにくかったのかもしれませんけど。

でもあの二人が松岡氏と対面したら

どんなリアクションを取るか

ものすごく気になります。

あと千歳と同じく

辛酸なめた九頭Pは

十和田のおかげでやる気復活。

次回以降また周りに迷惑かけそうですw

今回のまとめ三行

・新しいマネは暑苦しい

・九頭P復活

・千歳どん底復活の道遠し

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする