機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第11話「ヒューマン・デブリ」の感想 「マッチョなオカマに昭弘の弟にあとロリキャラが新登場」

あらすじ&感想(ネタバレあり)

前回哨戒任務のため出撃した

昭弘とタカキの前に

所属不明のモビルスーツが3機

現れます。

前回フラグを立てまくったタカキの

運命はどうなるのでしょうか?

マッチョなオカマと昭弘の弟

Aパート

バルバトスの到着で

撤退に移った昭弘とタカキ。

でも敵は最初の3機以外にもう3機。

そのうち1機のリーダー機を操るのは

マッチョなオカマw

このオカマ達に襲われた

昭弘とタカキは

また危機一髪。

逃げに逃げますけど、

タカキが乗った機体を

奪われてしまいます。

昭弘はタカキを奪回しようと

しますけど、

タカキを人質に取ったモビルスーツを

操縦していたのは

なんと行き別れた昭弘の弟!!!

前回話に出たばっかりなのに

もう登場ですか。

フラグ回収早すぎです。

そこにタービンズからの援軍が登場。

昭弘の言葉が効いたのか、

タカキを置いて敵は撤退を始めます。

何とか救出に成功しましたが

タカキは瀕死の重傷。

こりゃあ前回の死亡フラグも

早速回収かと思ったら、

前回イサリビに乗り込んできた

お目付け役のメリビットさんが

まさかの活躍。

タカキの死亡フラグが

見事に折られてしまいました。

つ~か、

2期の最後まで見た人は

わかると思いますけど

タカキって恐ろしいほどに

運がいいのですよね。

ホント運を分けて欲しいですわ。

さて昭弘たちを襲った相手は

ブルワーズ。

地球と火星の間の宙域で猛威を振るう

海賊のようですね。

でも

テイワズを後ろ盾にする鉄華団とタービンズに

喧嘩しようとするとは。

ただの命知らずなのか、

それともブルワーズの後ろにも

大きい組織がいるのか。

マクギリスの本性はロリっ子好き?

Bパート

地球の戻ったギャラルホルンの

マクギリスとガエリオ。

報告が終わった後自宅に帰ったところで

ガエリオの妹のロリキャラが登場。

このロリッ子の声に

加隈亜衣さんを

キャスティングした人グッジョブw

そういえばこの妹さんって

マクギリスの婚約者でしたっけ。

マクギリスはロリコン決定ですねw

みんなで楽しい一時を過ごしますけど、

マクギリスはギャラルホルンの現状に

不満があるようす。

ガエリオが能天気なのと

対照的ですね。

あとクーデリアに関しては

殺害するより利用する方が良いと

マクギリスは思っているみたいです。

何か腹案があるのでしょうか?

あとブルワーズに

鉄華団とタービンズ襲わせたの

ちょび髭のトドみたいですね。

もう登場しないと思っていたので

ちょっと嬉しいですわ。

あんな小悪党って

意外と物語を面白くしますからw

場面代わってイサリビの艦内。

昭弘はタカキが重傷を負ったことに

責任を感じますけど、

鉄華団が楽しかったので

罰が当たったって考え方は

ちょっと偏ってますね。

でもそんな昭弘を責めないで

全員で責任を取ろうとする鉄華団の面々。

仲間って良いですね。

さて次回は

鉄華団とタービンズが

逆襲に出るのでしょうか?

次回も楽しみです。

今回のまとめ三行

・昭弘の弟が早くも登場

・マクギリスはロリコン

・タカキの死亡フラグが折られる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする