信長の忍び第10話「美濃を制す者は天下を制す」の感想 「同僚に小便かけられた若造に負ける奴いないよね?」

z2

感想(ネタバレあり)

前回三河の松平元康と同盟を結んだ織田家。

これで西の方の安全を確保したので

信長の目は北へ。

そう信長の妻

帰蝶さんの実家、

美濃の斎藤家を次の目標としたのです。

天才軍師が邪魔だから

帰蝶さんの実家の斎藤家。

蝮の道三と恐れられた

帰蝶のお父さんである斎藤道三が

ほぼ一代で作り上げましたが、

道三は息子、

つまり帰蝶さんの兄に当たる斎藤義龍が

道三を責め滅ぼし、

その義龍も病死したため

現在は帰蝶さんの甥にあたる

斎藤龍興が治めています。

まあ、今回の話の中でも

出てくる龍興ですが

これがまた典型的なバカ殿。

よく家臣たちが離反しないなあ

と思います。

バカ殿でも甥は甥、

帰蝶からすれば

斎藤家と戦うのはかなり複雑なはず。

でも帰蝶さん、

そんなことより甥っ子から

叔母さんと呼ばれてないか

そっちの方が気になる様子。

ホント天然さんは・・・。

さて信長は美濃に兵を進めますが

当然それを拒もうとする

斎藤家の軍勢と戦闘へ。

織田家の楽勝とかと思ったら、

美濃3人衆と呼ばれる、

稲葉一鉄、

氏家卜全、

安藤守就、

らの頑強な抵抗に合い

敗北します。

こいつら本当に強い。

合体変形するわけではないのにw

でも強いのには理由が。

どうやら美濃3人衆の強さの秘訣は

美濃3人衆に指示を出す天才軍師、

そう竹中半兵衛の存在が大きかったのです。

竹中半兵衛は

病弱で色白で細身で女顔、

さらに同僚に小便をかけられるくらい侮られていたけど、

軍略だけはピカイチ。

美濃3人衆はこの半兵衛の指示に従い

神出鬼没に戦い、

織田家を圧倒しただけ。

半兵衛の軍略に敗れた織田家。

撤退を始めますけど、

捨て台詞を残して撤退するのはどうかとw

カッコ悪すぎるわw

半兵衛が邪魔。

そう思った信長は

柴田勝家の言に従い、

半兵衛の排除することを決意。

信長は千鳥に

半兵衛の暗殺を命じる・・・と

思ったら信長はそんなつもりはない様子。

でも話を聞かない千鳥さん、

信長の話を聞く前に

さっさと半兵衛暗殺に向かいますw

人の話は最後まで聞かないとw

そうえいば帰蝶さん、

ホント斎藤家がどうなってもいいみたいですね。

秘蔵の美濃の地図を信長にあげちゃいますし。

輿入れすればもう実家は知らん。

そんな感じだったのでしょうね。

でも帰蝶さんは織田家に輿入れして

〇年になるのに

まだ織田家のことわかってない様子ですけどw

今回はここで終了。

次回は美濃に侵入して

半兵衛暗殺がメインとなりそうですね。

史実では半兵衛は秀吉の配下となり、

秀吉の快進撃を支える名参謀となりますけど、

本作ではその史実にどうやって繋げるのでしょうか?

そういうところもしっかりと確認したいですね。

次回も楽しみです。

今回のまとめ三行

・次の目標は美濃の斎藤家

・叔母さんと呼ばれるのが嫌

・千鳥は竹中半兵衛暗殺へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする