松岡・大西コンビのトークで癒されたいから「さおつぐ」の時代でもいいやと思えてきた

lok

今回はさおつぐコンビのことに

付いて書いてみました。

内容うっすい記事ですが、

暇つぶしにでもご活用ください。

時代は「かやつぐ」から「さおつぐ」に

声優の松岡禎丞さんと言えば、

女性声優をちょっと苦手にしていることで

有名です。

今でこそ、

某女性声優さんと1年間

ラジオのレギュラーをやったこともあって

多くの女性声優さんと

普通に話せるようになってますが(先輩女性声優は除く)、

2014年より前は・・・。

まあ、それが面白いという人もいますが

本気でテンパっているのを見ると

個人的には可哀想に思えてきます。

そんな松岡さんですが

気を許している

ごく少数の女性声優さんとだけは

以前から楽しくトークすることができてました。

そのごく少数の一人が

松岡さんの事務所の後輩に当たる

大西沙織さんです。

おそらく

大西さんが

サバサバしているというか

大雑把なの性格なので

松岡さんも

裏表がないと判断して

気を許しているのでしょう。

二人がトークしているのを聞くと

仲がいいという感じが伝わってきて、

ホント癒されます。

二人がトークするものの中で

個人的にお勧めなのは

ダンまちのオーディオコメンタリーです。

ダンまちのオーディオコメンタリーは

松岡さんをホスト役に

他のキャストをゲストとして

呼んでトークする形になっています。

ダンまちでアイズという

メインヒロイン(一応)を演じた大西さんは

3話と8話のゲストして

オーディオコメンタリーに参加していますが、

ゲストが大西さんの時の松岡さん、

いつも以上にテンションが上がっているのです。

まるで某女性声優さんが

松岡さんと一緒に仕事しているときみたいにw

基本弄られるポジの松岡さんですが、

相手が大西さんだと

どんどん弄り返したり、

大西さんのボケにツッコミを入れていくのです。

それもかなりノリノリで。

(もちろん真面目に作品の話もしてますよ)

ゲストが後輩の男性声優さんなら

それほど珍しくありませんが

女性声優だとホント貴重。

松岡さんがこんな風に対応する女性声優は

大西さん以外だと

あの方ぐらい(ノゲラジのニコ生などで弄ってます)。

もちろん声だけなので

松岡さんがどんな表情なのかはわかりせん。

でも声のトーンや話し方を聞いていると

笑顔で話していることが想像できます。

松岡さんをそんな表情にさせることができるだけでも

大西さんは凄いです(実際の表情みてないので妄想ですけど)。

事務所から釘を刺されたのか、

他の理由があるのかわかりませんが、

今年の7月以降、

かやつぐがそれぞれ相手のことを話す機会が

めっきり減ってしまいました(名前出して話していたのは一方だけですが)。

それに比例はしているかはわかりませんが

かやつぐの共演作も激減。

かやつぐファンとしては悲しい限りですが、

その代わりというか

松岡さんと大西さんの共演する回数が

また増え始めています。

特に来年の春クールは、

冴えカノ2期、

エロマンガ先生、

そしてダンまち外伝

3作品で主人公を松岡さん、

ヒロインを大西さんが

演じることが決定(ダンまち外伝だけは主役とヒロイン?が逆ですがw)。

まさに時代が「かやつぐ」から

「さおつぐ」に変化してきた感じです。

かやつぐ欠乏症にかかっている

かやつぐファンとしては複雑な心情ですが

松岡さんが楽しくお仕事ができて、

さらにオーディオコメンタリーやニコ生の特番などが

期待できる「さおつぐ」の仕事の増加は

素直に喜ぶべきではないでしょうか?

「かやつぐ」ファンを捨てて

「さおつぐ」ファンに鞍替えはしません(たぶん)が

しばらくは「さおつぐ」のトークで癒されたいと思います。

今日(2016年12月06日)はダンまち特番の放映日です

そういえば本日22時から、

ダンまちの特番が放映されます。

生で視聴できない場合は

ニコ生のタイムシフト予約をやっておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする