小森さんは断れない!第10話「進路調査は悩ましい!」の感想 「小森さんも進路で悩む」

zqq1

感想(ネタバレあり)

今回は中学3年生の定期イベント、

進路調査がメイン。

場合によっては

人生を左右する大事なイベント。

果たして小森さんは

どういう進路を考えているのでしょうか?

まあどんな進路をセレクトしても

頼られる体質は変わらないでしょうけど。

小森さんの希望は学校の先生?

進路の話をしている小森さんと

その友人1と友人2(西鳥さんと根岸さん)。

小森さんは

学校の先生になりたいみたいです。

でも先生になったら

生徒が頼ってばかりで

全然先生離れできない生徒を

量産する可能性がw

先生ができる人だと

生徒が依存して駄目生徒ばかりになる可能性

ありますからね。

親離れならぬ先生離れできる生徒。

社会問題化不可避ですわw

さて、

根岸さんや根岸さんは

小森さんのために

頼られる仕事を列挙していきますが、

小森さんは探偵にちょっと興味を持った模様。

探偵って大変そうな気がしますけどね。

それに今の探偵の主な仕事って

不倫や浮気の調査らしいですし。

人間関係の真っ黒なところを

調査しなければいけないので、

根が真面目で優しい小森さんでは

似つかわしくない気がします。

頼られる仕事がしたいなら

看護師や介護士など

他に職種はありますからね。

できればそっちの方に進んで欲しいです。

小森さんは先生の心配の種?

さて先生が進路調査票を

配布しましたけど、

なぜか小森さんにだけ、

「友達に引っ張られて一緒の高校に・・・

小森、ちゃんと断るんだぞ」

と注意されてしまいます。

それだけ先生から見ると

引っ張られる感じがするのでしょうね。

つ~か、

依然しているの

西鳥さんや根岸さんではなく

小森さんの方だったのですね。

そんな風に見えなかったのですけど、

周りからはそんな評価だったのか。

なんかものすごく

衝撃でしたわ。

自分の感性が信じられなくなったわ。

先生から注意されましたが

結局三人とも同じ高校を志望することに。

くされ縁は切れそうにありませんね。

そして雪を見て意味深な言葉、

「縁が腐るにはいい温度だ」

中学生がいう言葉じゃね~よw

まさか腐っているのは小森さんだったとは。

ハッ、

もしかして大谷君をそんな目で

見ていたのか、

小森さんはw

あかん小森さんのイメージが

どんどん壊れていくw

そういえば、

大谷君は進路どうするのでしょうか?

やっぱり小森さんと同じ高校

目指すようになるのかしら。

まあいきなりフェードアウトさせるには

勿体ないキャラなので

たぶん同じ高校進学でしょうね。

今回のまとめ三行

・進路の話

・先生は小森さんが心配のようです

・西鳥さんは本当に同じ高校に受かるのかしら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする