おさまけ 第6話の感想 「なぜ群青同盟の動画が2本だったのか?」

この記事は約9分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

第6話をまとめると以下のようになります。

 

  • 末晴とハーディ・瞬が決裂
  • ハーディ・瞬が哲彦を屑と貶す
  • モモの仲立ちでCM対決することに
  • モモの過去
  • 群青チャンネルのCMは続きもの
  • CM勝負は群青チャンネル側が勝利
  • 哲彦とシロパパの会話で哲彦がハーディ・瞬の子供であることがわかる
  • 哲彦が阿部先輩に今回の勝者を伝える
  • モモが末晴の高校へ転校してくる
  • クロの記憶喪失が嘘だったことが末晴にバレる

 

CM勝負、クロの思惑、そして哲彦とハーディ・瞬の因縁などがすべて描かれる内容の濃い回でした。

そして目玉は群青同盟のCM。

 

3話のダンスシーンがあれだったので、今回のCMもそこまで期待しておりませんでした。

ただ2本目のアシッドスネークとのコラボPVの方の出来は思ってたよりは良かったです。

エフェクトでだいぶん誤魔化してましたけど。

 

 

その一方今回は脚本と作画がちょっと。

特にアシッドスネークとのPVまでの流れが。

 

原作読んでいる人はわかりますけど、原作見てないアニメ組に方にはイマイチ分かりづらかったかと。

 

群青同盟の方だけ何で2本CMあるんだ」、「2本目はアクアマリンの宣伝になってないじゃん」と思う人いるはず。

 

あれはシロが対決の条件に入れ込んだものですが、それがアニメだとホント分かりづらい。

一応条件書かれた書面が映り込むシーンがあったのですが、これだけだと意味理解できないと思います。

 

おさまけ第6話より引用

 

CM勝負は出演者の仕事を妨げるものではないが、仕事上で今回のCMに関する宣伝等をすることは禁ずる」。

 

これがシロが出した条件ですが、これってCMの宣伝をしなければOK。

視聴者が勝手にCMの続きだと誤解しても知らん」という意味にも取れます。

 

群青同盟の2つ目の動画。

あれはアクアマリンのCMではありません。

あれはアシッドスネークの新曲のPV。

 

以前碧がアシッドスネークの新曲が過激とか何とか言ってましたけど、その過激の曲のPVが群青同盟の2本目の動画だったのです。

 

アシッドスネークと昔親交があった末晴がそのコネを使ってPVに出演させてもらったという訳。

 

 

群青同盟の方のCM(1本目の動画)、商品であるアクアマリンより群青同盟にフォーカスしてましたね。

あれはアシッドスネークのPVと連動させることを最初から想定してたから。

 

アシッドスネークのPV見た後、もう一度群青同盟のCMを確認したいと思う人がたくさん出るように仕組んでたという訳です。

 

原作読んでなくてアニメを1回見ただけでここまで理解できる人いないと思います。

 

もう少し説明入れて欲しかったです。

 

 

それにモモ関連の話。

原作ではもうちょっと丁寧だったんですが、端折りすぎで平坦すぎ

そのせいでモモがCM勝負をお膳立てした本当の理由がちょっとわからない。

尺の問題があったのでしょうけど、残念でした。

 

あとアシッドスネークのPVのシーンに全力注いだのか、他のシーンの作画結構酷くなっている感じでしたね。

 

ただ今回はPVのところが想定よりしっかり作っていたので個人的には満足です。

あれ以上望んでもたぶん無理でしょうから。

 

 

第5話の感想記事を読みたい方はこちらのリンクをご利用ください。

おさまけ 第5話の感想 「幼馴染は記憶喪失」

 

第5話ではクロが記憶喪失になってしまったこと、さらに末晴達がハーディプロを訪問したことが描かれました。

ハーディ・瞬が胡散臭すぎ。

 

 

ハーディプロVS群青チャンネルのCM勝負

クロを侮辱したハーディ・瞬に激怒した末晴。

その末晴をハーディ・瞬がクズ扱いしたことで今度は哲彦が激怒する。

 

大混乱に陥った状態を収拾するためモモはCM勝負を提案するが。

 

おさまけ第6話より引用

 

この時点ではハーディ・瞬と哲彦の関係は不明。

ただし哲彦の怒り具合、さらにハーディ瞬の言動から何らかの関係があることがわかります。

 

口が悪いところとか、キレやすいとことか、結構似ている感じですね(意味深)。

 

あと話の流れ的にCM勝負になりましたけど、CMのスポンサーがシロパパの会社だったんだから、シロパパに頼めばハーディ・瞬を矛を収めて有耶無耶にできたと思いますけどねえ。

 

 

 

モモの過去の話

女優として絶頂を迎えているモモ。

しかし彼女にも苦労した過去が。

 

おさまけ第6話より引用

 

順風満帆で苦労とは縁がなさそうなモモ。

しかし彼女にも苦労した時代があったのです。

 

今回モモの過去でわかったこと。

  • モモには姉がいる
  • モモとモモの姉は毒親から逃亡
  • モモの姉のおかげで生活できてた時期がある
  • 末晴の言葉で女優として開花
  • 現在のモモは姉が大学に行く援助をしている

 

親はダメだけど、姉に恵まれたモモ。

さらに子役時代に末晴と出会ったことで飛躍のチャンスを掴めたようです。

 

ちなみにモモの姉。

性格的には本当に良い人ですが、酒を飲むと…。

まあ、そこら辺はアニメでもたぶん描かると思います。

 

 

群青同盟のCMの内容

群青チャンネルのCMを見たモモ。

すぐに末晴と電話で会話するが、末晴はどこか外にいるようで。

 

おさまけ第6話より引用

 

今回のメインとなるCM対決。

モモが出演するハーディプロ側のCMはカットする一方、群青チャンネル側のCMは2本ともしっかりと描かれてました。

 

まあ正確に言うとCMは1本で、アシッドスネークのPVが別に1本あるだけ。

 

CM単体ではモモが出演するハーディプロのCMに勝てない。

そこでCM以外にCMの続きを匂わせるアシッドスネークのPVとコラボして、群青チャンネルが作ったCMをもう一度見たいと思わせる作戦を取ったのです。

 

原作ではこの辺がしっかり書いてあるのですが、そういう説明はほぼなし。

 

おさまけ第6話より引用

 

 

アニメ組の方はCM以外にもう一本PV見せられてパニック状態になったかも。

 

PVの出来はホント良かったですが、そのPVの意味が分かりづらかったのが原作ファンとしてホント残念。

第5話で末晴とアシッドスネークに交流が合ったことを匂わせるシーンとはしっかり描いてたのに。

 

別のシーンを削って、PVの意味が分かるようにして欲しかったです。

 

まあ、今回はOPEDカットして尺を稼いだ上でこれですから仕方ないですけど。

 

ハーディ・瞬と哲彦は親子だった

CM対決で群青チャンネル側が勝利した後、学校を訪れたシロパパは哲彦と言葉を交わす。

そこで哲彦はハーディ・瞬の息子であることが判明する。

 

おさまけ第6話より引用

 

CMのスポンサーであるシロパパ。

そりゃあCM依頼したのですから、身元調査ぐらいしますよね。

 

そして判明した哲彦とハーディ・瞬との関係。

 

原作ではもう1つ哲彦の家族関係の話があったのですが、アニメではカット。

たぶん沖縄合宿の話のところに入れ込むんでしょうね。

 

口が悪いところやキレやすいところ以外にもお金が大好きそうなところは親子でそっくりかと。

 

 

哲彦とクロの密談の内容とは?

シロパパと別れた後、哲彦は阿部先輩に捕まり、今回の採点をせがまれることに。

そこで哲彦はクロとの会話の内容を阿部先輩に話す。

 

おさまけ第6話より引用

 

クロの記憶喪失に始まる今回騒動。

哲彦的に勝者はクロと断言しました。

 

その理由はトラウマが原因でクロを拒絶してた末晴との関係を記憶喪失のフリで再構築したこと。

 

はい、やっぱり記憶喪失は嘘でした。

 

まあね、このままだと末晴とシロの距離が縮まる一方、クロは末晴との仲を進展させることができませんからねえ。

 

何か手を打つのは当たり前。

そしてそこに哲彦を噛ませることで、哲彦がクロの邪魔をしないように手を打つ。

 

哲彦の方もハーディ・瞬に末晴が取り込まれる訳にはいきませんので、クロと共闘するのは自分の利益になると。

 

また哲彦の話から自分もハーディ・瞬と顔を合わせた方が末晴の芸能界復帰の芽を潰すことができるかもしれないと判断。

 

そこまで考えてたクロはさすがです。

 

ただ爪が甘かった。

全部上手く行って緊張が緩んだのでしょうね。

 

 

スポンサーリンク

記憶喪失のフリしてたのが末晴にバレた

末晴と一緒に帰るクロ。

そこでクロは記憶にないはずの話をしてしまい、記憶喪失が嘘だったことが末晴にバレてしまう。

 

おさまけ第6話より引用

 

末晴との関係を再構築することに成功したクロ。

もう我が世の春って感じで油断したのでしょう。

 

自分の言葉が原因で末晴に記憶喪失が嘘だったことがバレてしまいます。

 

ここで素直に謝罪していればいろいろ変わったのですが。

クロは謝るよりも「テヘペロ」で逃れる手段を選んでしまいます。

 

これが吉と出るか凶と出るか。

次回のお楽しみということで。

 

 

おさまけ第6話を視聴し終わって

 

これで原作2巻の内容が終わりました。

記憶喪失のフリしてたのがバレたので、クロと末晴の中は拗れることになります。

そしてこの間隙をぬってシロが逆襲に出るのが原作3巻。

 

次回からの合宿の話、楽しみです。

 

第7話の感想記事はこちらから。

おさまけ第7話の感想 「哲彦がシロに協力した訳」