ランス・アンド・マスクス第11話「騎士道」の感想 「葉太郎の危機にカッコよく葉太郎パパ参上」

あらすじ&感想(ネタバレあり)

平穏が戻った葉太郎とその仲間たち。
みんなでまた学校に通うことに。
変化と言えばユイフォンとユイエンも
学校に通うようになったということですか。
特にユイエンに関しては真緒のお屋敷に厄介になっているようで、
たぶん依子さんに厳しく躾けられていることでしょうw

でもそんな中、真緒だけは浮かない表情。
前回葉太郎=ナイトランサーと分かってしまったからでしょうか?

ショックを受けるようなことではないと思いますけど、
自分だけ知らなかったことが悔しいのでしょうかねぇ。
何やかんや言ってまだ6歳ですから。

そして複雑な心情の真緒の前に現れる葉太郎パパ。
一体真緒をどうする気でしょうか?
まさか親子二代ロリコンか?

さて行方不明になった真緒を探すため、
葉太郎とその仲間たちはバラバラになりますけど、
そこに前回出たアフリカの衣装の人達が出現。
全員一網打尽になってしまいます。

彼らの正体は騎士団アフリカ区館の面々と
その館長ウアジェ・ラジア。

どうやらアフリカ区館の地位向上のために葉太郎が欲しいらしいです。
よっぽど葉太郎に素質があるのでしょうね。

でもそんな葉太郎を簡単にやっつけるアフリカ区館の騎士たちがいるなら
葉太郎なんて素質があっても必要ないと思いますけど。

雑魚でも葉太郎やユイフォン達より強いのですから
バトルアニメあるあるの強さのインフレが
このアニメでも始まっているようです。

なかなか味方になると言わない葉太郎にしびれを切らした
ウアジェ・ラジアは葉太郎の洗脳を始めます。
葉太郎の前には葉太郎が守れなかった面々の幻影が。
そしてそこに駆けつける葉太郎パパ。
そんな葉太郎パパが叫んだ言葉が、

「葉太郎は僕のものだ」

確かにその通りですけど、
石田ヴォイスでその言葉を聞くと
別の意味に取らえる声優ファンがいっぱいいますよw
私もその一人ですけどw

幼女ファンだけでなく腐っている人達まで
獲得しようとしているのでしょうか。

そういえば腐っている人達で思い出しました。
今回ユイエンがメイドコスチュームになっている場面があります。
かなり似合っています。
依子さんと良い勝負ですw

いろいろなファンを獲得しようとしている
ランス・アンド・マスクスですけど今回で11話。

おそらくあと1話か2話で終わりだと思いますけど、
全部のフラグを回収できるのでしょうか。
作画が万策尽きないかということと同じくらい
どうやって終わらせるのかが心配になります。

今回のまとめ三行

・日常が戻ってきた感じはしますが
・今更次の敵が登場
・葉太郎パパの言葉が別の意味に取られる恐れがw

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする