信長の忍び 第9話「清洲同盟と元康の忍び」の感想 「千鳥ってミーハーだったんですね」

z2

感想(ネタバレあり)

今回は

織田家が東方の守りを固めるため、

三河の松平元康と

同盟を結ぶお話です。

松平元康といえば

後の徳川家康。

でも千鳥が関心あるのは・・・

千鳥も伊賀者、伊賀の名門服部家の御曹司に興味津々

前回の最後、

祝言を挙げて

めでたく夫婦となった

秀吉とねねさん。

結婚してもねねさんはツンデレぶりを発揮。

出世してね、

死なないでね、

怪我しないでね、

戦に出るな、

と無理難題を秀吉にふっかけてきます。

うん、ここまでくると

ちょっと怖いかも。

秀吉が浮気でもしたら

秀吉刺されるかもw

さてそんな新婚の木下家にお呼ばれした

千鳥と助蔵。

二人のためにねねさんは

食事を作りますけど、

アニメ特有の危ない色をした

食べたら絶対ダメな食事w

結婚してもねねさんの

料理下手は治ってないようです。

さすがに良心が傷んだのか、

秀吉は二人に食事を食べるとヤバいと

忠告します。

それに対して千鳥は、

忍びはどんなもの食べても大丈夫なように

訓練してあると豪語。

これ、誰が聞いても

フラグにしか聞こえないはず。

案の定、

ねねさんの作った食事を食べて

二人は悶絶。

しっかりとフラグ回収しましたとさw

さて織田家が治める尾張の

東隣に位置する三河。

この三河を治めるのは

今川家に臣従している松平元康。

今川義元が信長に討たれた後、

義元の嫡男の氏真はいっこうに

義元の敵討ちをしようとしません。

これを見て元康は

氏真に臣従していてもダメだと思ったのでしょう。

今川家を見限り、

織田家と同盟を結ぶ決断を下します。

アニメではすんなり同盟決めたようになっていましたが、

この時元康の妻子は人質として

駿河の今川館にいます。

つまり織田家と同盟を結ぶことで

妻子の殺されるかもしれなかったです。

まあ、元康の妻は義元の姪っ子。

つまり氏真の従妹ですが

氏真が殺すことはないだろうとの

判断があったのかもしれませんが

結構勇気のある判断をしたことになりますね、

元康は。

さて同盟を結ぶため

尾張にやってきた元康。

でもその見た目はどう見ても

肥満児。

人質生活長かったから

ストレスで激太りしたのでしょうか?

そんな元康に目をくれず、

千鳥はある人物を探します。

その人物の名前は服部半蔵。

言わずと知れた伊賀の名門、

服部家の御曹司です。

千鳥も伊賀者。

やっぱり伊賀のスーパースターに

興味津々なんですね。

完全にミーハーですわ。

でもこの態度に怒りを燃やす人物が。

そう助蔵がここで嫉妬の炎を燃やします。

千鳥からは男して認識されてなさそうなのにw

その後、

念願の服部半蔵と対面した千鳥。

しかし半蔵さんはもはや忍びでなく武士。

そう忍びだったのは

半蔵の親の代まだで、

半蔵は武士として出世する道を選んだのです。

だから忍術の秘伝書なんかも

半蔵から見たらガラクタ。

そのため服部家直伝の秘伝書を

簡単に千鳥に見せてあげます。

そしてここでオチがさく裂w

イマイチでしたがw

今回はここで終了。

次回からは美濃攻略です。

美濃と言えば信長の妻の帰蝶さんの

故郷。

そんな帰蝶さんは

信長のところに輿入れした日のことを

思い出しますが・・・。

次回は蝮と呼ばれた斎藤道三の孫が出てくると思います。

千鳥がどんなボケをかますか

今から楽しみです。

今回のまとめ三行

・ねねの料理下手は治らず

・清州同盟が結ばれる

・千鳥はミーハーだった

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする