ステラのまほう 第9話「スキルアップその2」の感想 「後輩や親友慰めたり、自身の黒歴史がゲーム化決定したり、あやめちゃん大活躍w」

sw2

感想(ネタバレあり)

前回イラスト部のウザい子に

引っ掻き回されたSNS部。

でもあれはまだ序の口。

今回もあの子に引っ掻き回されますよ。

でも今回それ以上に目立った人物が。

黒歴史がゲーム化!!!あやめちゃんはそれ許容するの?

6月。

梅雨の季節。

自販機で訳分からん飲料を買い、

そこら辺にいたのら猫を愛でる。

部長にとっていつもの変わらない日常。

しかしその日常は破られる。

可愛い後輩が部長を背中から・・・。

もしかして痴情のもつれ(異性じゃないけど)?

って感じで始まった今回。

今回はOP無しかなぁと思ったら

ちゃんとOPありました。

今回のOPに入り方ホント上手い。

演出した人グッジョブですわ。

で、OP終わってAパート。

後輩たる珠輝ちゃんが

部長に後ろから抱き着いた理由ですが

どうやらスランプに陥ったみたいなのです。

さらにそれに追い打ちをかけるように

イラスト部のあの子ことはーちゃんに

すべてを奪われる夢を見てしまってw

しかし夢の中でも

やっぱりはーちゃんウザいw

それを聞いて部長は吐血、

と思ったら苺と桜ハバネロという訳分からん飲料を

口から出しただけでしたw

落ち込む珠輝ちゃんを慰めるため

言葉を考える部長。

でも元々ネガテイブシンキングな部長は

なかなか良い言葉をチョイスできません。

部長が頭の中でモヤモヤしているうちに

珠輝ちゃんのクラスの前。

そこで声を上げる珠輝ちゃん。

何とはーちゃんが

珠輝ちゃんにクラスに乗りこんで

冊子を布教しています。

その冊子はもちろん、

あやめちゃんの黒歴史、

星屑のインテンツィオーネ

が掲載されているやつw

ああ、あやめちゃんの黒歴史がw

そして唐突に裕美音が登場。

はーちゃんが珠輝ちゃんを虐めていると

勘違いしてはーちゃんに武力行使w

はーちゃんも裕美音も

同じイラスト部。

どうやらはーちゃんはイラスト部でも

傍若無人ぶりを発揮しているようです。

でも傍若無人だったら

たぶん裕美音もSNS部でやっている感じが・・・。

昼休み、

SNS部の部室に入れない珠輝ちゃん。

そこに部長とあやめちゃんがやってきます。

スランプで自信をなくしている珠輝ちゃんを

優しく元気づけるあやめちゃん。

上手い。

言葉のチョイスも

慰め方も理想的。

それだけでなく百合を思わせるような言葉を使って

視聴者も満足させるとはw

でもそれを聞いた部長は

ちょっとブルー。

あやめちゃんのコミュ力の高さに

自分の力の無さを実感したようで。

珠輝ちゃんと昼食を取った後、

部長と二人きりになったら今度は

部長を慰めるあやめちゃん。

眼鏡取って男装している感じの雰囲気を出してw

ホントあやめちゃんいい子ですわ。

こんないい子がどうしてあんな黒歴史を作り出したのかw

眼鏡取ったバージョンで

部室を出るあやめちゃん。

しかし運悪くはーちゃんと鉢合わせ。

はーちゃんにとって

以前邪険にされたあやめちゃんは天敵。

未だにあやめちゃん=星屑のインテンツィオーネの作者アイリス先生

と認めていません。

でも眼鏡取った男装みたいなバージョンのあやめちゃんを

あやめちゃんだと認識できないはーちゃんは

アイリス先生だと勝手に思いこみ・・・。

まあ、あやめちゃんはアイリス先生と同一人物だから

間違ってはいないけど、

いろいろ面倒なことになりそうw

その後いろいろあって

はーちゃんがSNS部に入って

珠輝ちゃんと一緒に原画の担当に。

でもこれって珠輝ちゃんにも

いい刺激になりそうですね。

そして絶望的だった夏コミも

歌夜ちゃんの伝手を伝って

委託販売できることになり、

あやめちゃんの黒歴史、

星屑のインテンツィオーネをゲーム化することが

決定します。

いいのか、

それでいいのか、

あやめちゃんw

はーちゃんの布教で

あの黒歴史のファンになった

マリカちゃんの感想メールに

悶えるくらい恥ずかしい気分にさせられたのにw

あやめちゃんの悶える姿で

今回は終了。

何か今回はあやめちゃん回だったような気がしますね。

最初は部長回かと思いましたが。

ともかく次の目標ができました。

まだいろいろ問題が起こるでしょうけど、

それはそれで楽しみですね。

今回のまとめ三行

・部長の背中に飛び込む珠輝ちゃん

・星屑のインテンツィオーネのゲーム化決定w

・あやめちゃん=アイリス先生の苦悩が続きそう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする