無職転生 11話(第1クール最終話)の感想「目的はアスラ王国への帰還」

この記事は約8分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

他人のピンチを利用して最大限恩を売る。

まあ、よくあるパターンですが、救援が遅れると後味が悪い結果となります。

今回はまさにそれです。

 

ルイジェルドの進言を退けて最大限の利益を得ようとしたルディ。

恩を売ることには成功したようですが、その代わり後味の悪さとルイジェルドの信頼を失うと結果に。

 

 

主人個補正が効かず何でも良い方向に向かわないところ。

こういうところが他のなろう原作作品と違うところでしょうね。

 

このままだとルイジェルドと喧嘩別れ…となりそうな感じですが、何とか和解。

ルイジェルドは本当に良い人です。

 

またルディも自分の悪かった点を反省できるところが大きいですわ。

拗ねて「自分は悪くない」と言い張ってもおかしくはないですから。

 

前世での失敗がルディをまともにしたのかもしれません。

反省できていれば、兄弟から家を追い出されて事故に合うこともなかったでしょうから。

 

雨降って地固まるって感じで、ルディは自分ですべて背負い込むを止め、ルイジェルドやエリスと会議をして物事を決めていくことに。

 

ルディたちの目的は「アスラ王国への帰還」。

そのための旅はまだまだ続きます。

 

 

 

第10話の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

無職転生 第10話の感想 「価値観の違いが露呈」

 

第10話ではルディとルイジェルドの価値観の違いは露呈しました。

死と悪人に対する態度。

ルディにしてもルイジェルドにしても相手の考え方を受け入れるのはちょっと大変そうです。

 

 

ロキシーがフィットア領にたどり着く

フィットア領があった場所にたどり着いたロキシー。

そこでパウロが残した伝言を見つける。

 

無職転生11話より引用

 

ルディが心配でフィットア領にやってきたロキシー。

そこでルディ以外のキャラの行方がちょっとだけ判明します。

 

パウロとノルン(パウロとゼニスの娘)は無事でミリス大陸に。

ゼニスとリーリャとアイシャ(パウロとリーリャの娘)は行方不明。

 

パウロは魔力災害の時にノルンを抱いていたのでたぶん離れ離れにならなかったこでしょう。

同じように魔力災害が起こった時にエリスをかばったルディもエリスと同じところに転移してましたし。

 

まあ、ルディの家族は全滅…という事態になってないだけまだマシですね。

フィットア領に人々は魔大陸だけでなく世界各地に転移させられ、命を失った者だっていますし。

その辺は追々描かれることでしょう。

 

あとこのシーンではロキシーがパウロの元仲間であるエリナリーゼ、タルハンドと出会います。

タルハンドはともかく、エリナリーゼはルディにも大きく関わってくるので、2クール目以降期待大ですわ。

 

 

トクラブ村愚連隊のピンチを利用する?

 

大蛇と戦闘を開始したトクラブ愚連隊。

ルイジェルドはすぐに救援すべきと主張するが、ルディは却下する。

愚連隊の危機を最大限利用して最大限恩を売るために。

 

無職転生第11話より引用(画像はWEB予告より)

 

仲間ではないけど、知らない仲ではない愚連隊。

その愚連隊の危機を利用して愚連隊に恩を売ろうとするルディ。

 

こういうところはルディらしいですけど、恩の売り時を見極める結構大変ですからね。

下手をすると愚連隊に被害が出てしまうので。

 

まあ、ルディは少しぐらい愚連隊が怪我しても良いと考えているかもしれません。

 

ただルディは全知全能ではないのです。

その結果、最悪の事態となってしまいました。

 

 

後味の悪さだけが残った

ルディたちが救援する前に犠牲者を出してしまった愚連隊。

ルディ達が大蛇を撃破した後、ルイジェルドはルディを非難する。

 

無職転生第11話より引用(画像はWEB予告より)

 

犠牲者を出してしまった。

それもルディが救援のタイミングを誤ったために

 

仮にルイジェルドが進言したタイミングで救援していれば、愚連隊は犠牲者出さずに済んだ可能性が高いでしょう。

 

ルディが愚連隊のピンチを最大限利用しようとした結果、この事態を招いたのです。

 

ルイジェルドがルディを非難するのは当たり前。

ルディだってそれがわかっているからこそ、あんな呆然とした顔をしているのです。

 

ルディもですが、このシーンを視聴している視聴者も辛いです。

後味悪いです。

 

でもこんなことを怒り得るのがこの異世界。

俺強いに終始する他のなろう原作作品とはこういうところが違うのでしょうね。

 

 

あと愚連隊の生き残りであるクルトがルディたちに感謝するシーン。

 

救援で恩を売ろうと考え失敗したルデイは狡賢い嫌な奴。

一方「クルトは良い奴」というイメージが大きくなりました。

 

たぶんルイジェルドも同じような感じになっているのではないでしょうかね。

ルディが子供じゃ無ければ確実にルイジェルドはルディを見放していると思いますわ。

 

スポンサーリンク

ウマ男の脅迫でルイジェルドが正体を明かす

街へ帰ってきたルディたちの前に現れるウマ男ことノコパラ。

そしてノコパラはルディたちの依頼交換に気付きルディたちを脅迫してくる。

 

ルディはノコパラ排除を決意するが。

 

無職転生第11話より引用

 

ウマ男って本当に嫌な奴です。

ただ今回に限ってはこのウマ男の脅迫がルディたちを救うことになります。

 

ウマ男の脅迫を受けて、ルディはウマ男を消そうと決意。

それを感じ取ったルイジェルドがルディが一人で全部背負い込んでいることを気付き、「ルディとルイジェルドの和解の端緒」になったのですから。

 

仮にウマ男が脅迫してこなければ、ルイジェルドのルディへの不信感は払しょくできず、下手をすればパーティ崩壊だってあったかもしれません。

 

それを考えれば今回に限ってはウマ男グッジョブと言いたいです。

 

ただこの一件でこの街に滞在することはできなくなりました。

ルディが早まった行動に出ないよう、ルイジェルドが正体をバラしてウマ男を逆脅迫したので。

 

 

まあ、そろそろ潮時だったかもしれないので、これはこれで良かったかも。

 

ルディとルイジェルドとエリスが心を一つに

街の外でルイジェルドと合流したルディ。

ウマ男の脅迫の一件でいろいろわかったルディとルイジェルドは和解する。

そしてルディは今後パーティのことを決めるために定期的に会議をすることを提案する。

 

無職転生第11話より引用

 

ルディが頑張ってきた理由。

それはエリスをアスラ王国に無事に帰還させるためです。

そのために1人で考えてきました。

 

しかしそれがいけなかったと気付き、これからはみんなで会議して決めることにします。

 

要はルイジェルドやエリスをもっと信頼するということなんでしょう。

ルディは心のどこかでルイジェルドやエリスをイマイチ信頼できなかったのだと思います。

エリスに関しては「戦闘以外思考的にいろいろ任せることができないという意味」で。

 

でもそれが失敗の原因だと気付いた。

まあ、信頼しなければこの魔大陸で生き残るのは大変でしょうからね。

まさに雨降って地固まるです。

 

アスラ王国への帰還。

そのために三人は結束します。

 

1クール目最終回としては良い終わり方ですわ。

 

 

無職転生 第11話を視聴し終わって

 

1期1クールはこれにて終了。

既に2クール目の制作が発表されているのでしばしの休憩となります。

 

 


結束したルディたちの旅はまだまだ続きます。

過酷さも増して。

 

そしてロキシーたちもルディを探すために旅立ちます。

この二つのパーティは出会うことができるのでしょうか?

 

無職転生第11話より引用

 

早く続きが見たいですわ。

 

 

 

ニコニコ動画などで11話の配信が始まっております。

まだ視聴されてない方はニコにニコ動画などの公式配信を視聴しましょう。