はがねオーケストラ 第8話「マキさんとは絶交です」の感想 「ボーカロイドをそのままアニメに出しやがった」

c1

感想(ネタバレあり)

今回の話は訳分からん。

これが今回本編を見た感想です。

本作(アニメ版)初登場だけど

新キャラと呼ぶか迷う二人の女性。

また総集編のようでちゃんとした

総集編ではない。

そして

はがねオーケストラのダウンロード増やしたいのか、

ボーカロイドのファン増やしたいのか、

いろいろわからん回ですわ。

声に違和感?そりゃあそうだボーカロイドだから

いきなりアバンで

2人の女性が登場。

でも声にちょっと違和感。

一体何者でしょう?

って思った人。

今回の最後まで見てもたぶんわかりませんよ。

だって本編で詳しい説明ないんだもん。

この新キャラ装っている2人は

ボーカロイド。

弓月ゆかりさんと

弦巻マキさん

でははがねオーケストラと関係ないかと言えば

関係無くはない。

だってこの二人、

ゲームに登場するから。

つ~か、

ボーカロイドを

ゲームに登場させ、

さらにアニメにも登場させるって

聞いたことね~よ。

さて今回、

この二人が自分探しの旅(家出)して

いつもの集落(彩)にやってきて

燕屋に泊まることに。

でも彩って知る人ぞ知る観光地だったのですね。

でもそんな設定あったっけ?

二人が滞在している間、

二人の背後ではいろいろなことが

起こっています。

って起こっているのは

これまでの話で見た記録があるものばかり。

つまり1話~7話の間、

同時並行でこの二人も彩に滞在していたのです。

これってある意味総集編になるのかしら。

トランプ崩したり、

ツバキさんが激オコしたり、

温泉でカコがクレハの周りのお湯を桶にプールしたり、

湯気がダウンロード数に応じて増えたり減ったりしたり、

クリスが着ぐるみ着て畑で案山子したり、

カコが車長勤めるはがねが男性キャラをせん滅したり。

そんなこんだで

二人の所持金も底をつき、

二人はお金を稼ぐことに。

ゆかりさんは二人の美声を利用した

BL本の朗読会を提案しますけど、

その手の動画はニコ動にいっぱいあがっているのですけどw

マキさんが乗り気ではないので

ゆかりさんは次の提案をします。

それが防衛隊に入ってはがねを操縦すること。

でここで問題シーンが挿入w

ゆかりさんが妄想の中で操縦するはがね、

上半身ははがねですけど、

下半身と腕はどう見てもRX78(ガンダム)

それに留まらず、

調子に乗ったゆかりさんは

アムロの名言パクるしw

今回はここで終了。

ね?訳わからん回でしょ。

でも面白かったからいいか。

深く考えるような作品ではないので。

今回のまとめ三行

・ボーカロイドをそのままアニメに登場させる

・総集編のような感じ

露骨なパクリありオマージュあり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする