無職転生 第10話の感想 「価値観の違いが露呈」

この記事は約7分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

今回は前半と後半で対極的な感じでした。

前半はどちらかというとオチャラけた感じで、軽いノリ

一方後半は逆にルディとルイジェルドの価値観が違いが露呈して重い雰囲気に。

 

死に対する価値観や善悪の考え方は人によって違うのは仕方ありませんわ。

 

またエリスはルディに絶対的な信頼を持っていることがわかりました。

これまで何度もルディに助けられたことが影響しているのでしょうけど、無条件で信頼し過ぎだろ。

 

あとなろう版と比べてペット探しの依頼人が出て来なかったり、削られているところもありました。

 

 

 

第9話の感想記事を読みたい方は下のリンクをご利用ください。

無職転生 第9話の感想 「転移先は魔大陸だった」

 

ヒトガミの助言を信じ、ルイジェルドを頼ったルディ。

そしてルイジェルドの境遇と願いを聞くことに。

 

 

 

エリス無双でルディたちの出番無し

魔物相手に怯まないエリス。

気付けばエリスの周りは魔物死体の山に。

無職転生第10話より引用

 

冒険者に憧れてたいたエリス。

貴族の令嬢なのになぜか今の方が似合ってる感じが。

 

強さだけで言えば、ルディたちがいなくても魔大陸で生きていけるんじゃね?と思えてきます。

 

 

魔物の肉なんてお嬢様の口に合わないと思いますが、「私、冒険者みたいなことやっている」という高揚感が味をマヒさせているんでしょうかねえ。

 

リカリス潜入作戦

 

次の目的地である街リカリス。

旅を続けるためにこの街に入る必要があるが、問題はルイジェルド。

ルイジェルドと共にリカリスの街へ入るため、ルディは策を練る

 

無職転生 第10話より引用

 

デッドエンドという二つ名を持つルイジェルド。

見事に警戒されております。

 

まあ、スペルド族ですからねえ。

そりゃあ魔族だって警戒しますよ。

前回お世話になったミグルド族の村のルイジェルドへ対する無警戒は例外だったんでしょうねえ。

 

城壁を飛び越えることができるならそっちの方が良さそうですが、結局はルイジェルドの髪の色を青色にすることによって侵入成功。

 

コケみたいなもので髪の色を染めるなんて。

ルディ機転が効き過ぎ。

また髪の色だけでルイジェルドを警戒しない門番の警備ザル過ぎ。

 

人生初の冒険者ギルドへ

 

お金を稼ぐために冒険者ギルドへ登録にやってきたルディ一行。

ルイジェルドを本物のスペルド族と認識させないため、ルディはあえて自分達の素性を晒す作戦に出る。

 

無職転生 第10話より引用

 

  • スペルド族の本物のルイジェルドはリカリスの街に入ることができない
  • 本物が本物であると名乗る訳ない。

 

先入観を逆手に取った作戦で冒険者ギルドへやってきたルディたち。

さらにわざと道化を演じ馬鹿にされることで、本物のルイジェルドがいると思わせない徹底ぶり。

ルディは策士過ぎます。

これで10歳なんだから末恐ろしいですわ(精神年齢は40歳だけど)。

 

またあえてニセモノを名乗ることでルイジェルドという名前に対する冒険者たちのイメージが変わることも意図しているようです。

 

現状ルイジェルドという名前は恐怖感がセットになっております。

でもニセモノが気軽にルイジェルドという名前を使うことで、その恐怖感が薄れて嘲りが増していくでしょうからねえ。

 

その嘲りもルイジェルドが冒険者ギルドの依頼を達成するうちに消えて、ルイジェルドの名前は善人の名前になるかもしれません。

 

本当に策士ですわ。

 

 

エリスさまがナンパ師を撃退

宿屋にやってきたルデイたち。

そこでエリスは他の冒険者パーティ―に誘われるのだが。

 

無職転生第10話より引用

 

初ナンパされるエリスお嬢様。

しかし残念なことにエリスは魔神語が理解できません。

 

だからナンパ師たちをコテンパにしたのはナンパされたのが理由ではありません。

コテンパにした理由はルディが初めて買ってくれたフードをナンパ師たちが壊したから

 

エリスさん、ルディにゾッコンですねえ。

 

 

あとナンパ師こと、トクラブ村愚連隊のみなさん。

 

あの決めポーズはギニュー督戦隊にしか見えません

私のようなドラゴンボール世代は同じ感覚だったと思いますわ。

 

 

夢(?)の中でヒトガミと再会

ヒトガミと再会したルディ。

ヒトガミはルデイへ再び助言を与えるが。

 

無職転生第10話より引用

 

ウザい。

本当にウザさしかありませんね、ヒトガミは。

 

それに加えてうさん臭さもあるし。

 

ただ前回の「目の前の男を頼れ」という助言はルディたちを助けることになりましたからね。

 

そして今回の助言は「子猫探しの依頼を受けろ」。

 

冒険者がやるような依頼じゃないし、報酬も少なそうですし、どうしてこの依頼を受けろなんて助言するのでしょうか。

 

 

まあ、結果論書くと確かに金儲けという面ではこの助言は当たりだったと思います。

その代わりルディとルイジェルドの考え方の違いが露呈し、パーティ―がちょっとギクシャクしそうな雰囲気ですけど。

もしかしてヒトガミって後者を狙った?

 

猫探しの仕事でルディとルイジェルドの考え方の違いが露呈

 

子猫探しの依頼を受けたルディたち。

ルイジェルドの額の目のおかげで子猫が捕まっていると思われるところを特定し、中に侵入するが。

 

無職転生第10話より引用

 

話がいっきに重たくなりました。

 

子猫探しの依頼の方は簡単にクリア。

その代わりルディとルイジェルドの考え方の違いが露呈し、パーティーがちょっとおかしい雰囲気に。

 

ルイジェルドにとって悪者は悪者

殺しても問題ないという考え方です。

 

一方のルデイ。

正確には前世の男ですが、良くも悪くも現代日本の価値観をかなり引っ張っているので、「悪人でも簡単に殺してはいけない」という考え方のようです。

 

ちなみにエリスはどちらかというとルイジェルドに近い考え方なんでしょうか。

ルイジェルドがルディを蹴ったやつを殺してもそれに関しては「我関せず」を貫いていましたし。

 

 

ペットを使ったマッチポンプをやってたパーティと手を組むことにしたルデイ。

悪者と手を組むのは言語道断という考え方のルイジェルドはこのルディの方針に反発することに。

 

悪に対する考え方はルイジェルド潔癖ですねえ。

たぶんスペルド族の名誉を重んじるあまり、そういう考え方になったのでしょうけど。

 

ルディとルイジェルド。

どっちも両極端過ぎます。

 

不協和音が出てしまいましたけど、この先上手くやっていけるのでしょうか?

 

エリスが接着剤的な役割を演じてくれればいいのですけど、エリスはルディにべったりですからねえ。

 

 

無職転生 第10話を視聴し終わって

日々の生活費を稼ぐために冒険者となったルディたち。

同時にルイジェルドの評判を良くしなければいけなのですから、ストレスマッハでしょうねえ。

 

まあ、ルディにはエリスと共に故郷へ帰還するという目標があるので、ストレス云々言っている暇ないですけどね。

 

さらにルディとルイジェルドの間に隙間風みたいなものが吹いてきましたし、本当に大丈夫?

 

第11話の感想記事はこちらから。

無職転生 11話(第1クール最終話)の感想「目的はアスラ王国への帰還」