無職転生 第9話の感想 「転移先は魔大陸だった」

この記事は約8分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

第9話の内容をまとめると以下の括弧の中の記述になります。

 

  • ルディがヒトガミと遭遇
  • ヒトガミがルディへ助言
  • 目が覚めたらスペルド族の男が座ってた
  • ルディの転移先は魔大陸
  • エリスがスペルド族の男を見て取り乱す
  • スペルド族の男「ルイジェルド」に同行してもらうことに
  • ルイジェルドにエリスが慣れる
  • ミグルド族の村を訪問
  • ロキシーの父親へロキシーの近況を話す
  • ルイジェルドの悲願を聞く
  • エリスがロキシーの両親にご挨拶

 

第8話の最後で光に飲み込まれたルディ。

胡散臭い奴「ヒトガミ」との遭遇を経て気付けば魔大陸、さらに目の前にはスペルド族の男が。

 

前回までほのぼの日常系だったのにどうしてこうなった。

まあ前回までが序章で今回からが無職転生の本番ということなんでしょうか。

 

あと勉学や知識って身を助けるものなんですね。

エリスの家庭教師の合間に勉強した魔神語がこんなところで役立つことになるとは。

空いた時間を有効活用したルディは偉いです。

 

 

 

第8話の感想記事を読みたい方は下のリンクをご利用ください。

無職転生 第8話の感想 「光がすべてを飲み込んだ」

 

エリス達から10歳の誕生日を祝ってもらったルディ。

そしてロアの街の郊外で魔術の練習をしている時、あれが起こりました。

ルディだけでなく、フイットア領の人々すべてを苦難の道に引き込んだあれが。

 

 

 

胡散臭い「ヒトガミ」との遭遇!そしてヒトガミの助言とは?

光に包まれたルディ。

そんなルディは前世の体となって「ヒトガミ」という者と遭遇する。

 

そしてヒトガミはルディへある助言を与える

 

無職転生第9話より引用

 

ルディの一生に付きまとうことになる「ヒトガミ」がここで登場です。

原作の「うさん臭さ」と「ウザさ」がここまで再現されるとは。

プロの声優さんは凄いです。

 

まあ、ヒトガミのCVがくじらさんだったことにはかなりビックリしましたけど。

個人的にはCV石田彰さんやCV櫻井孝宏さんで再生されてましたからね。

 

 

くじら:81プロデュ―ス所属の声優。銀魂のお登勢、NARUTOの大蛇丸などのCVを担当する。

 

 

でもこの9話を見て、ヒトガミの声はくじらさんの声で固定されましたわ。

 

さてこのヒトガミ、二つの助言をルディへ与えます。

 

  • 目が覚めた時に近くにいる男を頼れ
  • その男を助けろ

 

完全に相反する助言ですが、受け入れるかどうかはルディ次第。

まあ、私だったらこの助言を聞いくだけ聞いて実行しないでしょうね。

 

転移先は魔大陸!そしてスペルド族の男「ルイジェルド」と出会う

目が覚めたルディ。

そしてそのルディの目の前にいたのはスペルド族の男だった。

 

無職転生第9話より引用

 

ヒトガミの助言の一つ。

目覚めた時に近くにいる男を頼れ。

 

近くにいたのはスペルド族の男だったんですけど。

ルディの師匠であるロキシーから絶対に近づくなと言われたあのスペルド族。

 

さあ、ここでルディは決断に迫られます。

ヒトガミの助言を聞き入れて、このスペルド族の男を頼るか?

それともロキシーの言葉に従い、このスペルド族の男から逃げるか?

 

 

普通だったらロキシーの言葉に従うでしょう。

ただ今は非常事態ですし、エリスがいますからね。

ルディ一人だけだったら、このスペルド族の男から逃れることもできるかもしれませんが、エリスを連れてはちょっと無理そう。

 

ルディはヒトガミの助言に従い、このスペルド族の男に従うことにします。

 

結果的にルディは正解の選択肢を選んだことに。

まあ、厄介ごとも背負い込んだことになりますけど、それを入てもこのスペルド族の男「ルイジェルド」に頼ったことは正解だったと思います。

後の展開を考えたら。

 

 

 

そういえばスペルド族を見ても平静を装ったルディに対して、スペルド族を見てエリスは取り乱してましたね。

まあ、エリスは12歳なので、エリスの反応の方が普通なんでしょう。

平静を装う10歳のルディの方がおかしいのです。

 

あとルイジェルドとの会話で、ルディ達が転移してきたのは魔大陸であると判明します

 

街どころか、大陸を移動しちゃってる。

まだ子供の範疇に入るルディやエリスには過酷過ぎますわ。

 

 

スポンサーリンク

ミグルド族の村で出会ったのはロキシーのお父さんだった

ルイジェルドと共に旅をすることになったルディとエリス。

そしてある村に立ち寄ることになった一行は、その村で以外な者と出会う。

 

無職転生第9話より引用

 

世界は狭いというべきか、それともご都合主義と言うべきか。

たまたま立ち寄った村でルディが出会ったのはロキシーの父親だったなんて。

 

青い髪、そしてその風貌。

ロキシーの面影そのまんま。

 

さすが親子です。

 

はじめルディを警戒してたロキシーパパですけど、ルディとロキシーが知り合いだとわかって、警戒心が結構緩んだ感じがします。

 

そしてここで役立つ魔神語。

家庭教師業が暇な時に勉強してた語学がこんなところで役立つなんて。

 

もしかして「勉強って意外なところで身を助けるかもしれないよ」と言う金言だったの?

 

あとこのシーンでロキシーの本当の年齢も明らかに。

ロキシーの年齢44歳。

うん、完全にロリ〇バアですわ。

 

 

ルイジェルドの悲願とは?

村の長の家に泊まるルディ達。

そこでルディはルイジェルドがルディ達を助けた理由、そしてルイジェルドの悲願を知ることに。

 

無職転生第9話より引用

 

この9話で一番重要なシーンはここだったかもしれません。

 

ルディの方はヒトガミの助言に従い、ルイジェルドを頼りました。

ではルイジェルドは大人の責任感だけでルディ達を助けたのでしょうか?

 

実はルイジェルドには悲願があり、ルディ達を助けたのはその一環だということが判明します。

 

ルイジェルドの悲願、それは「スペルド族の名誉回復」。

 

ルディ達を助ければ「スペルド族は優しい」という印象を与えるから助けたって感じなんでしょうね。

 

 

ではどうしてスペルド族は忌み嫌われる存在となったのか。

なろう版は結構長く説明してますが、アニメ版は結構あっさりな感じに。

 

要はラプラスに騙された

ラプラスから貰った槍を使ったら、理性を失って敵味方関係なく殺しまくり、気付いたら悪評たってた」と。

 

さてルディはここで再び選択を迫られます。

ヒトガミのもう一つの助言、「彼を助けろ」を実行するかどうか。

 

結果的にルディはルイジェルドを助けるという選択肢を選びます。

 

魔大陸を脱出するためにはルイジェルドの助けは必要不可欠でしょうし、ルディ自身ルイジェルドに何か感じるものがあったのでしょうね。

 

前世では誰も受けいれてくれなかったルディ。

ルイジェルドに自分の前世を重ねたのかも。

 

挨拶はみんなを笑顔にする

村を後にするルディ一行。

エリスはロキシーの両親に挨拶をするが。

 

無職転生第9話より引用

 

エリスがロキシーの両親に別れの挨拶して、ロキシーの両親も挨拶を返す。

挨拶を返されたエリスは嬉しそうでしたね。

 

何か魔大陸に舞台が移ってから始めて和んだかも。

 

ただこれは見方を変えるとルディを巡る女の子がライバルの女の子(?)の両親に挨拶をしたことにもなります。

 

まあ、他のハーレムものと違ってエリスとロキシーは。

 

あとロキシーママの年齢は102歳だそうです。

見えねえ。

三桁には全然見えんわ。

 

 

無職転生 第9話を視聴し終わって

舞台が変わってルディ達の過酷な旅が始まる…と思ったら、ルイジェルドが同行してくれることで案外容易に旅ができる感じ。

 

まあ、実際に大変なのは…。

 

ヒトガミの助言に従ったことで上手く行ったルディ。

ただヒトガミは一癖も二癖もあるキャラ。

 

今後も出てくる最重要キャラの一人なのでヒトガミのことは忘れ無いようにしましょう。

まあ、あんな濃いキャラを忘れる訳ありませんけどね。

 

第10話の感想記事はこちらから。

無職転生 第10話の感想 「価値観の違いが露呈?」