無職転生 第7話の感想 「エリスの努力は実を結んだ?」

この記事は約9分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

第7話の内容をまとめると以下のようになります。

 

  • ルディの元をエリスの礼儀作法の教師であるエドナが訪問する
  • 獣人好きということでルディとフィリップが意気投合
  • エドナがルディの元を再訪問
  • エリスはダンスが苦手
  • ロキシーからルディに手紙と手書きの魔人語の参考書が届く
  • シーローンの王子がルディ作のロキシーフィギュアをゲットしたことをルディが手紙で知る
  • エリスの10歳の誕生日当日
  • ルディの機転でエリスはダンスを乗り切る
  • ルディがエリスとギレーヌに魔術の杖をプレゼント
  • 魔除けの指輪が効果を発揮
  • サウロスとルディが空に浮かぶ赤い球体を見る

 

今回はエリスとルディのダンスがメイン。

ダンスのシーン動き回ってましたね。

高貴な人々が見守る中のダンスシーン、ルディとエリスに焦点を合わせてそれ以外の人々のピントをボカすことで二人のダンスに集中できるような演出よかったです。

 

剣術のステップをそのままダンスに応用するシーン。

なろう版やコミックス版だと練習の時点でルディがエリスに教えてたのですが、アニメ版だとぶっつけ本番になってましたね。

 

本番で教えるようにしたことで、ルディの機転の利くところがより強くなったような気がします。

 

あとダンスの練習に打ち込んだエリスでしたが、結局エリスを助けたのはダンスの練習ではなく、剣術の練習だったというのはエリスらしいです。

 

まあ、どっちにしろエリスの努力が実を結んだことには変わりありませんけど

 

 

第6話の感想記事を読みたい方は下のリンクをご利用ください。

無職転生 第6話の感想「エリスやギレーヌと過ごす研鑽の日々」

 

第6話はほぼ日常回。

ただいろいろな出来事や出会いがありました。

エリスの祖父サウロスと初対面、ロアの街の散策、エリスたちからのプレゼントなどルディの日常はホント飽きがありませんわ。

 

 

 

スポンサーリンク

エドナがルディに相談したことは?

ルディの部屋を訪れたエリスの礼儀作法の教師エドナ。

エドナはルディが持っているエリスの授業時間の融通をお願いする。

 

無職転生第7話より引用

 

エリスがダンスをマスターするために授業時間譲渡の依頼。

これがエドナがルディの元を訪れた理由です。

 

エリスは貴族の一族として10歳の誕生日パーティでダンスを踊らなければならないのに、エリスはダンスが全然できないらしい。

 

エリスが苦手なものって算術だけではなかったのですね。

つ~か、貴族の一族なのに貴族らしいこと苦手なエリスって完全に育てられ方間違ってるんじゃね?

全部祖父のサウロスが甘やかしたのが原因なんでしょうか?

 

まあ、ルディにとっては関係ない話ですが、エリスの授業時間を譲渡すれば、それだけ自分のために時間を使えます。

給料変わらないのならそりゃあ喜んで譲渡しますよ。

 

魔術や算術の教えるのにタイムリミットとかないですからね。

 

 

獣人好きという点でルディとフィリップは意気投合

授業時間を譲渡したことで語学の勉強をすることにしたルディ。

語学の本を借りる際、フィリップと獣人のことで意気投合し、獣人語をマスターすることに。

 

無職転生第7話より引用

 

 

結構真面目キャラだと思ってたエリスの父フィリップ。

しかし本当は獣人好きの普通の男性キャラでした。

 

この第7話の最後のシーンではエリスの祖父サウロスも獣人のメイド相手にお楽しみしてたし、獣人好きは血なんでしょうね。

だからグレイラット家の血を引いているルディが獣人好きであっても不思議ではありません。

 

まあ、ルディの場合は前世の時から獣耳好きだったのかもしれないので、血だけが原因ではないかもしれませんが。

 

もともと語学を勉強しようとしてたルディですが、フィリップの話を聞いて俄然やる気が出たようです。

目標なく勉強するより目標持って勉強する方が効率良いですからね。

 

 

ルディも嫌々ながらダンスの練習に参加

エリスのダンスの練習は難航。

仕方なくルディもエリスのダンス練習に参加することに。

 

無職転生第7話より引用

 

「うん、知ってた」って展開ですね。

エリスがダンスの練習に難渋しているのに、ルディが関与しない訳ありませんから。

 

それにダンス初心者のルディが参加すれば、ルディに負けたくないというエリスの闘争心に火が付き、ダンス習得のためにさらに練習しようという気になるかもしれませんからね。

 

 

スポンサーリンク

ロキシーの手紙とルディ作のフィギュアの行方

ルディの元にロキシーからの手紙と荷物が届く。

そこでルディはロキシーお手製「魔人語の教科書」をゲットする。

さらにロキシーの手紙でルディが造形したロキシーフィギュアがシーローン王国の王子の元にあることを知る。

 

無職転生第7話より引用

 

ルディがマスターすると決めた獣人語と魔人語。

獣人語の方はギレーヌにわからないことを聞けば良いのですが、問題は魔人語。

さすがのルディも魔人語の習得に苦労してましたが、持つべきものは魔人族の師匠ですね。

 

ロキシーお手製の魔人語の教科書ゲットで勉強もはかどることでしょう。

それに師匠のお手製ということでやる気も上昇するでしょうし。

 

 

あとルディが造形しロアの街で売却したロキシーのフュギュア。

まさかシーローン王国の王子の元にたどり着いていたとは。

 

ルディは金貨1枚で売却したシーンがありましたが、王子の手元に来た時いくらになってたのでしょうかねえ。

個人的にはそっちの方が気になります。

 

 

しかしロキシーも凄い顔するんですねえ。

まあ、自分に似たフィギュアを大嫌いな王子が持っており、それを愛でているところ見たのですから仕方ないですけど。

これでさらに王子に対して嫌悪感が強くなったと思いますわ。

 

 

何の努力が実を結んだ?

エリスの10歳の誕生パーティ―でダンスを踊るエリス。

しかし最初のダンスで失敗してしまう。

見かねたルディはエリスをエスコートすることに。

 

無職転生第7話より引用

 

誕生日パーティー前日。

エリスのダンスは何とか形になりましたけど、本番で緊張してしまい本番最初のダンスで失敗してしまいます。

 

たくさんの高貴な人々の目の前でダンスを踊る。

たとえダンスが上手くても緊張しますよ。

エリスってまだ10歳なのに。

 

エリスがダンスで失敗しようが魔術と算術の担当のルディには全く関係ありません。

でもエリスと一緒にいることで情が沸いたのでしょうね。

それか前世のことを思い出し、笑いモノにされるのが許せなかったのかもしれませんが。

 

 

剣術のステップを応用してエリスのタイミングをずらし、ダンスを成功に導くルディ。

ルディの機転が一番の勝因でしょうけど、エリスが剣術でステップをマスターしてたのも大きかったですね。

 

まあ、ダンスをマスターするために払った努力は実を結びませんでしたけど、剣術に払った努力が形を変えて実を結んだということなんでしょうね。

 

ルディがエリスとギレーヌに魔術の杖を授与する

誕生日パーティ―が終わり、ルディの部屋でささやかな祝勝会を開催するルディ。

そこでルディはエリスとギレーヌに魔術の杖を授与する。

 

無職転生第7話より引用

 

弟子に杖を与える。

魔術師の伝統のようなものですが、筋肉馬鹿とか言われてたギレーヌにはこれほど嬉しいプレゼントはないでしょう。

魔術を使えることで剣技以外でも認められたということでもありますからねえ。

 

一方のエリスは杖よりルディの作ったフィギュアの方に興味深々のようですが。

 

無職転生第7話より引用

 

ギレーヌからエリスが貰った魔除けの指輪。

パウロというある意味魔物よりタチの悪い野郎には効かなかったようですね。

ただパウロの話を出したおかげで、ルディというパウロと同様にたちの悪い奴になるかもしれない男の抑制に繋がりましたけど。

 

エリスがルディと一緒のベッドで寝たのはダンスの時助けてくれた感謝の印なんでしょうか?

それともエリスがデレた証拠なんでしょうかねえ。

 

空に浮かぶ赤い球体は何?

翌朝、ルディは獣人メイドとお楽しみ中のサウロスの元を訪れる。

そこでルディは空に赤い球体が浮かんでいることを知る。

 

無職転生第7話より引用

 

ぺルギウスの城とかが空に浮かんでいるこの世界。

赤い球体が空に現れてもそこまで大騒ぎにならないのでしょうねえ。

 

またサウロスが言う通り、良い風に取るしかありません。

それを理解したからこそルディも空から女の子が降ってくる云々とか言ったのでしょう。

 

ルディは明らかにラピュタを意識したのでしょうけど、まさかそれが…。

 

たぶん次回あれが起こるはずなので、アニメ組の方は次回をお楽しみに。

 

 

無職転生第7話を視聴し終わって

空に浮かぶ赤い球体。

まあ、あれのせいで多くの人々の運命が狂うことになります。

 

次回も楽しみですわ。

 

第7話はニコニコ動画などの配信サイトで公式配信が始まっております。

まだ第7話を視聴されてない方は配信サイトで視聴しましょう。