無職転生 第2話の感想 「トラウマ克服!そして師匠との別れ」

この記事は約6分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

第2話の内容をまとめると以下のようになります。

 

  • ルディが忌まわしき転生前のことを夢で見る
  • ルディがロキシーの見てはいけないものを見てしまう
  • ルディのトラウマ
  • 誕生日のパーティ―で卒業試験の通告
  • ロキシーのおかげでルディはトラウマ克服
  • 卒業試験突破
  • ロキシーが旅立つ
  • 御神体がリーリャに見つかる

 

今回の話のメインはトラウマ克服。

 

転生前はずっとニートで、さらに外に出たがために死んでしまったという記憶はそのまま転生後のトラウマになってしまっております。

簡単には克服できないと思ったトラウマ。

でも師匠であるロキシーのおかげで簡単に克服しちゃった。

 

呆気ないものですねえ。

トラウマレベルは結構高いような感じでしたが。

やっぱり美少女の力は凄いということでしょうか。

 

これでトラウマも消えてルディは無敵…とは言いませんが、今後の展開が開けることに。

 

今回はいろいろ伏線もありましたからねえ。

転生前に助けようとしたJkとか、スペルド族とか、魔法大学とか、そして御神体とか。

 

せっかくロキシーとの別れが良かったのに、最後のオチで台無しだよ(褒め言葉)。

 

ちなみに先の話のネタバレですが、ルディの御神体を収拾する性癖は治りませんから。

 

 

 

第1話の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

無職転生 第1話の感想 「転生した世界で本気を出す?」

 

第1話は転生してルディと名付けられた主人公が成長し、魔術の師匠であるロキシーに出会ったところまで描かれていました。

 

 

スポンサーリンク

転生の忌まわしき記憶とロキシーの見てはいけない姿を見てしまった話

 

転生前の記憶を夢として見てしまうルディ。

目が覚めると両親のあの声が。

両親を揶揄うつもりで両親の部屋に向かったルディが見たのは…。

 

無職転生第2話より引用

 

 

第1話の冒頭でも描かれた転生前の話。

それが第2話冒頭でも描かれております。

 

まあね、親の葬式にも出ず部屋であれをやっているニート。

そりゃあ親戚一同見放しますよ。

 

ただ生きる術を持たない奴を着の身着のまま追い出すのはいかがなものですかねえ。

それこそ死ねと言っているのと同じですから。

 

転生前の家族と転生後のルディの家族。

良い具合に対比できてますねえ。

 

たぶん周りの人々によって人は変わるというのを暗示しているのでしょう。

もちろんそれだけでなく本人の決意も必要ですけど。

 

そしてまさか映像化するとは思ってなかったロキシーの痴態。

ギリギリの描き方だと思いますけど、返ってそそりますわ。

ここは監督と演出さんグッジョブと言いたいです。

 

 

 

トラウマ克服で卒業試験も楽勝?

月日は流れルディの誕生日。

そこでルディはロキシーから卒業試験を通告させる。

卒業試験を受けるために家の敷地から出ることになったルディ。

 

しかしルディにはトラウマが…。

 

無職転生第2話より引用

 

魔法の才能にあふれるルディですが、一つだけ克服できないものがありました。

それが外出。

正確に言えば家の敷地から外に出ることができないのです

その原因は転生前の虐め。

それがトラウマとなってルディを縛っている状態。

 

原因が原因なので克服するのは大変。

少なくとも転生前のニートの両親は克服させるのに失敗してますからねえ。

 

でもトラウマを克服して家の敷地の外に出なければ卒業試験を受けることができません。

さらに加えると卒業試験を合格すると待っているのはロキシーとの別れ。

それをルディは認識しているので余計に家の敷地の外に出たくないのです。

 

しかしトラウマは呆気なく解消されました。

師匠であるロキシーのおかげで。

 

これでルディの世界は広がりました。

仮にこれを克服できなければこの後の展開はありませんでしたからね。

幼馴染に出会うことなく、某お嬢様とも出会うことはなかったでしょう。

 

ロキシーのおかげでルディはその後の人生を手にするチャンスを得ました。

本当にルディは良い師匠を持ちましたわ。

 

 

スポンサーリンク

ロキシーとの別れ!そして感動を台無しにするオチ

卒業試験に合格したルディ。

そして訪れたロキシーとの別れ。

 

ルディの両親に慰留される中、ロキシーはルディにあるものを渡す。

 

無職転生第2話より引用

 

卒業試験の合格。

それはロキシーがルディに教えることがなくなったことを意味します。

そして訪れるロキシーの別れ。

 

ルディの転生前の世界とは異なり、一回別れれば再会できるとは限らない世界ですからね。

 

本当に感動的な別れ。

これで終われば良かったのに、まさかオチまで用意されているとは。

 

無職転生第2話より引用

 

 

外に出ることができないというトラウマは克服できたけど、エロ好きのニートの記憶はそのままだったようです。

さすがに引くわ。

パンツを御神体にするなんて。

 

でもこのシーンも実は伏線。

メイドのリーリャがこの御神体のことを黙っていたことがリーリャを助けることになるとは。

 

たぶん次回か次々回ぐらいに描かれるかと。

 

 

無職転生第2話を視聴し終わって

ロキシーとの別れは寂しいですけど、すぐに次の新キャラ出てきますからね。

 

仮にロキシーそのままで新キャラ出てきたら、いきなり修羅場突入というシナリオも存在したかも。

まあ、ルディは鈍感主人公ではないので、巧みに修羅場を回避したと思いますけど。

 

今回は前述したようにたくさん伏線が出てきました。

さすがに今期全部の回収は無理でしょうけど、全部回収されるまではアニメ化して欲しいですわ。

 

次回も楽しみです。

 

第3話の感想記事はこちらからどうぞ。

無職転生 第3話の感想 「親友シルフィとの出会い」