【ラノベ】冴えカノ第11巻の感想(ネタバレあり) 「加藤恵派のフラストレーションが解消する1冊!!でも・・・」

n1

感想(ネタバレあるけど抑えめ)

さあ冴えカノ11巻です。

ここまでえりり、詩羽先輩の

ゲームシナリオを完成させた

主人公倫也が

満を持して

メインヒロイン加藤恵のシナリオを

書いていくお話。

そして

簡潔に11巻の話を書くと

加藤とのイチャラブです。

ただしエピローグその2で

ものすごく不安になりますけど。

加藤がこれまで思っていたことの一端がわかる話

先ほど11巻は

加藤とのイチャラブと書きましたが

正確に書くと

それは11巻の中盤以降の話。

11巻の前の方は

出海ちゃんと美智留の話メインです。

残念ながらこの二人のシナリオ、

10巻と11巻の間で

倫也が完成させてしまっています。

二人のシナリオ作成の話を期待していた

出海ちゃんファンと美智留ファンは

さぞ落胆することでしょう。

と思ったら、

その罪滅ぼしなのか

彼女たちが

倫也とイチャイチャする話が

入っています。

出海ちゃんファンは第2章、

美智留ファンは第3章を読みましょう。

短いですけど

ファンなら十分堪能できるはずです。

そしてこの二人の話、

出海ちゃんの方はえりりが、

美智留の方には詩羽先輩が

それぞれ絡んでおり、

その点でもニヤニヤできるかもしれませんね。

で、4章以降が待ちに待った

加藤恵のシナリオの話となります。

冴えない彼女の育てかた11<冴えない彼女の育てかた> (富士見ファンタジア文庫)


今まで感情を出すことが

少なった加藤ですけど、

ここからはホント恋する乙女・・・

とまでは言いませんけど、

顔を赤らめ、

結構思っていることを表に出していきます。

「なんで、今、ここに、いないかなぁ……」

「どうして、わたしの目の前に、いてくれないのかなぁ……」

こんなセリフを加藤が言うのですよ。

まあ、それでも

えりりや詩羽先輩と比べたら

まだまだ感情を表に出していませんけどねぇ。

いろいろあって(スランプに陥って仇敵にアドバイスもらって)

加藤ルートのシナリオを作るため、

加藤と共に頑張ることにした倫他。

その前提として今まで完成した

共通シナリオや他のヒロインのシナリオを

二人で手直していくことになります。

でも共通シナリオや他のヒロインのルートって

ほとんど倫也たちの実体験が元となっており、

加藤がそれにダメだしする形で

その当時加藤がどう思っていたのか

ちょっとだけわかる仕掛けに。

うん、この仕掛けいいですね。

今までリアクションが薄かった加藤ですけど

加藤なりに思うところがあったことが

加藤の言葉の端々からわかります。

そして前提の話が終わってようやく

加藤ルートのシナリオに着手。

ここからは一気に進みます。

もうね、

他のヒロインファンであっても

たぶん胸がキュンキュンしてきますよ。

それにP173のP221の挿絵が反則w

あんなの見たら

詩羽先輩派の私も

宗旨替えしたくなったわ。

加藤の態度に乗せられたのか

倫也もどんどんイケイケに。

かなり気持ち悪いくらいに。

ここは賛否分かれるかもしれませんが。

しかし順調に話が進むと

途中で良くないことが起こるのがラブコメ。

最後の最後、

エピローグその2で

嫌な雰囲気が漂ってきます。

一体何が起こったのか?

11巻はここで終了です。

続きが気になる終わり方は

ホント嫌ですわ。

次巻が出るまで

最低3か月から4か月は

続きが気になったまま悶々するのですから。

あとこの物語もかなりクライマックスの雰囲気が

漂っていますから、

残り2巻で終わりそうな気がします。

まさかアニメ2期終了と同時に

原作終了を狙ってませんよね?

それはそれとして

ああ、早く続きが読みたいですわ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする