機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第10話「明日からの手紙」の感想 「死亡フラグが乱立しましたが・・・」

感想(ネタバレあり)

クーデリアを

地球に送り届けるため、

鉄華団はタービンズと共に

地球を目指します。

でもバルバトスが整備中なので

三日月は歳星に足止め。

今回の三日月の登場シーンって

もしかしてこれだけでしょうか?

家族に〇〇させたいという夢は死亡フラグです

さて鉄華団にはお目付け役として

メリビットさんが付けられることに

なりましたが、

オルガはテイワズが自分たちを

まだ信用していないと感じご立腹。

前回酒の飲み過ぎで気分が悪くなった時に

メリビットさんに解放されたくせに

冷たく当たります。

そんな中

火星からのメールが

受信できる範囲の入ったのか、

鉄華団の団員の元にメールが届きます。

みんなメールを見ていますが、

特に妹を火星に置いてきた

ビスケットとタカキは嬉しそう。

二人とも妹を学校に通わせたい

という夢を語りますけど、

それ完全に死亡フラグです。

人が死なない系のアニメだったら

良いのですけど、

ガンダムは主人公の仲間でも

平気が殺すアニメですから

ホントまずいです。

アトラの過去と三日月のシェアという名案

そういえば今回

アトラと三日月の出会いについても

ようやく語られました。

アトラは元々水商売系のお店の

雑用係として働いていましたけど、

そこの嬢から虐められるし、

食事は出されないし、

結構酷い扱いをされていたので

お店を飛び出します。

でも行く当てのないアトラが

腹をすかして

動けなくなったところを

憎まれ口を叩く三日月に助けられた

のが出会いだったらしいです。

そんなアトラですけど、

三日月をクーデリアと

取り合うのではなく、

タービンズの皆さんのように

三日月をシェアすることに

舵を切った模様です。

ガンダムのヒロインって

結構独占欲が強い人が多いのですけど、

アトラは希少なタイプになりそうです。

フラグ乱立すぎ

さて哨戒任務のため

昭弘がモビルスーツで出撃しますが、

妹を学校に行かせるために

稼ぎたいタカキは一緒についていくことに。

タカキはそこでまた昭弘相手

に死亡フラグ立てまくり。

このシチュエーションだと

完全にマズいです。

また昭弘も自分にも

弟がいることを話します。

でも海賊に別々に

売られてしまったので

今も生きているかどうか

わからないと。

これって敵として弟が出てくる

フラグですよね。

ホントこの作品はわかりやすいです。

フラグを立てまくった昭弘とタカキ。

案の定、

正体不明のモビルスーツ3機が

攻撃してきて、

昭弘とタカキは絶体絶命。

そしてそこに突如現れたのは・・・

三日月が操るバルバトス。

絶妙なタイミングで現れるなんて

流石主人公です。

という良いところで今回は終了。

はやく続きを見せてw

気になって仕方がありません。

今回のまとめ三行

・三日月とアトラの出会いについて

・死亡フラグが立ち過ぎ

・バルバトスが戦線復帰

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする