スイムスイムがカラミティ・メアリを上回る極悪人だとわかった魔法少女育成計画第8話の感想

sw1

感想(ネタバレあり)

今回は

回想とフラグ立てが

いっぱい。

次誰が退場するか

まったくわからんお話となりました。

ああ、そういえば

今回2人退場者が出たんだったわ。

カラミティメアリが起こしたイベントをさらに利用しようとするスイムスイム怖いわ

前回、

スイムスイム一派を味方にするため

あの廃寺に向かった

シスターナナとウインタープリズン。

シスターナナはいつものように

話し合えば分かり合えるという

お花畑的考え方を持ち続けていますが

ウインタープリズンはそう楽観していません。

実は以前シスターナナは

カラミティ・メアリが魔法を悪用し

不法行為をしていることを知って

それを止めさせるために話し合ったことが

あったのですけど、

当然カラメティメアリに逆切れされて

逃げ帰ったという経験をしているのです。

今回も注意すべき。

ウインタープリズンはそう考えて

かなり警戒しています。

一方のスイムスイムちゃん。

彼女の願いはルーラを超えること。

そしてルーラを超えるには

他の魔法少女を倒すという結論に達したのでしょう。

倒すならまず強い相手を。

そんなスイムスイムちゃんが目を付けたのが

ウインタープリズン。

スイムスイムちゃんは人間観察にも長けているようで

ウインタープリズンは

シスターナナを利用すれば

すぐに釣れると踏んで、

シスターナナの来訪を受け入れたのです。

そして罠にはまる

シスターナナとウインタープリズン。

スイムスイム一派の策略により

ウインタープリズンは刺され

双子の一人を道ずれにするのが精いっぱい。

呆気ないです。

まさかこんな簡単に

ウインタープリズンが退場するとは。

シスターナナはウインタープリズンのおかげで

逃走に成功しますが、

愛するウインタープリズンを失い、

精神崩壊待ったなし。

このまま自滅するか、

それともスイムスイム一派をつけ狙うか

のどっちかの道に進みそうです。

できればウインタープリズンの敵を討って欲しい

ところですけど・・・。

一方のスイムスイムちゃん。

ウインタープリズンを討つことには

成功しましたが、

双子の妹を失いちょっと失敗感を出しています。

あくまで仲間を失った悲しみではなく、

手駒を無為に失った残念感。

感情の起伏がほんとありませんね。

これで今回のスイムスイムちゃんの出番は終了と思ったら

なんとまだ出番ありました。

カラミティ・メアリがリップルをおびき出すために

起こした無差別イベントに便乗して

救助にやってくる魔法少女を殺ることを宣言したのです。

怖え~、

スイムスイムちゃん怖すぎるわ。

もうとっくにルーラ超えているだろ( ;∀;)

スイムスイムちゃんの宣言を聞き、

絶句するたま。

その一方、

妹を失い自暴自棄中の双子姉は

スイムスイムちゃんに同調。

なんかたまの裏切りフラグ立った感じがします。

あとウインタープリズンを殺したことで

スイムスイム一派は

クラムベリー姉貴に目を付けられたようです。

強い相手と戦うことが生きがいに姉貴にとって

ウインタープリズンは大事な好敵手(ライバル)。

それを策を弄して葬り去ったスイムスイムちゃんは

抹殺の対象と考えてもおかしくありません。

危うしスイムスイムちゃん。

今回はここで終了です。

今回はスイムスイムちゃんの怖さが引き立った回でしたね。

それ以外だと、

カラミティ・メアリが

アル中の中年おばさんで

子供にDVやって夫に捨てられた屑だったということや、

トップスピードは主婦で

幼馴染の旦那さんとラブラブということが

明らかになりました。

カラミティ・メアリはともかく、

トップスピードはまずいですね。

どんどん死亡フラグ立て過ぎです。

一方毎回毎回影が薄い主人公さん、

一応今回もちょっとだけ出番がありましたが

ハードゴア・アリスにビビりながらも

共闘することになったぐらい。

次回は大活躍してほしいものです。

目立たないうちに殺し合いが終わって

スノーホワイトが

最後の勝者になるとかいう展開は面白くないので。

今回のまとめ三行

・スイムスイムちゃんの罠でウインタープリズンが死亡

・ウインタープリズンが双子妹を道連れに

・カラミティ・メアリが起こしたイベントに魔法少女終結?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする