落第騎士の英雄譚第10話「深海の魔女VS雷」の感想 「演出と作画がマッチした見ごたえのあるバトル回でした」

感想(ネタバレあり)

今回は

珠雫VS生徒会長のバトル回でした。

アバンとAパートで

どうして珠雫が一輝を慕うのかを

ちょっとだけ回想通じて説明したあとは、

バトル開始です。

バトルシーンがよく描かれている

珠雫は生徒会長の

クロスレンジに入らないように

ロングレンジで魔法攻撃を仕掛けますが、

ことごとく生徒会長に防がれてしまいます。

両者とも高速移動を駆使し、

生徒会長は雷で、

珠雫は氷で互いに攻撃を仕掛けますが、

もう演出がすごいです。

作画が良いのは確かですけど、

それを生かす演出に鳥肌ものです。

今期で言えばワンパンマンも

バトルシーンが凄いのですけど

あっちはバトル自体の演出よりも

バトルまでの盛り上げ方と

作画の書き込みの凄さで見せてくれます。

どっちも甲乙つけがたいですね。

まあ強いて言えば、

向こうは華やかさが

イマイチですねえ。

女性キャラがあの姉妹しかいませんので。

その一方こっちはステラを始め

可愛い子が多いですから。

ただOPがEDがワンパンマンの方がいいですかね。

これについては好みなので

意見が分かれると思うでしょうけど。

防御を捨て攻め一辺倒へ

さてロングレンジでの戦いは

互角でしたが、

戦いがクロスレンジに持ち込まれると

珠雫は防戦一方となります。

生徒会長は古武術をベースにした戦法で

珠雫が認識できないように攻撃を仕掛け、

珠雫はボロボロに。

ここで珠雫は気付きます。

このまま守っていても

ジリ貧であるということに。

そこで防御を切り捨て

攻撃に活路を見出します。

まあそうなるように生徒会長が誘導してますよね。

いくら勝てると言っても

できる限り短期間で勝ちたいでしょうから。

珠雫はあと一撃というところで追い込むことに

成功しますが、

そこで無情にも生徒会長の必殺技

雷切がさく裂。

珠雫が床に倒れてバトル終了です。

珠雫パパが何か画策している?

珠雫が負けたという情報は

珠雫パパの元にも伝わります。

そしてその場には、

先週一輝たちを

ゴーレムで襲わせた太っちょのおっさんも。

どうやら先週の一件は

珠雫パパも関わっている感じですね。

また次回あたり

なにか仕掛けるみたいですけど、

珠雫パパたちの狙いって何なんでしょう。

気になります。

あと最後に。

このアニメ、オカマ役得過ぎるw

女子シャワー室に入っても誰も咎めないし、

泣きじゃくる珠雫を抱きしめるし、

もう~羨ましいw

絶対俺もオカマになると思う視聴者

いると思います。

今回のまとめ三行

・鳥肌立つぐらいのバトル回

・オカマ羨ましい

・黒幕は珠雫パパ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする