ガーリッシュ ナンバー 第7話「やじうま千歳と授業参観」の感想 「子供にかまう親と放任の親」

n1

感想(ネタバレあり)

今回は万葉さんのメイン回、

と見せかけて、

実のところ万葉さんとこの親と

百花ちゃんとこの親を対比させる回

だった感じがしますね。

いつまでたっても親は子供が大事!!でも対応は親によって違う

前回、

クースレの打ち上げで

完全に酔っぱらった万葉さん。

一人では帰れそうにないので

百花ちゃんと千歳が家まで

送り届けることに。

そして万葉さんの住んでいるマンションに到着。

万葉さんがカギを探しているときに

ドアが開いて・・・。

お?まさか男と同棲しているの?

と思ったら

出た来たのはちょっと恰幅がいいおばさん。

そうこの人は

万葉さんのお母さんだったのです。

どうやらお母さん、

前回撮影したBDの映像特典の

万葉さんの水着姿を見て、

万葉さんのことが心配になって

山形から上京してきたのです。

子供が何歳になっても

子供は子供。

親としては心配するのが当たり前。

たぶんこれが一般的な親の考え方なんでしょうね。

そしてこの万葉さんのお母さん、

万葉さんがお世話になっている方への

ご挨拶のついでに

何と万葉さんの仕事場にもやってきます。

その仕事場はクースレのWEB配信番組の撮影現場。

もちろん万葉さん以外に

千歳、八重ちゃん、京ちゃん、そして百花ちゃんと

全員集合しています。

これは恥ずかしい。

自分が仕事しているところを親に見られるだけでも

恥ずかしいのに、

自分の親を同僚に見られるのは

さらに恥ずかしいと思います。

別にこれは親が田舎の人だからというのが

理由ではありません。

親が見られることで

素の自分が見られている気分になるからです。

でもこれが30代以上になると

何とも思わなくなるのですから

不思議ですね。

万葉さんと万葉さんのお母さんの行動を見て

何か思うところがある百花ちゃん。

万葉さんのお母さんが

万葉さんにかまい過ぎるのに対し、

百花ちゃんママは

百花ちゃんを一人に声優として扱い、

事実上放任状態。

これはこれで正しいと思いますけど、

それを百花ちゃんはイマイチ納得していないみたいですね。

たぶん突き放されている感覚となって

寂しさを感じているのかもしれません。

百花ちゃんママは大人気声優。

だから百花ちゃんが小さい時から

百花ちゃんとママは

すれ違いの生活だったのかもしれませんね。

それがちょっと今でも他人行儀なとこに繋がるのかも。

百花ちゃんはだから万葉さんと万葉さんのお母さんとの

関係に興味があったし、

万葉さんが山形へ里帰りするのに

同行する気になったのかと思います。

だっていつもの百花ちゃんなら

絶対に同行なんてしそうにないですから。

今回のメインテーマの話はこれぐらいでしょうか。

そんじゃそれ以外のことも。

今回、

千歳の口から悟浄くんが

元声優であることが明らかになりましたね。

これまで元役者という話はありましたが

声優だったという話は今回が初めてだったと思います。

でも元声優だったのに

よく千歳が声優になるのを認めましたよね。

普通なら反対すると思いますけど。

次に八重ちゃんの腹黒いところが

少しづつ明らかになってきました。

クースレのWEB配信番組で

千歳のディスりに

「ちーちゃん、死にたいの?」

と咄嗟に返すのは

腹黒くなければできませんw

もちろん計算でこれを言ったのだったら

それはそれでやっぱり腹黒いと思いますしw

でも八重ちゃんの腹黒さが出るのって

今のところ千歳が相手の時だけですよね。

やっぱり同期ということで

他の人間より素が出やすいのでしょうか?

ただ今回百花ちゃんと仲良くなるフラグが立ちましたので

今後百花ちゃんに対しても腹黒さを出していくかもしれませんw

あと最後に九頭P。

九頭Pはやっぱり屑だった。

それだけですねw

次回は山形での温泉回。

たぶんテコ入れ回になるのでしょう。

次回も楽しみです。

ああ、千歳は寝坊したので

山形へ行けるかはわかりませんw

今回のまとめ三行

・万葉さんのお母さん登場

・万葉さんのお母さんと百花ちゃんママの対比

・万葉さんの帰省にくっついて山形へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする