【アニメ】映像研には手を出すな! 12話(最終話)「芝浜UFO大戦!」の感想 「これで終わり?」

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

これで終わり?

最終回を見た後思った感想です。

 

分類的にはオレタタエンドなんでしょうけど、何かすっきりしません。

そういう印象になるように作ったのでしょうけど。

 

 

第11話の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

【アニメ】映像研には手を出すな! 11話「それぞれの存在!」の感想 「芝浜UFO大戦はほぼ完成したけれど」

 

11話の最後に大問題が発生したところで終わりました。第12話はその大問題を解決方法を考えるところから始まります。

 

 

スポンサーリンク

相手の事情も考えることができる金森氏は末恐ろしい

映像研には手を出すな!第12話より引用

 

映像と音楽が合ってない。

完成目前の大ピンチ。

このままだとDVD化できないという事態になりますが、金森氏は冷静です。

 

DVD化を依頼している会社に連絡して、伸ばすのが事実上無理だとわかった時点で契約を破棄しました。

 

水崎氏が言ったように少しぐらい待ってほしいと思った視聴者は多いはず。

でも問題が発生したのはあくまで映像研側の問題であって、DVDを作るか会社には全く関係ない話です。

 

それにも関わらず「深夜まで待つ」と言ってくれただけでもありがたいと思いわなければいけません。

金森氏以外はそういう風に思ってないようですけど。

 

まあ、学生だったら水崎氏のように考えるのが普通かも。

相手の事情まで考えてどうするべきか考慮する金森氏の方が学生として異端なんでしょう。

 

金森氏は末恐ろしいです。

 

 

金森氏のマーケテイングが大成功

映像研には手を出すな!第12話より引用

 

 

浅草氏の案に沿って修正終了。

ギリギリでコメットAに参加できた映像研。

 

水崎氏を使った大規模なマーケティングをやったので、さぞ大行列ができると思ってましたが、そうでもない感じ。

何か拍子抜け。

でもすぐに次の策を考えるのが金森氏の凄いところ。

 

映像研には手を出すな!第12話より引用

 

水崎氏に紙袋をかぶせてあえて顔が露出しないようにします。

見る人が見ればバレバレですけど、顔を隠すことでいろいろな憶測が飛ぶことになり、それがSNSを使って拡散。結果注目を浴びてDVDが売れる。

 

次々に策を繰り出す金森氏。

ホント学生離れしてますわ。

 

 

芝浜UFO大戦を視聴した感想は人によって違うと思う

映像研には手を出すな!第12話より引用

 

完成した芝浜UFO大戦を浅草氏の家で観賞する3人。

そして視聴者もようやく芝浜UFO大戦の全貌を目にすることになります。

 

 

正直評価は分かれると思いますわ。

高校生が作った作戦だと考えれば十分凄い出来です。

その一方アニメとして純粋に見た場合は「う~ん?」って感じになる人が多いと思います。

 

説明は全部作品の絵で行っており、これまで映像研が芝浜UFO大戦を作る過程を見ていれば、ギリギリ内容は理解できるでしょう。

しかし初見さんは1回見ただけでは内容は掴めません。

たぶん音楽を合わないので没にした最初に設定の方がわかりやすかったと思います。

まあ、あれはあれでご都合主義だとか言われたでしょうけど。

 

 

スポンサーリンク

終わりに

映像研を手を出すな!はここで終了です。

最後は見る人によって意見が分かれるような終わり方だったと思います。

まだ1回しか見てないので、数回見れば意見が変わるかもしれませんけど、現時点では終わり方がちょっと弱いかなぁと思いました。

 

2期の製作が決まっていて、まだ先があるならこの終わり方でも良いですけどね。

やっぱり芝浜UFO大戦を視聴した他のキャラの感想を見たかったです。

特に生徒会の書記や教頭の感想を。

 

 

終わってみれば「プロデューサー金森氏が凄かった」という印象だけが残った感じです。

続編が作られるならばもっと浅草氏や水崎氏が凄いと思わせるような感じにして欲しいですわ。