【アニメ】異世界かるてっと2 第10話「決起!がくえんさい」の感想 「スバルたちがリゼロ18話時点の記憶があるのが確定」

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

リゼロ屈指の名シーン。

今回その名シーンが異世界かるてっとの世界でも再現されます。

あくまでセリフだけ。

 

スバルが言ってた通り、名シーンが台無しになりましたが、その一方、スバルがリゼロ1期18話時点の記憶があることが明らかになりました。

記憶があるなら5話でペテ公と会せることができませんわ。

スバルはペテ公に憎しみしかないはずなので。

 

 

あとストーリーの流れが1期の最後と類似しすぎなような気がします。

 

 

第9話の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

【アニメ】異世界かるてっと2 第9話「調査!はじめてのおつかい」の感想 「フィーロが可愛い一方、ベア子のセリフに注目が」

 

第9話はフィーロがメイン。

フィーロの愛くるしさにメロメロになった視聴者多かったと思います。

 

 

スポンサーリンク

学園祭は出店と劇の二本立て!そしてロズワール先生の言葉は信じない

異世界かるてっと2第10話より引用

 

学園祭を成功させれば元の世界に戻れるかもしれない。

確か1期でも同じようなこと言ってましたよね。

体育祭が学祭に変わっただけ。

 

そして体育祭を成功させても結果はご覧の通り。

元の世界に戻れずそのまんま。

 

そりゃあ、アインズみたいに誰もロズワール先生の言葉を信用しませんよ。

 

 

盾の勇者の存在意義があんまり見出せない

異世界かるてっと2第10話より引用

 

今回シャルティアと煽り合いを演じた盾の勇者の尚文。

和を乱す感じの役割を演じていますねえ。

 

まあ、尚文の場合は元の異世界での出来事が酷すぎたので、ラフタリアとフィーロ以外を信用するのはなかなか難しそうですけど。

 

尚文が2組所属ならば、もっと他の作品のキャラと絡むチャンスがあるのですけど、1組所属なので他のキャラと絡むシーンが作りにくいのでしょうねぇ。

だから尚文の他人不信がなかなか改善しない。

 

2期が始まる前はてっきり「尚文が他の作品のキャラと触れ合って他人不信を改善していくようなストーリーになるかも?」と期待してたのですが、現状尚文は居ても居なくても変わりない感じになってますね。

ストレートに言えば存在意義ないじゃん。

 

 

最終回は1期と同じくデストロイヤーとの決戦になりそうですが、1期の時にいなかった尚文の存在が元の世界に戻るキーになったりしたら面白いのですけど。

 

最終回で尚文の活躍見たいです。

 

名シーンが台無しだけどそれなりに収穫はあった?

異世界かるてっと2第10話より引用

 

第10話の放送前から明らかになっていたリゼロ18話のオマージュ。

スバルが言ったように「名シーンが台無し」になってしまいました。

 

ただその一方大きな収穫もありましたね。

それはスバルがレムの「ゼロから」のセリフを覚えていたということ。

覚えていなければ「名シーンが台無し」という言葉は出てこないはず。

 

つまりスバルは第18話の世界線を体験した後にこの異世界にやってきたということがわかります(リゼロのキャラだけはボタンを押してこの世界に飛ばされたというシーンがないので、この世界がリゼロの世界という可能性もありますけどね)。

 

18話を体験したのなら、そりゃあ5話でペテ公と一緒にはできませんよねえ。

スバルはペテ公から散々酷い目に合わされているので。

 

 

スポンサーリンク

先生たちも戻り方を知らない

異世界かるてっと2第10話より引用

 

Cパートの先生たちの話のシーン。

他のシーンと比べてシリアス感が増した感じです。

 

このシーンで大事なのは先生たちも元の世界への戻り方がわからないということ

そしてロズワール先生の「神はいない」というセリフ

 

この世界についてロズワール先生は何か知っているのでしょうか?

それともリゼロ2期を宣伝するために入れただけ?

リゼロの原作本読んでないので、その辺はわかりませんわ。

 

 

異世界かるてっと2第10話の視聴を終えて

 

今回はここで終了。

名シーンが台無しになったところ以外にも見どころ満載です。

次回は学祭本番で、デストロイヤーとの対決になるのでしょうか?

 

残り話数も少なくどういう終わり方になるか読めない本作。

続きが気になりますわ。

 

次回11話の感想記事はこちらからどうぞ。

【アニメ】異世界かるてっと2 第11話「開幕!がくえんさい」の感想 「各々の戦いが今始まる」