【アニメ】異世界かるてっと2 第7話「興奮!しんたいそくてい」の感想 「一番アインズに熱い視線を送るようになったのは?」

スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

今回のタイトルは「身体測定」。

一応サービス回扱いになるのでしょうか?

水着回や温泉回などに比べるとそこまでサービスシーンないように思いますけどね。

 

ただ今回、身体測定はおまけぐらいの内容だったと思います。

全部パンドラズ・アクターが持って行き、そしてパンドラズ・アクターの言葉でアインズに興味を持つキャラが。

アインズはいい迷惑ですわ。

 

 

第6話の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

異世界かるてっと2 第6話「激突!どっじぼーる」の感想 「しおVSケチャップVSマヨ」

 

からあげに何を付けるか?

そんなどうでもよいことでドッジボール勝負をした前回。

案外白熱した勝負となりました。

 

 

 

スポンサーリンク

パンドラズアクターの言葉で一番アインズに興味を持ったのは?

 

アインズは偉大。

これはアインズ配下全員が思っていること。

だから事ある毎にアインズの偉大さを知らしめようとしますが、それが返ってアインズに迷惑を掛けることも。

今回の話はそれが顕著だったと思います。

 

異世界かるてっと2 第7話より引用

 

パンドラズアクターは今回「セレブリャコーフ中尉」、「ラム」、そして「めぐみん」に話掛けるシーンがあります。

結果的にアインズの偉大さを喧伝しているのですが、めぐみんはアインズを同じ中二病仲間と判断してしまい、興味を持たれてしまいます。

 

まあね、アインズ自体中二病と思われても仕方ありませんよ。

部下達の手前、普通に生活することできませんし。

 

めぐみんのアインズへ対する注目は、当然それはアルべドの嫉妬を招く結果となり、アインズは迷惑を被ることに。

ただでさえアルべドはアインズに執着しているのに、新たなるライバル出現と誤解したら、さらに執着するのは確実。

 

アインズは自分では何もしてないのにちょっと可哀想に思えてきました。

 

 

 

さて、セレブリャコーフ中尉はアインズにそこまで興味を持たなかったみたいですが、わからないのはラムです。

 

今回こんな表情のシーンがたくさんあったのですが、もしかしてアインズに注目してこういう顔やってる?

 

異世界かるてっと2 第7話より引用

 

ある意味、パンドラズアクターの言葉に一番影響され、アインズを観察するようになったのはラムなのかもしれませんね。

 

ただラムはロズワール第一なので、アインズへの興味はロズワールの邪魔者になるかどうか判断するために注目しているという可能性も。

 

正直現在の情報だけでは解釈の幅が大きすぎるので。

 

身体測定は女子よりも男子の方に目が行く

 

今回のメインはタイトル通り身体測定。当然サービスショットもあります。

例えばアバンのマーレのシーンとか。

男の娘が好きなファンには堪らないかも。

 

そして何よりアインズの上半身をくまなく堪能できるシーンも。

もちろん骨しかありませんが。

 

異世界かるてっと2 第7話より引用

 

アインズの骨だけシーンはオーバーロード本編でも1回あったぐらいですよね。

結構貴重なシーンかもしれません。

 

一応幼女戦記の男性キャラたちも上半身脱いでいるのですが、やっぱりアインズの方に目がいきます。

 

 

一方女性キャラの方はエロさはナッシングなので、そっち目当ての方は残念でした。

何気に初登場のウィズが身長測定で孤軍奮闘してますが、ターニャとフィーロのアホ毛に邪魔されております。

アホ毛のデメリットがアニメで描かれたのは珍しいかも。

 

 

異世界かるてっと2 第7話より引用

カズマの性格はクラス全員が認識済

身体測定と言えば覗こうとする者が出てくるのもお約束。

当然本作の場合、その担当はカズマ。

 

ほとんどのキャラもそのことを認識しているようです。

こういう何気ないところで仲良くなったことが垣間見えますね。

 

ただ今回のカズマさん、そこまで乗り気ではなかったような気がします。

温泉とかと違って全裸を拝める訳ではないのでやる気がでなかったのか?それとも保険委員が怖いので(レムとシャルティア)遠慮したのか?

どっちなんでしょうかねえ。

 

 

ユリウスの上から目線の意見はユリウスが本編のいつごろの時間軸からこっちに飛ばされたか特定するヒントになる?

異世界かるてっと2 第7話より引用

 

コキュートスとスバルの話が耳に入ったユリウス。

スバルの話を聞き、ユリウスは「彼も騎士の自覚が出てきたようだな」と独り言を言います。

この発言からスバルの評価が上がったことが分かりますね。

つまり裏を返せばスバルの評価が低かったということ。

 

ここから考えると、少なくともユリウスはリゼロ本編の13話から21話の間ぐらいからこっちの世界に飛ばされたと推測されます。

だって魔女教と一緒に戦った記憶があるなら、スバルの評価はもっと高いはずだからです。

 

スバル自身はかるてっと2の4話のセリフから、記憶の混濁が起こっていそうな感じですが、ユリウスには記憶の混濁は起こってないのでしょうかねぇ。

 

 

スポンサーリンク

終わりに

 

今回はここで終了。

一応盾の勇者も出てきましたが、何のために出てきたのかイマイチわかりませんわ。

 

残り話数も少なくなってきましたが、この世界に飛ばされた謎の解明とかはされるのでしょうかねえ。

何かこのまま日常だけで今期も終わりそうな気がするのですが。

 

8話の感想記事を読みたい方はこちらからどうぞ。

【アニメ】異世界かるてっと2 第8話の感想 「1人だけピンポーンへのリアクションが違う」