異世界かるてっと2 第4話「窮地!がくりょくてすと」の感想 「アクアとアインズのテスト勝負の結果は?」

スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

どちらも学力が期待できないアインズ(小卒)とアクア(知力が低い)。

この二人がテストで勝負することになりますが、勝敗は呆気なく決着します。

 

アクアの反則負け。

ただしその切っ掛けを作ったのはアインズ。

 

今回ばっかりはアクアが少し可哀想に思えてきました。

まあ、アインズの第10位階魔法に便乗したようなものなので、アクアも自業自得ではありますが。

 

それはともかく、今回気になったのはアインズとアクアの勝負よりもスバルの記憶がぼやけていること

この世界に飛ばされた理由を知る突破口となるのか?それてもリゼロのキャラをさらに出すためのフラグなのか?

いろいろ考えることができて興味深いです。

 

※追記(2月10日)

スバルの記憶がぼやけたのは怠惰な人が登場する前振りだったようです。

 

 

4話の感想記事を読みたい方は以下のリンクご利用ください。

異世界かるてっと2 第3話「反省!しどうしつ」の感想 「生活指導の恐怖!カズマもアクアも限界?」

 

4話は校長室から赤い飲み物を持ちだすことに失敗したカズマたちが恐怖公から生活指導を受けるお話。

カズマたちを救うためにスバルたちが尽力します。

 

 

スポンサーリンク

異世界かるてっと2を視聴するならAbemaビデオorニコニコ動画で

 

異世界かるてっと2を最速で視聴するならAbemaTVやニコニコ動画で視聴しましょう。

どちらも最新話(&第1話)のみ無料視聴できます。

 

異世界かるてっと2 | 動画視聴は【Abemaビデオ(AbemaTV)】
異世界かるてっと2を見るなら世界最速無料アニメ数No.1のAbemaビデオで!絶対に見たいあの名作から、話題の最新作までラインナップ充実!

 

異世界かるてっと2 [最新話無料] - ニコニコチャンネル:アニメ
ある日突如として現れた謎のボタンを押したら、さらなる異世界に転移してしまった!! 転移先は…まさかの「学校」!? 新たな...

 

 

 

最新話より前の話を視聴したい場合は有料となりますがAbemプレミアムに加入するのがお勧めです。

公式配信なので、ウイルスなどを心配せず安心して視聴できますし、異世界かるてっと2以外のアニメ作品も視聴できます。



アクアとアインズのテスト勝負の結果はアクアの反則負け?

アインズの言った言葉。

「テストが苦手な者もいるだろう」。

 

売り言葉に買い言葉という訳ではありませんが、この言葉とアインズがアクアを見たことでテストで勝負することになったアインズとアクア。

二人とも引っ込みがつかなくなって、いやいや勝負することになったというのが正確だと思います。

 

異世界かるてっと2第4話より引用

 

もともと意地っ張りなところがあるアクアは仕方ありません。

またアインズの方も他の守護者の前で自分から勝負を降りるなんてできませんからね。

威厳がないと思われるといけないとアインズは思い込んでいるので。

 

この辺の塩梅は上手いですわ。

アインズとアクアの性格を酌んで脚本できているのがよくわかります。

 

 

そしてテストの勝負の結果はアインズの勝利。

アクアが自爆したので自動的にアインズは勝利しましたけど、アクアが自爆しなくてもパンドラズ・アクターの作成した問題の意図を察したアインズが負けることはなかったですけどね

 

そこは今回のオチなので、ご自身でEDの後のCパートをご覧ください。

 

カズマ以外の主役クラスには第10位階の魔法が効かない

 

テストに自信がないアインズは第10位階魔法である「タイムストップ」を使用します。

このタイムストップを使えば自分以外の時間を止めることが可能…だったはずなのですが、そのタイムストップを無効化するキャラが3人も。

 

異世界かるてっと2第4話より引用

 

まずはアクア。

こいつはまだわかります。

腐っても女神ですから。

 

 

次にターニャ少佐。

この人も魔法が効かないのはわかりますね。

元の世界で存在Xに時間を止められて、存在Xと対峙するのが日常茶飯事みたいになっているので。

 

 

そして3人目のスバル。

なぜスバルには魔法が効かない。

この人だけは魔法効かない理由がわからん。

 

死に戻り以外だと魔女に愛されていることぐらいしか思い付かないけど。

 

アクアと少佐とスバル、この3人はオーバーロードの世界に飛ばされても生き残るんじゃね?と思えてきます。

 

そして魔法がしっかり効いているカズマだけは普通なんだなと改めて思いますわ。

スバルの記憶があやふやなのは何かのフラグ?

異世界かるてっと2第4話より引用

 

死に戻っても死ぬ前の記憶が残っているはずのスバル。

そのスバルの記憶があやふやになっている描写が今回の話の中にありますが、あれはどういう意図があるのでしょうか?

 

簡単に思い付く可能性は2つ。

1つ目はスバルたちが学生生活を送るこの異世界の秘密につながる可能性。

2つ目はスバルがいつの時点でこっちの世界に飛ばされたかうやむやにすることで、リゼロのキャラ(ペテ公)をスムーズに登場できるようにする可能性。

 

スバルたちがこの異世界に飛ばされた理由が全く明らかになっていない以上、そろそろその謎に繋がるフラグが出てきてもおかしくはありません。

そう考えれば1つ目は大いにありえると思います。

 

その一方リゼロの屈指の人気キャラであるペテ公。

制作側からすれば登場させない手はありません。

でもリゼロのストーリーのうちスバルたちがどこで飛ばされたかで制約される可能性がありますからねえ。

 

スバルたちがペテ公登場前の時間軸(王選の始まりの頃)で飛ばされたならば、ペテ公出てきても問題ありませんが、スバル自身がペテ公知らないので、スバルとペテ公の絡みができなくなります。

 

またその一方ペテ公死んだあとの時間軸から飛ばされたことになると、あるキャラが一緒にいるのがストーリー上おかしくなります。

 

スバルとペテ公の死闘中に飛ばされたという選択肢もありえますが、そうなるとスバルのペテ公に対する憎しみが強すぎて学園生活云々どころではなくなりますからねえ。

 

そう考えるとペテ公を無理なく登場させ、なおかつスバルたちと絡ませるには、記憶の一部をうやむやにするのが一番手っ取り早いですからね。

今回のスバルの記憶の混濁はペテ公登場のフラグ…個人的にはそう思いたいです。

 

終わりに

 

今回はここで終了。

そういえば2期から加わった盾一行は今回も出演しませんでしたね。

せっかく大々的に加わるとアナウンスされたのに。

 

ま、まあ、最後に大きい活躍の機会があるのでしょう。

そう信じたいです。

 

さて次回予告が公開されて、ペテ公の登場が確定しました。

今回のスバルの記憶障害はペテ公を登場させるための前振りだったようです。

 

スバルがいつの時点で異世界転生をしたかぼやかすことで、ペテ公出しても設定上問題なしにできますからね。

 

予告ではペテ公はアルべドに協力するような感じですが、果たしてあのペテ公が無条件で協力するのでしょうか?

 

次回が本当に楽しみですわ。

 

第5話の感想記事を読みたい方はこちらのリンクをご利用ください。

異世界かるてっと2 第5話「勤勉!ばれんたいんでー」の感想 「ペテ公とアルべドの共闘はカオス」