映像研には手を出すな! 2話「映像研、爆誕す」の感想 「アニメ作るために部活作った」

スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

1話ほどの勢いはありませんでしたが、やっぱり面白いです。

想像部分を除けばテンポ良いし、王道パターン通り進むか?というところで微妙に外してくるし。

至るところに飽きさせないように工夫しているのが見て取れます。

 

さて今回はサブタイトル通り、みどりたちが部活を立ちあげるお話。

案外あっさり部活作れて少し拍子抜けしたのはナイショです。

 

 

1話の感想記事を読みたい方はこちらのリンクからどうぞ。

映像研には手を出すな! 1話「最強の世界!」の感想 「3人がアニメを作るストーリー開幕」

 

1話はみどり・金森氏とツバメが出会うお話。

アニメの設定の話で意気投合するみどりとツバメ。そこに金の匂いを嗅ぎ取った金森氏がアニメ制作を持ちかけてましたが。今回はその続きのお話となります。

 

 

スポンサーリンク

部活作る時のお約束が微妙に外されている

 

アニメで部活作る時のお約束。

 

  • 部活の顧問が見つからない
  • 部室がオンボロ

 

この二つを満たす場合が多いのですが、本作の場合は顧問の方は簡単に見つかりました。

でもなぜ顧問を引き受けたのか意味不明。

 

だって「血行が良くなって肩こりが治るかもしれない」という理由で顧問引き受けたのですよ。

普通は顧問引き受けたら肩がさらにコリそうですけど。

 

まあ、もちろん何か他の理由があるのでしょうけど、いやあると思いたい。

ただ本作の場合だったら逆に何も理由がない可能性も。

 

アニメのお約束が微妙にズラされているので視聴者の方も先の展開が読めないですわ。

こういうところが視聴者を作品に引き込むテクニックなんでしょうね。

 

 

一方部室の方はアニメの王道パターン通り、オンボロ設定。

 

映像研には手を出すな!2話より引用

 

オンボロだと今後どういう風に改造していくか興味がそそられますからねぇ。

今回でいうとツバメがソファーを持ち込んで少し快適になってましたし。

 

たぶん旧アニ研の備品を持ち込んでカオス状態になりそうな気配ですけど、それはそれで面白いかも。

ただし背景を作るスタッフさんは大変になるでしょうけどね。

 

 

アニメを作る舞台を整えるために金森氏奮闘す

 

今回の2話で一番活躍していたのは誰か?

そう問われたらやっぱり多くの人が金森氏の名前を挙げることでしょう。

 

映像研には手を出すな!2話より引用

 

映像研が爆誕できたのもほぼ金森氏のおかげですから。

みどりは馬鹿正直すぎるし、ツバメは世間を知らなすぎて理想に走りがちだし。

 

アニメ作る技術は全くない金森氏ですが、そのシビアな目でみどりやツバメのためにアニメを作る舞台をしっかり整えてくれる感じです。

 

アニメのクリエーターって経営感覚が絶望的な人が多いイメージですからね。

その点みどりとツバメは金森氏一緒に部活やることになってラッキーだと思いますわ。

まあ、最初にアニメ作って一儲けを企んだのは金森氏ですけどね。

 

スポンサーリンク

ご都合主義のおかげで舞台は整った?

 

旧アニ研の遺産を引き継ぐことによって、アニメを作る舞台は整った感じですね。

 

映像研には手を出すな!2話より引用

 

さすがに撮影台までゲットできるのはご都合主義過ぎると思わなくもありませんが、こうしないといつまで経ってもアニメ作れませんからね。

 

みどりの妄想は面白いけど、ちょっとマニアックすぎてクドイ感じがしてきますので、個人的には早くアニメを作って欲しいです。

まあ作り始めたら、みどりとツバメが路線を巡って争うことになりそうな気がしますが。

 

 

そういえば今回昔のアニメの作り方の説明みたいなシーンがありましたけど、昔のアニメ作りって改めて大変だと思いましたねえ。

今は色を塗るのはパソコンで一発ですけど、昔は撮影する時のことまで考慮してセル画を一枚一枚塗っていたので。

でもそういうやり方だったからこそ、何とも言えない味のようなものがあったのですけどね。

 

 

あと大雨になるという設定。

他のアニメだったら3人が大変な目に合うというストーリーにしがちですが、雨に濡れたぐらいにしか使いませんでしたね。

 

妄想パートは大げさだけど、現実パートは控えめにして対比させようとする演出なんでしょうかねえ。

 

 

 

終わりに

部室、顧問、設備が一通りそろっていよいよ映像研が本格的に動き出しそうな感じですね。

まあ、その前に部室の修理があるかもしれませんが。

 

ここまでは一糸乱れることなく動いている3人ですが、そろそろ波風立つようなストーリーもみたいような気がします。

 

次回は一体どうなるか?

早く続きがみたいです。

 

3話の感想記事を読みたい方はこちらのリンクご利用ください。

映像研には手を出すな! 3話「実績を打ち立てろ!」の感想 「予算ゲットのためにアニメを作る」