星合の空 11話の感想 「眞己たちの試合結果も気になるが最大級のフラグが立っちまった」

スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

いよいよ眞己・部長ペアの出番。

部の存亡が掛かった大事な試合ですが、呆気なく終わりました。

アラシとの練習試合での経験がここで生かされるなんて。

この辺はシナリオの作り方が上手いです。

これで部の存続は確定でしょう。良かったですわ。

 

ただ今回は試合結果以上の出来事が起こるフラグがCパートで立っちゃいましたからね。

試合結果云々よりも不穏なフラグが。

 

あいつらは俺の大事な弟だ。だからあの二人は何があっても俺が守るよ」。

 

あの~、次回最終回なんですけど。

これあと1回でしっかり回収できるの?

 

10話の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

星合の空 10話の感想 「運命の地区大会始まる!!そして部の命運は眞己と部長へ」

 

いよいよ始まった運命の地区大会。

1勝すれば部の存続が敵うのですが、二組連続敗退。

すべては眞己・部長コンビに託されました。

 

 

スポンサーリンク

強敵日下部ジョイ攻略は練習試合の経験が役に立った

 

男子ソフトテニス部の存続のためには絶対に負けられない試合。

ただ相手は以前偵察した相手である日下部ジョイのペアです。

 

最初の1ゲーム目は明らかにジョイペアが優勢。

その身長を生かしたリーチの広さに眞己と部長は手も足も出ません。

 

そこで眞己は考えます。

どうすれば勝てるか?

 

そして導き出された答えはジョイのパートナーの方にボールを飛ばすこと

これ、アラシと練習試合した時に使った戦法ですよね。

 

あの練習試合の経験がこんなところで役に立つなんて。

 

その後は形勢逆転し、試合の結果は…。

 

星合の空11話より引用

 

 

見事逆転で眞己・部長ペアの勝利!!

やったぜ!!

 

星合の空11話より引用

 

 

この1勝は本当に大きいです。

この1勝で部の存続が決まったのですから。

 

まあ、さすがに生徒会長も約束反故にして男子ソフトテニス部を潰そうとはしないでしょう。

ただまだ確実に存続できると決まった訳ではありません。

だって生徒会が存続を認めても、モンスターペアレントの横やりで潰される可能性がゼロではないので。

 

難敵直央の母親は今回動かず!!そして副部長は本当の母親と対面?

 

地区大会に出場して生気が蘇った感じの直央。

その直央は母親からの電話を無視します。

 

直央もやっと母親に反抗できるようになったか、と言いたいところですが結構マズい感じもこの時はしました。

だってあの母親ですよ。

完璧なモンスターペアレントの。

 

直央が自分に従わない→全部男子ソフトテニス部が悪いと曲解して、学校に部活を潰すように圧力掛けてくる可能性がありますからね。

 

 

でもなぜか今回は動かない直央の母親。

 

星合の空11話より引用

 

今回だけは直央を不問にふすようです。

 

今後は直央のことにあまり口出ししないで欲しいですけど、無理でしょうねえ。

 

 

さて直央以外にもフラグの回収が始まったキャラが。

それが副部長です。

 

本当の母親が会いたがっていると養親から聞いていた副部長ですが、まさか本当の母親が副部長の試合を見ていたとは。

 

まあ、試合をこっそり見るぐらいなら良いのですけど、そのことを副部長にメールで教える必要ないじゃん。

それも自分が帰る前に。

 

副部長は周りを見渡し、それらしい女性が去っていくのを見つけます。

そして追い掛ける副部長。

樹が一緒に付いていくますが、一体どうなるのでしょうか?

 

 

 

勝ち進んだ眞己と部長の前に立ちはだかる大きな壁!!そしてCパートで大きいフラグが立つことに

 

日下部ジョイのペアに勝利した眞己・部長ペア。

そこからは快進撃が始まります。

 

2回戦、3回戦も勝利した眞己・部長ペアですが、次の試合でトンデモナイ強敵と試合をすることになります。

 

 

星合の空11話より引用

 

次の相手は五瀬兄弟(双子)。

いつぞやアラシと眞己たちが一緒にいる時に出会った奴ら。

そして去年の全国優勝ペアでもあります。

 

試合の最初から完全に五瀬兄弟のペースで手も足もでない眞己と部長ですが、眞己は勝負を諦めません。

さあ、続きは最終回。

果たして眞己・部長ペアは五瀬兄弟に一矢を報いることができるのでしょうか?

 

 

とBパートが終わった時点で思っていました。

ところがCパートで試合の勝敗なんて吹っ飛ぶような展開が待っていたのです。

 

何か吹っ切れたような部長の母親と話をする部長の兄である涼真。

 

星合の空11話より引用

 

そしてこの記事の最初の方に引用した涼真の言葉、

 

あいつらは俺の大事な弟だ。だからあの二人は何があっても俺が守るよ」。

 

「あいつら」という複数形になっていること、そして何より二人って言ってますからね。

一人はもちろん部長ですけど、後一人は…。

 

普通に考えれば眞己ですかね?

もしかして部長と眞己って双子?

でも顔似てないし。

 

ホントよくわからん。

後1回しか放送ないのに、こんなデカいフラグ立てないでくださいよ。

ただでさえ、眞己と父親の決着がまだ付いてないのに。

 

 

終わりに

今回はここで終了。

最終回どうなるのでしょうか?

 

今回新たに立ったフラグ以外にもまだ回収されてないものがあるのに。

本当に続きが気になります。

早く続きを見せてくれ。

 

12話(最終話)の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

星合の空 12話(最終話)の感想 「試合後の高揚感は消え、残ったのは少年達の傷ついた心のみ」