旗揚!けものみち 12話(最終話)の感想 「予定調和というか無難に終わった」

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

本作も今回で最終回。

正直無難な「俺たたエンド」で終わりました。

もうちょっとどんでん返し的なことがあればもっと盛り上がったのですが、上手くまとめ過ぎて逆に心に何にも残らなかった感じですわ。

 

 

11話の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

旗揚!けものみち 11話の感想 「源蔵に特訓してもらったカーミラの試合結果は?」

 

11話は第2回闘技大会本番。

源蔵に特訓してもらったカーミラが意外と頑張りましたが、最後の爪が甘く敗北することに。

残りはメーンイベントの源蔵対MAOを残すのみというところで終わりました。

 

 

スポンサーリンク

ケモナーマスクとMAOの戦いの勝者は?

今回のメインはやはり源蔵とMAOの戦いの行方。

マスクをつけケモナーマスクとしてMAOと戦った源蔵ですが、結構苦戦してましたね。

一瞬で源蔵が勝つと思っていたのに。

 

まあ、途中でいろいろ邪魔が入ったり、観客巻き込んでの大乱戦になったりしましたからね。

 

ただイオアナたちがひろゆきを誘拐しようとするシーンはいらなかったかも。

あれは既に三人組が別の回でやってますからね。

もう一度三人組がやるのなら、三人組が際立って良かったのですが。

 

個人的には三人組にもっと活躍の機会を与えてほしかったですねえ。

ヤッターマンとかのドロンジョ一味みたいに毎回源蔵たちにチョッカイ出して痛い目に合うキャラだと期待していたのに、あんまり出番がなかったので。

 

さて試合自体は源蔵ことケモナーマスクが勝利。

 

旗揚!けものみち 12話より引用

 

二人が戦うシーンは良かったです。

止め絵も多かったですが、見せ場では絵がだいぶん動いてたので。

 

 

プロレスで人間と魔物は融和できる

戦い終わったらノーサイド。

源蔵とMAOだけでなく、人間と魔物も仲良く打ち上げです。

 

もう勇者なんていらないかもしれませんね。

プロレスを通して人間と魔物は融和できるのですから。

 

案外この作品のテーマってその辺だったのかもしれませんね。

 

 

さてその一方、今回の闘技大会で大儲けすることを企んでいたシグレさん。

クラウスの手元に集まったお金を見てこんな顔に。

 

旗揚!けものみち 12話より引用

 

お金の前では本当に素直な顔になりますね。

 

ただ源蔵たちの大乱闘で発生した修理費、花子の食った飯代、そしてカーミラの酒代でシグレの取り分はマイナスへ。

うん、知ってた。

大乱闘になった時点でこの結末は。

 

旗揚!けものみち 12話より引用

 

源蔵たちを〆るために源蔵たちの元へやってくるシグレ。

たぶんここの飲食費もシグレが負担することになるんでしょうねえ。

 

でもシグレも本望でしょう。

人間と魔物の合同打ち上げをしている姿を見れたのですから。

何やかんや言ってシグレは源蔵の理想に損得抜きで共鳴するところがありましたからねえ。

 

ペットショップは実現しませんでしたが、人間と魔物の融和に関しては達成できたので。

 

終わりに

今回はここで終了です。

もっと弾けた内容を期待してましたが、最後まで無難で終わってしまったのが残念ですね。

同じ作者さんということでこのすば的な笑いの箇所が設けれられたいたのが良い点であり悪い点であったのかも。

このすばを見ていたので、本作を見てもインパクトに欠けたという感じですね。

 

 

ただ最後まで落とさず12話を最後まで放送できた点。

そしてヒロインたちに若手声優さんをたくさん起用したところは十分評価できると思います。

最近は同じ女性声優ばかり起用する作品が多いですからね。

脇を売れっ子声優さんで固めるのはいいですが、メインヒロインなどはどんどん新人さんを起用して育ててほしいですわ。

 

 

最後になりますが、12話興味深く視聴できました。

製作に携わったスタッフのみなさん、本当にありがとうございました。