トクナナ 10話「十番目の竜」の感想 「七月の体が頑丈な理由」

スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

トクナナタイトル画像

 

 

感想(ネタバレあり)

 

1話から傷を負ってもすぐに治癒してしまう七月。

頑丈だという言葉では説明できませんでしたが、ようやくその理由が明らかになります。

実は七月、エアポートテロ事件の際にドラゴンの力を継承してしまったのです

一応人間ですが、体の頑丈さはドラゴンと同等ということに。

 

また同時にウォ―ロック自身が竜であることがほぼ確実になります。

そしてその強さはショッピングモールで召喚されて竜の超える。

 

かなりヤバい話ですが、さらに悪いことに三潴ルカ関連で七月が精神的に参ってしまいます。

公安が動き出し、トクナナ自体もヤバいのに。

 

あと前回枇杷島から七月が授けられた義眼について。

ベルメールが調べているようですが、警備のために後回しに。

義眼を調べるのを優先させるべきだと思いますけどね。

 

 

今回ストーリーのテンポがいきなり速くなって、面白くなったと思います。

ストーリーに付いていくのが大変ですけどね。

 

 

9話の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

トクナナ 9話「九年の憤怒」の感想 「七月と二条!!枇杷島に因縁があるのに二人の行動を分けたのは?」

 

9話ではナインを裏切った枇杷島をトクナナが守るお話。

最終的に枇杷島は暗殺されてしまいますが、枇杷島は自分の義眼を七月に託します。

たぶん義眼の中に何かデータが入っているのでしょうね。

 

スポンサーリンク

裁判所で再会するウォ―ロックと七月!!

ウォ―ロックの裁判の警備に駆り出されるトクナナ。

まあ、ナイン対策の部署などで仕方ないとは思いますが、こういう仕事って警備部がやるものだと思いますけどね。

 

ともかく裁判が始まりますが、ウォ―ロックの弁護士が暴走。

裁判官と検察官を指からビームみたいなものを出して倒してしまいます。

 

そう、実は弁護士が本物のウォ―ロックだったのです。

だからテロの首謀者なのに、外で自由を謳歌していたのですね。

でもだったらわざわざ裁判に顔を出す必要なんてないのに。

 

 

まあ、あとで課長が話しますが、ドラゴンは信仰されることによって強くなるそうです。

そして信仰される手段は恐怖でも尊敬でもOK。

たぶんウォ―ロックは日本中が注目していた自分の裁判を利用して自分に対する信仰を集めようとしていたのでしょう。

だから裁判官と検察官を殺害するシーンをネットに流したのかと。

 

ここまでの情報を総合するとウォ―ロック=竜であることはほぼ確定だと思います。

今までの不可思議な力も竜のものだとしたら一応辻褄が合いますので。

 

さて丁度裁判所の傍聴席にいた七月。

エアポートテロ以来、初めてウォ―ロックとの再会を果たします。

 

ウォ―ロックの方は七月のことを覚えているらしく、七月を助けた三潴ルカの名前を出して七月に対して精神攻撃を仕掛けてきます。

 

熱血バカな感じの七月ですが、自分を助けたくれた三潴ルカに対して、尊敬と共に申し訳なさがあったのです。

七月を助けなければ三潴ルカは死ななかったはずだと。

 

そこを付いてくるウォ―ロックはさすがとしか言えません。

さらに三潴ルカは生きており、悪事に手を染めていることまで七月に教えてあげるウォ―ロック。

容赦ないですねえ。

 

一ノ瀬のおかげで脱出に成功しますが、七月はしばらく役に立たなそうですわ。

 

 

 

ウォ―ロックに勝つにはトクナナ全員の力が必要?

ベトナム料理屋に集合するトクナナの面々。

ウォーロックのことだけでも大事なのに、ここにきて公安が動き始め、トクナナを解散させようとしているようです。

それにしても公安を重武装化して何するつもりなんでしょうか?

公安の仕事ってそんな荒っぽいことではないはずなのに。

もしかして自衛隊と張り合うつもり?

 

つ~か、竜相手するならもう自衛隊にすべて任せた方がいいと思いますけどね。

警察の手に負える段階を超えていると思いますが。

 

まあ、ともかく内憂外患状態のトクナナ。

ここでようやく課長が七月のことを一ノ瀬たちに話します。

 

エアポートテロの時、七月は竜の力を継承している。

だから体が頑丈であること。

そして七月とトクナナの他のメンバーが力を合わせなければウォ―ロックに勝てない。

またトクナナのメンバーたちの家族に危険が及ぶかもしれない。

 

7話でトクナナのメンバーたちの家族との話が描かれていましたが、ここでトクナナのメンバーたちの葛藤に繋げるつもりだったんですね。

警官としての責務と家族の安全、どっちを優先するか迷うはずなので。

 

また七月はまだ精神的に復活しておらず、すぐに戦える状態ではなさそうです。

 

一方課長に辞表を提出した二条は自分の手で兄である三潴ルカを始末しようとします。

模範的だった警官だった兄がさらに悪事を働くのを見たくはないと言った感じでしょうかねえ。

二条は二条で精神的に追い込まれるているようにも思えます。

 

スポンサーリンク

終わりに

今回はここで終了。

ウォーロックはまた何かやらかすつもりでしょうねえ。

 

そしてそれを止めるためにトクナナが全力を挙げるというストーリー展開になると思います。

ただどう動くかわからないのが公安。

ウォーロックが動きたした途端、公安がトクナナを潰そうとし始めましたからね。

もしかして手を組んでいる?または公安がウォ―ロックに良い様に動かされている?

 

どちらにしてもトクナナにはキツイ展開が続きそうですね。

次回はどうなるか。

今から待ちどおしいですわ。

 

11話の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

トクナナ 11話「十一時の戦争」の感想 「ドラゴンVSトクナナの警視庁屋上決戦始まる!!」