旗揚!けものみち 9話の感想 「尻姫の源蔵詣は続く」

スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

守りたいこの笑顔。

 

尻姫(けものみち)

旗揚!けものみち 9話より引用

 

そう言いたくなるような笑顔です。

でもこんなに綺麗な人でも源蔵のせいであだ名は「尻姫」。

今までは城の中だけの知る人ぞ知るあだ名でしたが、今回公衆の面前で尻を晒したために、今や誰でも知っているあだ名に。

 

それで吹っ切れたのでしょうか、ほぼ源蔵の元へ日参することに。

ここまでやっても姫になびかない源蔵はある意味凄いです。

 

 

8話の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

旗揚!けものみち 8話の感想 「プロレス興行大成功!!でも最後にオチがついた?」

 

8話はプロレス興行本番。

見事興行を成功させた源蔵たちですが、壮大なオチがついて、再び貧乏生活へ。

 

 

 

スポンサーリンク

尻姫が源蔵の元へ日参!!でも源蔵は今日も尻姫にお仕置きを

 

唐突に源蔵の元を訪問した尻姫。

やって来た目的は源蔵に魔王討伐をしてもらうこと。

まあそのために姫は源蔵を召喚したのですからね。

 

現在のところ、源蔵に逃げられ、魔王討伐は達成できず、そして自分は源蔵のせいで尻姫という屈辱的なあだ名を付けれる始末。

姫としては何としても源蔵に魔王討伐してもらわなければ立つ瀬がありません。

 

しかし源蔵は魔王を討伐する気持ちはナッシング!!

 

それどころかやってきた尻姫に再び尻丸出しの屈辱を味あわせることに。

 

さすがに尻姫の尻丸出しのシーンの画像を貼る訳にはいきませんので、興味がある方はAbemaビデオなどで視聴しましょう。

 

 

しかし源蔵に尻丸出しの屈辱を再び味あわされたことで吹っ切れたのでしょうか?

源蔵の元へ日参するようになった尻姫。

 

旗揚!けものみち 9話より引用

 

 

源蔵に惚れた?

というか、源蔵から尻丸出しの屈辱を受けることが快感になったのような感じに見えますね。

 

たぶんこれまで王族として甘やかされて生きてきて、源蔵から始めて屈辱を受けた。

そしてそれに体が反応して、何度も屈辱を求めるようになった。

 

案外尻姫ってこのすばのダグネスポジションなのかもしれませんね。

作者さん同じですし。

 

今後尻姫にMっ気が目覚めるか注目しなければいけませんわ。

 

 

そういえば尻姫さん、シグレとは融和的な関係を築きますが、源蔵のところの厄介者カーミラとは完全に敵対関係となります。

 

 

旗揚!けものみち 9話より引用

 

 

まあ、花子が魔王軍の幹部で、カーミラはそのお付の者なので、魔王討伐を目指す尻姫と仲良くなれる訳ありませんけどね。

 

一方カーミラの主人である花子はカーミラにも尻姫にも組せず、自分には関係ないという立場を維持するようです。

下手にどちらかの肩を持つと面倒なだけですからね。

 

ただ尻姫が食べ物とかで釣ったら、すぐに尻姫側に立ちそうな気もしますが。

 

 

MAOの蠢動が始まり、源蔵との決戦が迫る?

旗揚!けものみち 9話より引用

 

 

イオアナに召喚されたMAO。

源蔵との決着を付けるため、源蔵の居場所を探します。

その過程で源蔵の友であるオークキングと戦ったりしますが、未だ源蔵の居場所を特定できず。

 

ただその過程でMAOの元に集まった魔物は結構な数に。

どいつもこいつもMAO=魔王と勘違いしているのでしょうね。

 

MAOにとって大事なのは源蔵と決着を付けること。

それ以外はどうでもいいのですから。

 

圧倒的な強さを見せるMAOですが、今回苦手なものが明らかになります。

それは子犬。

ひろゆきそっくりの子犬のような魔物に懐かれて、顔色が変わるMAO。

これ、源蔵に勝ってもひろゆきが出てきたらMAOがひろゆきに負けるというフラグでしょうか?

 

本作はひろゆき推しで制作されていますからね。

案外最後にひろゆきがMAOを倒すような展開になっても不思議ではないと思いますわ。

 

 

スポンサーリンク

終わりに

今回はここ終了。

オークの似顔絵でMAOがこの異世界に召喚されたことを知った源蔵。

自分から行動するようなことないかもしれませんね。

 

だってMAOはケモノではないので。

 

 

魔王が獣ということで興味を少しもった源蔵ですけど、魔王=MAOだと思ったら絶対興味無くすと思いますわ。

所詮獣以外はそういう感じなので。

 

今回は尻姫メインだったと思いますが、ストーリー的にはMAOの話の方が重要だったような気がします。

 

次回は源蔵とMAOが再会するのでしょうか?

次回も楽しみです。

 

10話の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

旗揚!けものみち 10話の感想 「相棒行方不明で源蔵大パニック」