グラブル【アニメ2期】 7話の感想 「セレストの中を大冒険」

この記事は約4分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

今回はセレストに食べられちゃったルリアたちがセレストの中を冒険するお話。

またそれに平行してグラン達がルリア達を助けるために儀式を行ってセレストを呼び出そうとします。

 

ぶっちゃけ、今回あんまり面白くなかったです。

変に尺伸ばしているような感じだったので。

絵はキレイでしたけどね。

 

6話の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

グラブル【アニメ2期】 6話の感想 「オルキスたちと一緒に霧の島の謎を探る」

 

6話はグラン達がポンメルン率いる帝国軍から逃れるために霧の包まれた島へ。

そしてそこでオルキスたちと遭遇し、島を脱出するために共闘するお話でした。

 

スポンサーリンク

ルリアたちがセレストの中を大冒険

 

今回の冒頭、セレストに飲み込まれてしまったルリア、オルキス、イオの3人。

一応年長者ということでイオがルリアとオルキスを引率してセレストの中を冒険することになります。

 

 

それにしてもセレストの中って不思議な世界。

イオたちが扉を開けるたびに違った世界に迷い込んだ感じ。

この辺の背景はかなりキレイです。

 

そして謎の部屋のようなところへ。

 

グラブル2期7話より引用

 

ここでセレストの秘密を知ることになる3人。

まあ正確にはセレストを操っている亡霊みたいなやつの目的のようなものを知ることになります。

 

セレストに飲み込まれた者は記憶を奪われて、思い出の風景だけが残る。

これまでイオたちが見てきたキレイな風景はすべてイオの思い出だったのです。

そして思い出を奪われる代わりに永遠の時を生きることになる。

この魂の座で。

 

記憶奪われたら永遠に生きることができても意味ないような気がしますけどねえ。

 

だって記憶ってこれまで起こったことすべてを指すはずなので、記憶奪われたらこれまでの自分が身に付けてきたことや経験もすべて奪われてしまいますからね。

それでは何もできず、ただぼーっとしてるしかないですから。

 

 

グラブル2期7話より引用

 

必死に抵抗しますが、結局記憶が奪われそうになる3人。

まさに危機一髪ですわ。

 

 

 

ルリアを救うためにグランたちは儀式を行うことに

グラブル2期7話より引用

 

 

一方グラン達は100年前にこの状態を作り出したと思われる医師がやった儀式を再現しようとします。

ルリアを助けるためにもセレストを出現させなければいけませんので。

 

フェリが見つけた書籍に載ってた方法で見事セレストの召喚に成功するグラン達。

さあ、ルリア達の救出だ!!

 

という感じで今回は終了。

 

アルビオン編の時も思いましたが、丁寧にやり過ぎて間延びしている感じがしますねえ。

最近のアニメってテンポ重視の作品が多いので、丁寧過ぎると長すぎると思えてきます。

 

グラブルは原作がゲームであり、まだまだアニメできるエピソードは山ほどあるので、丁寧に作るよりテンポよく新しいエピソードの飛んだ方が良かったような気がしますわ。

 

 

終わりに

 

次回にはこのセレスト編終わりますかね。

そしてOPの順番にアニメ化されるならラカムの話になりそうですが。

 

ともかくまずは今のセレスト編が終わる方が先。

次回こそキレイに終わって欲しいですわ。

 

8話の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

グラブル【アニメ2期】 8話の感想 「シーンとシーンが繋がらないところや端折ったところが多過ぎ」