慎重勇者 6話の感想 「聖剣なくても何とかなるさ」

この記事は約4分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

やっぱり聖哉は良い奴です。

自分の荷物持ちとはいえ、聖剣諦めてまで守ろうとはしませんよ。

 

前々回のマッシュにしろ、今回のエルルにしろ、聖哉への信頼度マックスになったことでしょうね。

二人とも荷物持ちのままですけど。

 

 

5話の感想記事はこちらのリンクからどうぞ。

慎重勇者 5話の感想 「エルルの存在意義とは?」

 

5話ではマッシュやエルルの故郷である竜族の村を訪問した聖哉たち。

そこでエルルの使命と聖剣との関係が明らかになりました。

 

 

 

スポンサーリンク

聖哉は魔王を倒せる聖剣よりも大事な荷物持ちを選択する

仲間を取るか?魔王を倒せる聖剣を取るか?

なかなか難しい選択です。

 

でも普通なら後者を選択する者が多いでしょう。

だって魔王を倒さなければこの世界を救えないから。

1人の犠牲で聖剣をゲットして魔王を倒せば、多くの人達を助けることができるから。

 

慎重勇者6話より引用

 

でも聖哉は仲間、いや、荷物持ちの方を取ります

聖哉らしいと言えばらしいですね。

「聖剣で魔王を倒せる」という部分に疑問を持つのですから。

 

もちろんこれは聖哉が取って付けた理由にも思えますが、聖哉だったら考えそう。最初は慎重すぎる性格に霹靂してましたが、その慎重すぎる性格がカッコいいと思える日がくるとは。

 

 

トカゲババアのやりそうなことは予測済

 

荷物持ち、つまりエルルを救う方を選択したため、竜族の女王であるトカゲババアと戦うことになった聖哉。

問題なのはこのトカゲババア、聖哉並みに慎重だったということです。

 

予め料理や酒に痺れ薬を入れて生贄の儀式に邪魔が入らない様にする慎重さ。

 

慎重勇者6話より引用

 

ただ慎重さで言ったらさらにその上を行くの聖哉。

トカゲの作ったモノは食えんということで、食ったフリして全部吐き出していました。

 

さすが聖哉。

もうこの言葉しか出てきません。

 

ただトカゲババアは術を使って何としてもエルルを殺そうとします。

もうね、聖剣云々よりも殺さなければ自分のこけんに係わるといった感じのような気がしてきました。

 

 

慎重勇者6話より引用

 

さらにアルティメッド・ウォ―ルという技で自分の防御力を上げるトカゲババア。

エルルを救うにはトカゲババアを倒さなければならないのに。

 

でも心配ご無用。

こうなることは聖哉も想定済。

そして…。

 

 

慎重VS慎重は聖哉の勝利。

やはり元祖慎重は強かった。

 

 

ただこれで聖哉は聖剣イグザシオンを入手する術を失いました

マッシュやエルル、そして他の竜族の前ではゲットしたように芝居を打ちましたが、ゲットできないはかなり痛いですね。

 

だってED前に出てきた魔王強そうですもん。

聖職者の屍の上にたつ魔王。

もう普通に勝てる気しません。

 

 

スポンサーリンク

終わりに

 

今回はここで終了。

既に世界の7割は魔王軍の支配下におかれ完全にヤバそうな気配。

エルルを守るためとはいえ、イグザシオンを得られなかったことは痛いです。

 

ただ聖哉だったら何とかなりそうな安心感がありますわ

 

さて聖哉たちの前に現れた兵士たちは何者なんでしょうか?

次回も楽しみです。

 

7話の感想記事を読みたい方はこちらのリンクからどうぞ。

慎重勇者 7話の感想 「新キャラロザリー相手でも容赦ない聖哉さんは流石です」