機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第27話「嫉心の渦中で」の感想 「あっちもこっちも不穏な空気が漂ってますわ」

z12

 

感想(ネタバレあり)

 

前回最後の最後で登場したバルバトス。

今回はバルバトス無双から始まりました。

クーデリアを襲うためにやってきた海賊のモビルスーツは

バルバトルに全く歯が立たず。

 

でも無理に使ったためバルバトスがオーバーヒートw

追撃すれば全滅させることだってできたのにw

 

 

 

スポンサーリンク

あっちこっちで不協和音が

 

クーデリアを海賊夜明けの地平線団に襲わせたのはやっぱり

前回クーデリアに軽くあしらわれた

眼鏡かけたおっさんのアリウムでした。

 

でも鉄華団にコテンパにやられた夜明けの地平線団は

このままでは引きさがれず、

アリウムの言うことを聞かなくなります。

よくあるパターンですね。

 

さて鉄華団の方は夜明けの地平線団が艦艇10隻を擁する大戦力を持っており、

が自分たちより戦力が上のために

結構深刻に考えています。

昔のオルガなら深く考えなかったかもしれませんけど、

調子に乗らず、

しっかりと考えるようになったのはやはり

これまで経験と

ここまで鉄華団を大きくしたという自信の賜物でしょうね。

 

その頃、

三日月とクーデリアは久しぶりに再会します。

でもいいところでアトラが登場。

一応お揃いのブレスレットを渡すという理由がありましたが

絶対に邪魔したんだろうと思います。

たぶん無意識のうちに。

 

 

三日月とクーデリアが再会しているころ、

基地の正面玄関に懐かしいおっさんが。

久々の登場のちょび髭トドさんw

どうやら仕事を鉄華団にもってきたようです。

そして依頼主は当然・・・。

 

マクギリスはオルガに仕事を依頼します。

仕事の内容は夜明けの地平線団の殲滅。

そうクーデリアを襲った海賊たちです。

 

タイミングが良すぎて怪しいですけど、

マクギリスの力を借りることができれば

鉄華団より戦力を持っている夜明けの地平線団相手でも

かなり良い戦いができるはず。

 

オルガに選択の余地はありません。

オルガはマクギリスからの依頼を引き受けます。

 

 

一応オルガは上部団体であるテイワズに許可を得て、

夜明けの地平線団殲滅に繰り出します。

 

でもそのとばっちりが地球支部に。

地球支部に送られる予定だったモビルスーツが送られず、

地球支部の戦力が整いません。

もともとオリジナルの鉄華団の団員だったチャドは

本部のやり方に理解を示しますけど、

鉄華団が名を上げた後参加したメンバーはいろいろ不平を持っているよう。

なんか鉄華団の内部も不穏ですねえ。

 

不穏といえば、

いろいろ不平を言ってたハッシュが

アラヤシキの手術を求めて直訴。

 

そしてハッシュの回想へ。

どうやらハッシュの仲間が

アラヤシキの手術に失敗して自信喪失。

それを身近で見ていたハッシュは自分がアラヤシキの手術を受けて

自分たちの仲間の希望の星になるつもりのようです。

 

だからアラヤシキの手術を受けて大活躍している三日月に

嫉妬に似た感情を持っていたのですね。

 

 

火星に進む艦艇群。

マクギリスを出し抜くため、

ラスタルはイオクとジュリエッタを派遣します。

どうやらあの仮面の男の進言らしいですが、

あの仮面の男、

一体何者なんでしょうかw

 

火星でマクギリスに与する鉄華団と

ギャラルホルンの月外縁軌道統合艦隊の激突しそうな感じですね。

 

次回も楽しみです。

 

今回のまとめ三行

 

・無茶し過ぎでバルバトスがオーバーヒート

・マクギリスから仕事の依頼

・ハッシュの目的はアラヤシキの手術をしてMSのパイロットとして成功すること?