旗揚!けものみち 5話の感想 「その人は魔王じゃなくてMAOだから」

スポンサーリンク




 

感想(ネタバレあり)

 

今回は現代世界でケモナーマスクのライバルだったMAOがメインのお話。

まさかMAOまで異世界に召喚されてしまうとは。

MAOはただのプロレスラーであって魔王ではないのに。

 

MAOまで召喚されたのは異世界でプロレス興行する流れか?

今回別の場面で源蔵がプロレスの技を繰り出して、それを銀行の人が見ていたし。

 

 

 

4話の感想記事はこちらのリンクからどうぞ。

旗揚!けものみち 4話の感想 「ストーリーの流れがパターン化してちょっとマンネリな気がしてきた」

 

4話はCパートで新しいキャラの登場を予感させる終わり方でした。

今回あのキャラたちは出てくるのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

魔王と間違われてMAOも異世界へ

旗揚げけものみち5話より引用

 

正直MAOより後ろのAbemaTVの壁紙の方に目がいきますが。

本作ってAbemaTVの関連会社も制作委員会に入っているのでその縁でこの壁紙になったのでしょうねえ。

 

まあそれはどうでもいいですけど。

 

現実世界で源蔵ことケモナーマスクのライバルだったマカダミアンオーガことMAO。

これまで何度もケモナーマスクにプロレスで敗北し、ケモナーマスクに勝つことだけが生きがいだったのですが、試合中に源蔵が異世界召喚されたため、ケモナーマスクに勝つことができず。

 

いきがっていますが、見てて可哀想になってきますね。

編み物してもケモナーマスクの模様を編み込むぐらいですし。

それだけケモナーマスクの存在はMAOの中で大きかったのでしょう。

 

でもそんなMAOを天は見捨ててませんでした。

 

何とMAOも異世界召喚されてしまったのです。

その代わり魔王軍側にですけど。

 

前回の最後に出てきたCV雨宮天さんのキャラって魔王軍側の奴だったのですね。

これは花子と因縁がありそうな感じがします。

 

旗揚げけものみち5話より引用

 

 

さて、現実世界の魔王と勘違いされて異世界召喚されてしまったMAO。

まあでもケモナーマスクがいる世界にやってこれたのはまさに僥倖。

 

そのうち源蔵と再会することになりそうですね。

ただ問題はMAOがケモナーマスク=源蔵ということを知っているかどうか。

たぶん知らないでしょうねぇ。

 

ひろゆきの可愛さは万国共通!!そしてアリさんは多芸過ぎる

さて源蔵たちが家を離れている間、1話に出てきた狼人の兄ちゃんと猫人が源蔵に仕返しするためにひろゆきの誘拐を企てます。

 

旗揚げけものみち5話より引用

 

もちろん失敗しますが、誘拐を阻止したのはお手伝いさんばりに頑張るアリさん。

 

旗揚げけものみち5話より引用

 

アリさんって喧嘩も強かったのですね。

ホントに万能過ぎます。

1話の最後に出てきてから毎回出演しているアリさん。

本当に何者なんでしょうか?

 

まあたぶん正体は凄い奴だったというパターンなんでしょうけど。

アニメの中で正体がわかるようなシーンが描かれるのでしょうか?

 

 

さてアリさんから誘拐未遂の話を聞いた源蔵は大激怒。

狼人や猫人の根城に殴り込み、しっかりとお仕置やっちゃいます。

 

まあ、お仕置きというよりは源蔵が溜まった鬱憤を晴らしているとしか見えませんけど。

街中で豪快にプロレス技を披露した源蔵に住民たちは大喝采。

そしてそんな様子を見てたが源蔵担当の銀行員。

 

これだけ盛り上がるのだったらプロレスで金策できるかも?と銀行員が考えても不思議ではありません。

これは源蔵がプロレスで金を稼ぐフラグでしょうかねえ。

 

丁度良い具合にMAOも召喚されて相手もいることですし。

 

終わりに

 

今回はここで終了。

これまでのワンパターンを抜け出してストーリーに展開が生まれて良かったです。

あとはケモナーマスクとMAOの再会が望まれますけど、しばらくは源蔵=ケモナーマスクということをMAOが気付かずに仲良くするというパターンになりそうな気がします。

 

次回以降も楽しみに視聴するつもりです。

 

6話の感想記事はこちらのリンクからどうぞ。

旗揚!けものみち 6話の感想 「ポンコツ家臣の敵討ちも主人の役目」