グラブル【アニメ2期】 3話 「カタリナの決断は仲間のため、そしてヴィーラへの負い目が原因?」

この記事は約4分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

今回はカタリナとヴィーラの因縁というか、カタリナのヴィーラに対する負い目のお話。

本当なら自分がアルビオンの領主にならなくてはいけなかったのに、それをヴィーラに押し付けたことが、今回のカタリナの決断に大きい影響を与えたのは確実。

 

でも領主を決めるバトルでカタリナはヴィーラに負けてますからねぇ

カタリナは油断というか手を抜いたのは確かですが、それも実力のうち。ヴィーラに負けたことに変わりありません。

だからヴィーラへ対する負い目なんて持つ必要ないと思いますけどね。

 

あとカタリナもヴィーラも帝国を信用しすぎ。

あいつら屑ということ忘れてるでしょ。

 

 

2話の感想記事はこちらのリンクからどうぞ。

グラブル【アニメ2期】 2話「城砦都市アルビオン」の感想 「帝国との和議成立でカタリナ脱落?」

 

2話は帝国との和議が成立したけど、カタリナがグランサイファーを降りると手紙でグラン達に伝えたところで終わりました。

 

 

スポンサーリンク

グラン達は納得できるカタリナを直接問いただすことに

グラブル2期3話より引用

 

カタリナがグランサイファーを降りる。

その決断を仲間たちにグランが伝えますが、当然納得する者はいません。

カタリナは共に帝国と戦ってきた戦友、何か理由があるはずと考えるのが普通。それを聞かなければ納得できないという気持ちはよくわかります。

 

という訳で、グラン達はカタリナを探すために街に出ることに。

一方オイゲンとラカムはグランサイファーに戻ります。

 

まあ全員で探す方が効率良いでしょうけど、帝国の船がまだアルビオンに停泊している以上、備えなければいけませんからね。

 

だって帝国の指揮官はあのフュリアス。

和議結んでも信用できる相手ではありませんので。

 

オイゲンとラカムが備えるのは当然です。

 

つ~か、フュリアス自身、和議守る気サラサラないようですけど。

 

カタリナが決断した理由

ヴィーラの屋敷に忍びこんだグラン達。

そこでカタリナと再会し、カタリナがグランサイファーを降りて、アルビオンに留まる理由を聞くことになります。

 

理由はグラン達のため、そしてヴィーラに対する負い目のため

 

帝国との和議、その条件にこのアルビオンを守る星唱獣シュヴァリエを帝国が利用するとのものあったのです。

さらに領主であるヴィーラとシュヴァリエの結びつきが断絶し、新しい領主が必要となった。

もともとアルビオンの領主になるのはヴィーラではなく、カタリナというのが下馬評でした。

 

グラブル2期3話より引用

 

しかし領主を決める一騎打ちでカタリナの一瞬の油断をヴィーラが突いて、ヴィーラが勝利。

結果的にヴィーラが領主となったのです。

 

グラブル2期3話より引用

 

自分の油断がヴィーラの運命を変えてしまった。

まあ、ヴィーラが領主になることを不本意に思っていたカタリナのために頑張ったという側面もありそうですけどね。

 

それはともかくヴィーラに負い目を感じたカタリナは、今回は自分が犠牲になってヴィーラを助けようと決心したようです。

 

ヴィーラとしてはカタリナがアルビオンに戻ってくるのは大歓迎。

だから帝国に協力したのでしょうね。

 

次回以降ヴィーラの性癖が明らかになるかもしれませんわ。

 

 

グラブル2期3話より引用

 

 

ヴィーラの屋敷を追い出されたグラン達の前に現れたロゼッタ。

ロゼッタと会話をしてカタリナを取り戻す気持ちを新たにするグラン達。

 

さあ、カタリナとシュヴァリエを結ぶ儀式を潰すために再潜入だ。

 

終わりに

今回はここで終了。

 

今回もCパートがあり、オルキスが黒騎士に何か言いたそうな顔をしてました。

ほぼCパートの常連となりつつあるこの二人、いつグラン達に絡んでくるのでしょうかねぇ。

 

次回はカタリナを巡るストーリーがそろそろ終わるかも。

パターン的にはカタリナが戻ってきて終わるでしょうけど、カタリナが戻ってくる理由に注目したいと思います。

 

4話の感想記事はこちらのリンクからどうぞ。

グラブル【アニメ2期】 4話の感想 「ヴィーラはカタリナに執着するヤバい奴だった」